由布岳~お鉢巡り

2020.10.28(水) 日帰り
小岩南太郎
小岩南太郎

活動データ

タイム

04:11

距離

6.8km

上り

918m

下り

918m

活動詳細

もっと見る

大分の由布岳に登ってきました。紅葉が見頃で良かったです。山頂からは眼下の湯布院や遠く九重の山々,別府湾が望めました。お鉢巡りはなかなかの岩場ですが楽しめました。

由布岳・鶴見岳 平日ですが、駐車場には結構な車が停まっていました。
平日ですが、駐車場には結構な車が停まっていました。
由布岳・鶴見岳 スタートです。歩き始めは少し薄雲が出ていました。
スタートです。歩き始めは少し薄雲が出ていました。
由布岳・鶴見岳 しばらく草原の中を歩きます。雲が切れて日が差してきました。
しばらく草原の中を歩きます。雲が切れて日が差してきました。
由布岳・鶴見岳 少し歩くと、ベンチやトイレがあります。ここから林の中を歩くことになります。
少し歩くと、ベンチやトイレがあります。ここから林の中を歩くことになります。
由布岳・鶴見岳 いきなり鹿がお出迎えです。
いきなり鹿がお出迎えです。
由布岳・鶴見岳 紅葉の中をゆるゆると登って行きます。紅葉に目を奪われ、足元要注意です。
紅葉の中をゆるゆると登って行きます。紅葉に目を奪われ、足元要注意です。
由布岳・鶴見岳 道は整備されていてとても歩きやすいです。
道は整備されていてとても歩きやすいです。
由布岳・鶴見岳 分岐に到着。ベンチもありました。
分岐に到着。ベンチもありました。
由布岳・鶴見岳 分岐を過ぎてから、九十九折りの道が続きますが、お陰で勾配は緩くなっています。
分岐を過ぎてから、九十九折りの道が続きますが、お陰で勾配は緩くなっています。
由布岳・鶴見岳 この辺りから視界が開けます。九重の山々が遠くに見えました。
この辺りから視界が開けます。九重の山々が遠くに見えました。
由布岳・鶴見岳 道はこんな感じで続きます。
道はこんな感じで続きます。
由布岳・鶴見岳 眼下には湯布院の町です。
眼下には湯布院の町です。
由布岳・鶴見岳 登ってきた駐車場方面。草原の山肌が九州らしさを感じます。
登ってきた駐車場方面。草原の山肌が九州らしさを感じます。
由布岳・鶴見岳 頂上付近が見えてきました。
頂上付近が見えてきました。
由布岳・鶴見岳 マタエに到着。東峰と西峰の分岐で、お昼を取られている方も多かったです。私もここで小休止。
マタエに到着。東峰と西峰の分岐で、お昼を取られている方も多かったです。私もここで小休止。
由布岳・鶴見岳 ここから西峰に登り、お鉢巡り開始。いきなり岩に取り付きます。
ここから西峰に登り、お鉢巡り開始。いきなり岩に取り付きます。
由布岳・鶴見岳 岩をよじ登ると、眼下に登ってきた駐車場方面が良く見えます。
岩をよじ登ると、眼下に登ってきた駐車場方面が良く見えます。
由布岳・鶴見岳 こんな感じ所を登って行きます。
こんな感じ所を登って行きます。
由布岳・鶴見岳 高度感ありますね。。。
高度感ありますね。。。
由布岳・鶴見岳 もう少しで西峰です。
もう少しで西峰です。
由布岳・鶴見岳 振り返って、登ってきたルート。岩々です。
振り返って、登ってきたルート。岩々です。
由布岳・鶴見岳 西峰到着!
西峰到着!
由布岳・鶴見岳 東峰が目の前です。
東峰が目の前です。
由布岳・鶴見岳 これから廻るルート。結構そそり立ってますね。。。
これから廻るルート。結構そそり立ってますね。。。
由布岳・鶴見岳 この辺りの下り、急な下りで足元に小石があり、滑りやすいので要注意です。
この辺りの下り、急な下りで足元に小石があり、滑りやすいので要注意です。
由布岳・鶴見岳 お鉢の底。分かりずらいですね。。
お鉢の底。分かりずらいですね。。
由布岳・鶴見岳 なかなか切り立ったルートです。
なかなか切り立ったルートです。
由布岳・鶴見岳 振り返って、西峰。
振り返って、西峰。
由布岳・鶴見岳 東峰が近いです。
東峰が近いです。
由布岳・鶴見岳 もうすぐ東峰。
もうすぐ東峰。
由布岳・鶴見岳 別府湾が見えます。
別府湾が見えます。
由布岳・鶴見岳 東峰側から見た西峰へのルートです。
東峰側から見た西峰へのルートです。
由布岳・鶴見岳 マタエに戻ってきました。もう誰もいません。
マタエに戻ってきました。もう誰もいません。
由布岳・鶴見岳 トイレの場所まで戻ってきました。
トイレの場所まで戻ってきました。
由布岳・鶴見岳 最後に振り返って、パチリ。
最後に振り返って、パチリ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。