紅葉の子持山へ

2020.10.29(木) 日帰り
赤城榛名
赤城榛名

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 子持山の紅葉を見に、今年も出かけて来ました。  私のいつものビューポイントは、①屏風岩②展望岩③獅子岩④柳木ヶ峰上部の岩場の4ヶ所で、ここは外せないので、登山ルートがいつも同じになってしまう。  家から子持山の紅葉の進み具合を遠望しながら、そろそろかなと思っていた。  しかし、この数日では今日しか都合がつかないので、行ける時に行くしかないと出かけました。

子持山 車はここまで
車はここまで
子持山 この上にも駐車場はあるけど
この上にも駐車場はあるけど
子持山 ここが獅子岩への登山口
ここが獅子岩への登山口
子持山 屏風岩
屏風岩
子持山 屏風岩への登り口
屏風岩への登り口
子持山 屏風岩から
屏風岩から
子持山 今日は友人が一緒なので撮ってもらいました。
今日は友人が一緒なので撮ってもらいました。
子持山 いいなあ。
いいなあ。
子持山 獅子岩へ続く尾根の途中から
獅子岩へ続く尾根の途中から
子持山 ズームアップ
ズームアップ
子持山 やせ尾根
やせ尾根
子持山 通過には微妙なバランスが必要か?
通過には微妙なバランスが必要か?
子持山 展望岩
展望岩
子持山 展望岩から
展望岩から
子持山 獅子岩へ向かいます。
獅子岩へ向かいます。
子持山 途中の岩場から
途中の岩場から
子持山 先ほどの展望岩が見える。
先ほどの展望岩が見える。
子持山 獅子岩の上部に登るところを西側に回り込むと
獅子岩の上部に登るところを西側に回り込むと
子持山 そうか子持山は火山だったのか?
富士山と同じやつか?
とても火山とは思えなかったけど。
そうか子持山は火山だったのか? 富士山と同じやつか? とても火山とは思えなかったけど。
子持山 獅子岩へ
獅子岩へ
子持山 子持山の山頂
子持山の山頂
子持山 獅子岩からの眺望
獅子岩からの眺望
子持山 赤城山方面
赤城山方面
子持山 奥が山頂
奥が山頂
子持山 獅子岩から
獅子岩から
子持山 手前が浅間山、後方は榛名山。
手前が浅間山、後方は榛名山。
子持山 獅子岩(大黒岩)
獅子岩(大黒岩)
子持山 山頂へ向かいます。
山頂へ向かいます。
子持山 こちらにもこんな大きな岩峰が。
いつも気になるけど。
こちらにもこんな大きな岩峰が。 いつも気になるけど。
子持山 大ダルミへの分岐
大ダルミへの分岐
子持山 この上がビュースポットのはずだが。
この上がビュースポットのはずだが。
子持山 これこれ。
これが私のお気に入り。
これこれ。 これが私のお気に入り。
子持山 山頂手前の岩峰
山頂手前の岩峰
子持山 これを登れば
これを登れば
子持山 子持山の山頂
子持山の山頂
子持山 これで帰ります。
これで帰ります。
子持山 帰りは大ダルミから浅間山方面へ。
正面が浅間山。展望がないけど。
帰りは大ダルミから浅間山方面へ。 正面が浅間山。展望がないけど。
子持山 やはりこの獅子岩は気になる。
やはりこの獅子岩は気になる。
子持山 いいなあ。
これを見たくて毎年来てしまう。
私には300名山にも入っていないなんて考えられない。
いいなあ。 これを見たくて毎年来てしまう。 私には300名山にも入っていないなんて考えられない。
子持山 分岐へ向かいます。
分岐へ向かいます。
子持山 大ダルミへ下る途中で振り返って見た。
大ダルミへ下る途中で振り返って見た。
子持山 ここから下りるのが楽だけど?
ここから下りるのが楽だけど?
子持山 浅間山へ向かいます。
浅間山へ向かいます。
子持山 これはおもしろいなあ。
これはおもしろいなあ。
子持山 岩の下を抜けます。
岩の下を抜けます。
子持山 やっと見えた。
このルートではここしか見えない。
どこかに展望スポットを作ってほしい。
やっと見えた。 このルートではここしか見えない。 どこかに展望スポットを作ってほしい。
子持山 いいなあ。
いいなあ。
子持山 子持山の山頂
子持山の山頂
子持山 ズームアップ
ズームアップ
子持山 5号橋への下降点
5号橋への下降点
子持山 ここなら雨をしのぐことは容易だ。
どうしてこんな形になるのだろう。
ここなら雨をしのぐことは容易だ。 どうしてこんな形になるのだろう。
子持山 紅葉が緑に変わってきた。
高度をだいぶ下げたから。
紅葉が緑に変わってきた。 高度をだいぶ下げたから。
子持山 最初に登った屏風岩。
凄いなあ。
最初に登った屏風岩。 凄いなあ。
子持山 5号橋の登山口へ到着です。
5号橋の登山口へ到着です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす