ロードバイク琵琶湖一周 滋賀県チャレンジ2日目

2017.05.03(水) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 滋賀県チャレンジ2日目。予定では琵琶湖一周。結構距離がある。午前6時にはスタートを切りたいと思っていた。しかし、さすがに昨日徹夜をし、そのまま伊吹山登山を敢行したので、疲れから起きることができなかった。結局8時すぎにスタート。この2時間が後に響くことに・・・。  琵琶湖の近くを進みたいと思い、時計と反対回り。琵琶湖一周を自転車で!というのが、結構ブームのようで、イベントではないのに、イベントなみに、ロードバイクに乗る人が大勢。自転車道がしっかり整備されている(ところどころは車道を走るけれど)滋賀県が自転車に力を入れているのがよくわかる。  長浜に到着。今日は観光はメインではないのだが、できれば、何か所か寄ってみたいところもある。長浜城址に寄る。天守閣の資料館は、時間の関係で、入らずに先へ進む。   明日はカヤックなので、駐車場があり、カヤックが漕ぎ出せそうな場所を探すのも今日の目的の一つ。  いい浜があるのに、自動車が入れないようにしてあるところが多い。もっと開放してくれてもいいのになあ~と思いながら進む。それでも、場所によってはオープンにしてくれているところもあり、何か所か目星をつける。髙島あたりは、無料の駐車場と、いい感じの浜があるところが結構あった。明日は、この辺りからのスタートとしよう。  水のある風景というのはいつ走ってもいい。琵琶湖をずっと眺めながら気持ちよく進む。ところどころ、琵琶湖の湖面から直接生えている木がある。  白髪神社は、湖面に鳥居があり、宮島の大鳥居のよう。連休中とあって、人が大勢参拝していた。この直前の道だったか、自転車のコースの表示がよくわからないところがあり、表示通りいくと、右側の狭い歩道を走るようになってしまい、Uターンしてやり直した。大津方向の道に進むのが正解。  琵琶湖大橋に到着。橋のすぐ下の道の駅による。ここの海岸からカヤックが出ていた。ここからの出艇もいいかな?と思っていたら、看板に、道の駅の利用以外の使用禁止とあるではないか。道の駅を利用するにしても、カヤックがメインで駐車するとなると、ここまで観光地に近いと迷惑になりそうなので、やはり、ここはやめにした。橋の下をカヤックで進むというのは魅力的なのだが・・・。時間的に厳しそうではあったが、橋を渡らず、そのまま南下して、大津へも行くことにした。せっかく来たのだし、今日は、どうせ、車中泊なので、少々遅くなっても琵琶湖一周にこだわった。  浮御堂という魅力的な御堂があったが、これも時間の関係で写真だけで、次へ進む。  比叡山延暦寺にも行きたいのだが、今回はパス。近江神宮には参拝した。安全祈願。  大津に到着。田舎者の私はやはり、渋滞は苦手。早く市街地を出たくなる。  琵琶湖の東岸はほぼ独立した自転車道が整備されていた。草津あたりは、何か所も無料の駐車場もあり、公園も多かった。ただ、海岸線は浜の状態ではなく、カヤックが出艇するにはあまり適した状態ではなかった。おしい。砂浜だったら、きっと、この辺りから出たと思うのだが・・・・。  途中、サイクリストの聖地というモニュメントがあった。  本当ならば、近江八幡の町には寄ってみたかったのだが、だんだん暗くなってきていたので、今回はパス。残念。  そうこうしているうちに、本当に暗くなってしまった。4000カンデラの強力ライトのおかげで、危険は感じなかったものの、景色が見えずにただ、ひたすら進むことになった。出発の2時間遅れのつけがここに来て出てきた。結局、道の駅、近江母の郷に到着したのが午後8時すぎ。12時間かかった。ただ、遅くはなったものの琵琶湖一周195キロ走り終えた達成感はある。  昨日に続き、あねがわ温泉に行き、疲れをとる。ここは午後10時までやっているので、助かる。食事も終え、明日のカヤックのために、車を移動。琵琶湖一周して、駐車場、浜の両方の条件があった近江今津駅近くの琵琶湖国定公園今津周遊基地だ。また、よいことに、この公園のすぐ後ろに今津サンブリッジホテルという大きくて、特徴的な建物がある。これを目印にすれば、湖の真ん中で迷子になって、どこへ帰ればよいかわからなくなることもない。本日は、ここで、車中泊。滋賀県チャレンジ2日目終了。     

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす