鳥海山・七高山

2020.10.28(水) 日帰り

今年も晴れの日を狙って有休を取り、今年最後?の鳥海山に登りました。

山形県酒田市の鳥海山の麓から。
昨年は同時期に秋田の祓川から登っていました。今年はまだタイヤ交換をしておらず、路面の凍結状況が不明だったため、登山口の標高が低い山形の湯ノ台から登ることにしました。

山形県酒田市の鳥海山の麓から。 昨年は同時期に秋田の祓川から登っていました。今年はまだタイヤ交換をしておらず、路面の凍結状況が不明だったため、登山口の標高が低い山形の湯ノ台から登ることにしました。

山形県酒田市の鳥海山の麓から。 昨年は同時期に秋田の祓川から登っていました。今年はまだタイヤ交換をしておらず、路面の凍結状況が不明だったため、登山口の標高が低い山形の湯ノ台から登ることにしました。

湯ノ台の家族旅行村登山口から出発します ~

湯ノ台の家族旅行村登山口から出発します ~

湯ノ台の家族旅行村登山口から出発します ~

登り初めは木の根の急登でした

登り初めは木の根の急登でした

登り初めは木の根の急登でした

苔が生した石段が続きます (滑るので注意!) 
祠が多く、歴史を感じさせるコースでした。

苔が生した石段が続きます (滑るので注意!) 祠が多く、歴史を感じさせるコースでした。

苔が生した石段が続きます (滑るので注意!) 祠が多く、歴史を感じさせるコースでした。

長い石段の道を過ぎると、やっと山頂部が見え始めます。

長い石段の道を過ぎると、やっと山頂部が見え始めます。

長い石段の道を過ぎると、やっと山頂部が見え始めます。

滝ノ小屋

滝ノ小屋

滝ノ小屋

まだかなり距離がありそう...

まだかなり距離がありそう...

まだかなり距離がありそう...

八丁坂から酒田の街並みが一望できました

八丁坂から酒田の街並みが一望できました

八丁坂から酒田の街並みが一望できました

河原宿小屋に着くと、冠雪をした鳥海山の景色を見ることができました。いつまでもここで眺めていたくなるような素晴らしい景色でした。

河原宿小屋に着くと、冠雪をした鳥海山の景色を見ることができました。いつまでもここで眺めていたくなるような素晴らしい景色でした。

河原宿小屋に着くと、冠雪をした鳥海山の景色を見ることができました。いつまでもここで眺めていたくなるような素晴らしい景色でした。

河原宿小屋から伏拝岳のアザミ坂までは、雪が固く締まっており、歩きやすかったです。

河原宿小屋から伏拝岳のアザミ坂までは、雪が固く締まっており、歩きやすかったです。

河原宿小屋から伏拝岳のアザミ坂までは、雪が固く締まっており、歩きやすかったです。

今年の春は鳥海山に来ることができなかったので、念願の春山登山をしているみたいな気分で本当に楽しい時間でした。

今年の春は鳥海山に来ることができなかったので、念願の春山登山をしているみたいな気分で本当に楽しい時間でした。

今年の春は鳥海山に来ることができなかったので、念願の春山登山をしているみたいな気分で本当に楽しい時間でした。

写真を撮ろうとストックを持ち替えた際、うっかりと手を離してしまいました! ストックがスーッと斜面を滑って、岩に当たって止まるのを見て、ここからはアイゼンを使うことにしました。

写真を撮ろうとストックを持ち替えた際、うっかりと手を離してしまいました! ストックがスーッと斜面を滑って、岩に当たって止まるのを見て、ここからはアイゼンを使うことにしました。

写真を撮ろうとストックを持ち替えた際、うっかりと手を離してしまいました! ストックがスーッと斜面を滑って、岩に当たって止まるのを見て、ここからはアイゼンを使うことにしました。

