🍁弥山(大山)・🥾槍ヶ峰 南壁トンガリに魅せられて(Side-2)

2020.10.31(土) 日帰り
あき
あき

表の顔と裏の顔 人はそれぞれ多少持つだろうその秘めたミステリアスな一面が魅力となって惹かれることもあるでしょ 一体のお山についても向きによって容姿や性格が違うと分かり始め、ますますお山が好きになってきました さて今回は京都から🚗で4時間、鳥取は大山へ 弥山は午前中の奥様と山行、そしてYAMAPで南壁のことを知りどうしても写真だけでも撮りたい(心の中で・・できれば登りたい)と3時間だけとの約束で午後からソロで活動、結局槍ヶ峰まで登りました🎶 【大山ナショナルパークセンター〜弥山】(午前) 大山寺参道を経て大山寺橋そして夏山登山口から登り始めます 無数の階段を登って行く感じは京都愛宕山に似た感じの山行ですが、ガレありで少し勾配もキツめでした 8合目以降は視界が開けそこからは木道で山頂に向かいます 🍁ブナの紅葉見頃のこの時期最高の人出で山は大渋滞でした 【文珠堂〜三ノ沢〜槍ヶ峰】(午後・ソロ) 堤防入口には南壁撮影の方がたくさんいらしました 堤防西側から登りますがさっそくザレてます 登りすすめるとピンクリボンを頼りに山へ入り沢に誘導され今度は堤防東側へ 最後の大堤防は西側のローブ場を登りきり、 再び沢に誘導されるとそこは南壁の絶景です まるで木曽駒ヶ岳千畳敷カールのようにもみえます ここから先は詳しく書きません、YAMAP地図にも載せないほど状況が悪いためです 簡単に申し上げるとザレ、ガレ、風化が酷く危険な状態でした ルートを誤るとたどりつけませんのでお気をつけ下さい、ピッケル⛏などの装備や経験者の方との同行がいいと思います *docomoは電波状況厳しいかもです、アンテナ1本📶立ってても繋がらないので・・・データ通信も同じです、送った写真が届いていない🥶

朝7時出発前
先ず北側から目指すは弥山(大山)です

朝7時出発前 先ず北側から目指すは弥山(大山)です

朝7時出発前 先ず北側から目指すは弥山(大山)です

佐陀川大山寺橋からパシャり

佐陀川大山寺橋からパシャり

佐陀川大山寺橋からパシャり

ここから山頂まで無数の階段が続きます

ここから山頂まで無数の階段が続きます

ここから山頂まで無数の階段が続きます

振り返って見下ろしたところ

振り返って見下ろしたところ

振り返って見下ろしたところ

紅葉🍁見頃です

紅葉🍁見頃です

紅葉🍁見頃です

お日様も今日はご機嫌でした

お日様も今日はご機嫌でした

お日様も今日はご機嫌でした

ちょっとだけ岩場もありました

ちょっとだけ岩場もありました

ちょっとだけ岩場もありました

木道が出てくるとまもなく山頂です😊
陰になる部分で凍結 かなり危険でした

木道が出てくるとまもなく山頂です😊 陰になる部分で凍結 かなり危険でした

木道が出てくるとまもなく山頂です😊 陰になる部分で凍結 かなり危険でした

よくがんばりました❣️
弥山登頂⛰

よくがんばりました❣️ 弥山登頂⛰

よくがんばりました❣️ 弥山登頂⛰

弥山山頂から南壁の眺望
手前が剣ヶ峰、三ノ峰、槍ヶ峰
午後からソロで槍ヶ峰目指します

弥山山頂から南壁の眺望 手前が剣ヶ峰、三ノ峰、槍ヶ峰 午後からソロで槍ヶ峰目指します

弥山山頂から南壁の眺望 手前が剣ヶ峰、三ノ峰、槍ヶ峰 午後からソロで槍ヶ峰目指します

槍ヶ峰は午後から三ノ沢から挑みます
*写真中央を走るのが三ノ沢

槍ヶ峰は午後から三ノ沢から挑みます *写真中央を走るのが三ノ沢

槍ヶ峰は午後から三ノ沢から挑みます *写真中央を走るのが三ノ沢

境港方面 中海が見えてます

境港方面 中海が見えてます

境港方面 中海が見えてます

三鈷峰(さんこほう)麓も🍁見頃です😊

三鈷峰(さんこほう)麓も🍁見頃です😊

三鈷峰(さんこほう)麓も🍁見頃です😊

こちら弥山麓もブナの紅葉🍁は見頃でした

こちら弥山麓もブナの紅葉🍁は見頃でした

こちら弥山麓もブナの紅葉🍁は見頃でした

これも👍と息子がお墨付き

これも👍と息子がお墨付き

これも👍と息子がお墨付き

昼食です
お腹すいてていつも写真撮る前に手をつけてしまいます(お見苦しくなってすみません)

昼食です お腹すいてていつも写真撮る前に手をつけてしまいます(お見苦しくなってすみません)

昼食です お腹すいてていつも写真撮る前に手をつけてしまいます(お見苦しくなってすみません)

三ノ沢入口 たくさん南壁バックに写真撮られてました
腹ごしらえも済み、2本目はソロで南壁の槍ヶ峰を目指します

三ノ沢入口 たくさん南壁バックに写真撮られてました 腹ごしらえも済み、2本目はソロで南壁の槍ヶ峰を目指します

三ノ沢入口 たくさん南壁バックに写真撮られてました 腹ごしらえも済み、2本目はソロで南壁の槍ヶ峰を目指します

大堤防まで上がってきました
ザレ感が半端ないです

大堤防まで上がってきました ザレ感が半端ないです

大堤防まで上がってきました ザレ感が半端ないです

このザレですれ違ったのは3組ほどでした
もう遅い時間だったんでしょうね

このザレですれ違ったのは3組ほどでした もう遅い時間だったんでしょうね

このザレですれ違ったのは3組ほどでした もう遅い時間だったんでしょうね

振り返ってパシャり

振り返ってパシャり

振り返ってパシャり

ずいぶん上がってから道を間違ったことに気付きました 大堤防近くまで戻ってルートファインディングになりました

ずいぶん上がってから道を間違ったことに気付きました 大堤防近くまで戻ってルートファインディングになりました

ずいぶん上がってから道を間違ったことに気付きました 大堤防近くまで戻ってルートファインディングになりました

南壁西側
休憩がてら写真撮ってます

南壁西側 休憩がてら写真撮ってます

南壁西側 休憩がてら写真撮ってます

ガレも多くなります
全部浮石です

ガレも多くなります 全部浮石です

ガレも多くなります 全部浮石です

このザレほぼアリ地獄
どうも道を誤ってるようなので修正にかかってます

このザレほぼアリ地獄 どうも道を誤ってるようなので修正にかかってます

このザレほぼアリ地獄 どうも道を誤ってるようなので修正にかかってます

美しさとは裏腹で一歩踏み出しても3分の1はロスする感覚

美しさとは裏腹で一歩踏み出しても3分の1はロスする感覚

美しさとは裏腹で一歩踏み出しても3分の1はロスする感覚

ピークは剣ヶ峰
ヤセ尾根渡る勇気がないので今回は遠慮しました

ピークは剣ヶ峰 ヤセ尾根渡る勇気がないので今回は遠慮しました

ピークは剣ヶ峰 ヤセ尾根渡る勇気がないので今回は遠慮しました

目指すは槍ヶ峰
高所恐怖症の私は既にビビってます

目指すは槍ヶ峰 高所恐怖症の私は既にビビってます

目指すは槍ヶ峰 高所恐怖症の私は既にビビってます

ヤセ尾根(距離にして3mほど)手前で座り込んでしまいました
そこから撮影

ヤセ尾根(距離にして3mほど)手前で座り込んでしまいました そこから撮影

ヤセ尾根(距離にして3mほど)手前で座り込んでしまいました そこから撮影

そのヤセ尾根から見下ろしたくないけどパシャり

そのヤセ尾根から見下ろしたくないけどパシャり

そのヤセ尾根から見下ろしたくないけどパシャり

槍ヶ峰登頂❣️畳1畳ないほどの山頂です🥶
手を伸ばして写したつもりが緊張で写ってない

槍ヶ峰登頂❣️畳1畳ないほどの山頂です🥶 手を伸ばして写したつもりが緊張で写ってない

槍ヶ峰登頂❣️畳1畳ないほどの山頂です🥶 手を伸ばして写したつもりが緊張で写ってない

どうしてもあのピークに行く気がしません
私を待ってる家族のことを考えると、ということにしておきます

どうしてもあのピークに行く気がしません 私を待ってる家族のことを考えると、ということにしておきます

どうしてもあのピークに行く気がしません 私を待ってる家族のことを考えると、ということにしておきます

同じく槍ヶ峰山頂から
登ってきた三ノ沢方面

同じく槍ヶ峰山頂から 登ってきた三ノ沢方面

同じく槍ヶ峰山頂から 登ってきた三ノ沢方面

下りてきました
中央トンガリのピークの上に居たんですよね🥶

下りてきました 中央トンガリのピークの上に居たんですよね🥶

下りてきました 中央トンガリのピークの上に居たんですよね🥶

下りてきてホッとしたところ
振り返ってパシャり

下りてきてホッとしたところ 振り返ってパシャり

下りてきてホッとしたところ 振り返ってパシャり

帰路についてます
先程のヤイバをむき出しにした山とは思えない穏やかな大山西側面

帰路についてます 先程のヤイバをむき出しにした山とは思えない穏やかな大山西側面

帰路についてます 先程のヤイバをむき出しにした山とは思えない穏やかな大山西側面

朝7時出発前 先ず北側から目指すは弥山(大山)です

佐陀川大山寺橋からパシャり

ここから山頂まで無数の階段が続きます

振り返って見下ろしたところ

紅葉🍁見頃です

お日様も今日はご機嫌でした

ちょっとだけ岩場もありました

木道が出てくるとまもなく山頂です😊 陰になる部分で凍結 かなり危険でした

よくがんばりました❣️ 弥山登頂⛰

弥山山頂から南壁の眺望 手前が剣ヶ峰、三ノ峰、槍ヶ峰 午後からソロで槍ヶ峰目指します

槍ヶ峰は午後から三ノ沢から挑みます *写真中央を走るのが三ノ沢

境港方面 中海が見えてます

三鈷峰(さんこほう)麓も🍁見頃です😊

こちら弥山麓もブナの紅葉🍁は見頃でした

これも👍と息子がお墨付き

昼食です お腹すいてていつも写真撮る前に手をつけてしまいます(お見苦しくなってすみません)

三ノ沢入口 たくさん南壁バックに写真撮られてました 腹ごしらえも済み、2本目はソロで南壁の槍ヶ峰を目指します

大堤防まで上がってきました ザレ感が半端ないです

このザレですれ違ったのは3組ほどでした もう遅い時間だったんでしょうね

振り返ってパシャり

ずいぶん上がってから道を間違ったことに気付きました 大堤防近くまで戻ってルートファインディングになりました

南壁西側 休憩がてら写真撮ってます

ガレも多くなります 全部浮石です

このザレほぼアリ地獄 どうも道を誤ってるようなので修正にかかってます

美しさとは裏腹で一歩踏み出しても3分の1はロスする感覚

ピークは剣ヶ峰 ヤセ尾根渡る勇気がないので今回は遠慮しました

目指すは槍ヶ峰 高所恐怖症の私は既にビビってます

ヤセ尾根(距離にして3mほど)手前で座り込んでしまいました そこから撮影

そのヤセ尾根から見下ろしたくないけどパシャり

槍ヶ峰登頂❣️畳1畳ないほどの山頂です🥶 手を伸ばして写したつもりが緊張で写ってない

どうしてもあのピークに行く気がしません 私を待ってる家族のことを考えると、ということにしておきます

同じく槍ヶ峰山頂から 登ってきた三ノ沢方面

下りてきました 中央トンガリのピークの上に居たんですよね🥶

下りてきてホッとしたところ 振り返ってパシャり

帰路についてます 先程のヤイバをむき出しにした山とは思えない穏やかな大山西側面

類似するルートを通った活動日記