伏拝岳の直下からは積雪が増え、雪質も柔らか目に。

伏拝岳の直下からは積雪が増え、雪質も柔らか目に。

伏拝岳の直下からは積雪が増え、雪質も柔らか目に。

踏み抜きや穴が増えて歩きにくい...  ワカンも持ってきていましたが、面倒だったため、踏み固めながら登りました。

踏み抜きや穴が増えて歩きにくい... ワカンも持ってきていましたが、面倒だったため、踏み固めながら登りました。

踏み抜きや穴が増えて歩きにくい... ワカンも持ってきていましたが、面倒だったため、踏み固めながら登りました。

鍋森、笙ヶ岳も冠雪しています。
遠くに飛島が見えます。

鍋森、笙ヶ岳も冠雪しています。 遠くに飛島が見えます。

鍋森、笙ヶ岳も冠雪しています。 遠くに飛島が見えます。

エビのしっぽが順調に成長中

エビのしっぽが順調に成長中

エビのしっぽが順調に成長中

伏拝岳から最高峰・新山を望みます

伏拝岳から最高峰・新山を望みます

伏拝岳から最高峰・新山を望みます

雪の着いたハシゴ場も良い雰囲気でした

雪の着いたハシゴ場も良い雰囲気でした

雪の着いたハシゴ場も良い雰囲気でした

風もなく絶好のコンディションですが、スタート時間が遅く、歩くのがゆっくりだったため、ここを下りて新山に行く時間は無さそうです...   この日は七高山を最終ピークとしました。

風もなく絶好のコンディションですが、スタート時間が遅く、歩くのがゆっくりだったため、ここを下りて新山に行く時間は無さそうです... この日は七高山を最終ピークとしました。

風もなく絶好のコンディションですが、スタート時間が遅く、歩くのがゆっくりだったため、ここを下りて新山に行く時間は無さそうです... この日は七高山を最終ピークとしました。

七高山

七高山

七高山

七高山の北側の岩峰と日本海
真ん中に見える稲倉岳にもうっすらと雪が着いていました。今シーズンも雪がいっぱいに積もったら、鳥海山を眺めるため登りに来たいと思います。

七高山の北側の岩峰と日本海 真ん中に見える稲倉岳にもうっすらと雪が着いていました。今シーズンも雪がいっぱいに積もったら、鳥海山を眺めるため登りに来たいと思います。

七高山の北側の岩峰と日本海 真ん中に見える稲倉岳にもうっすらと雪が着いていました。今シーズンも雪がいっぱいに積もったら、鳥海山を眺めるため登りに来たいと思います。

新山

新山

新山

七高山と外輪

七高山と外輪

七高山と外輪

新山から七高山にトラバースされて来た方がいました。まだ登ったことの無い、冬季限定コースのお話しを伺うことができて興味深かったです。『鳥海山は実に良い山である』というようなことをお互いに確認して、良い気分で解散しました(笑)

新山から七高山にトラバースされて来た方がいました。まだ登ったことの無い、冬季限定コースのお話しを伺うことができて興味深かったです。『鳥海山は実に良い山である』というようなことをお互いに確認して、良い気分で解散しました(笑)

新山から七高山にトラバースされて来た方がいました。まだ登ったことの無い、冬季限定コースのお話しを伺うことができて興味深かったです。『鳥海山は実に良い山である』というようなことをお互いに確認して、良い気分で解散しました(笑)

コーヒーとたまごサンド(潰れ気味)

コーヒーとたまごサンド(潰れ気味)

コーヒーとたまごサンド(潰れ気味)

いつもより、のんびりしてから下山しました

いつもより、のんびりしてから下山しました

いつもより、のんびりしてから下山しました

午後は雪が緩んで、全体的に踏み抜きが多めでした。

午後は雪が緩んで、全体的に踏み抜きが多めでした。

午後は雪が緩んで、全体的に踏み抜きが多めでした。

河原宿小屋まで下りてきました

河原宿小屋まで下りてきました

河原宿小屋まで下りてきました

河原宿小屋
ドアを引いたら小屋ごと倒れてきそうな雰囲気です。
(今は閉鎖中だそうです)

河原宿小屋 ドアを引いたら小屋ごと倒れてきそうな雰囲気です。 (今は閉鎖中だそうです)

河原宿小屋 ドアを引いたら小屋ごと倒れてきそうな雰囲気です。 (今は閉鎖中だそうです)

下山では ずっと柔らかい雪の上を歩いて来たので、地面の固さが新鮮でした。

下山では ずっと柔らかい雪の上を歩いて来たので、地面の固さが新鮮でした。

下山では ずっと柔らかい雪の上を歩いて来たので、地面の固さが新鮮でした。

登山口へ。
今日は冬山登山の初日でしたが、本当に良い時間を過ごすことができました!
今シーズンも秋田駒、白神岳、太平山辺りを中心に... 、南東北にも遊びに行きたいと思います。

登山口へ。 今日は冬山登山の初日でしたが、本当に良い時間を過ごすことができました! 今シーズンも秋田駒、白神岳、太平山辺りを中心に... 、南東北にも遊びに行きたいと思います。

登山口へ。 今日は冬山登山の初日でしたが、本当に良い時間を過ごすことができました! 今シーズンも秋田駒、白神岳、太平山辺りを中心に... 、南東北にも遊びに行きたいと思います。

下山後、酒田でワンタン麺を食べて秋田に帰りました。

下山後、酒田でワンタン麺を食べて秋田に帰りました。

下山後、酒田でワンタン麺を食べて秋田に帰りました。

山形県酒田市の鳥海山の麓から。 昨年は同時期に秋田の祓川から登っていました。今年はまだタイヤ交換をしておらず、路面の凍結状況が不明だったため、登山口の標高が低い山形の湯ノ台から登ることにしました。

湯ノ台の家族旅行村登山口から出発します ~

登り初めは木の根の急登でした

苔が生した石段が続きます (滑るので注意!) 祠が多く、歴史を感じさせるコースでした。

長い石段の道を過ぎると、やっと山頂部が見え始めます。

滝ノ小屋

まだかなり距離がありそう...

八丁坂から酒田の街並みが一望できました

河原宿小屋に着くと、冠雪をした鳥海山の景色を見ることができました。いつまでもここで眺めていたくなるような素晴らしい景色でした。

河原宿小屋から伏拝岳のアザミ坂までは、雪が固く締まっており、歩きやすかったです。

今年の春は鳥海山に来ることができなかったので、念願の春山登山をしているみたいな気分で本当に楽しい時間でした。

写真を撮ろうとストックを持ち替えた際、うっかりと手を離してしまいました! ストックがスーッと斜面を滑って、岩に当たって止まるのを見て、ここからはアイゼンを使うことにしました。

伏拝岳の直下からは積雪が増え、雪質も柔らか目に。

踏み抜きや穴が増えて歩きにくい... ワカンも持ってきていましたが、面倒だったため、踏み固めながら登りました。

鍋森、笙ヶ岳も冠雪しています。 遠くに飛島が見えます。

エビのしっぽが順調に成長中

伏拝岳から最高峰・新山を望みます

雪の着いたハシゴ場も良い雰囲気でした

風もなく絶好のコンディションですが、スタート時間が遅く、歩くのがゆっくりだったため、ここを下りて新山に行く時間は無さそうです... この日は七高山を最終ピークとしました。

七高山

七高山の北側の岩峰と日本海 真ん中に見える稲倉岳にもうっすらと雪が着いていました。今シーズンも雪がいっぱいに積もったら、鳥海山を眺めるため登りに来たいと思います。

新山

七高山と外輪

新山から七高山にトラバースされて来た方がいました。まだ登ったことの無い、冬季限定コースのお話しを伺うことができて興味深かったです。『鳥海山は実に良い山である』というようなことをお互いに確認して、良い気分で解散しました(笑)

コーヒーとたまごサンド(潰れ気味)

いつもより、のんびりしてから下山しました

午後は雪が緩んで、全体的に踏み抜きが多めでした。

河原宿小屋まで下りてきました

河原宿小屋 ドアを引いたら小屋ごと倒れてきそうな雰囲気です。 (今は閉鎖中だそうです)

下山では ずっと柔らかい雪の上を歩いて来たので、地面の固さが新鮮でした。

登山口へ。 今日は冬山登山の初日でしたが、本当に良い時間を過ごすことができました! 今シーズンも秋田駒、白神岳、太平山辺りを中心に... 、南東北にも遊びに行きたいと思います。

下山後、酒田でワンタン麺を食べて秋田に帰りました。

類似するルートを通った活動日記