銀山平からクラシックルートで皇海山へ

2014.09.13(土) 日帰り
ヒデジィ
ヒデジィ

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

過去の百名山の記録です。 足尾の山はあまり登らないけど、個人的には好きな山域。その足尾山塊でも山深い地に盟主として君臨する皇海山がある。いわずとしれた日本百名山だ。 この山へ向かうルートは少ないが、その中でも銀山平からいわゆるクラシックルートと呼ばれる庚申山、鋸山を経て皇海山へ、そして六林班峠という笹薮に覆われた尾根を周回するルートを歩いた。このコースは庚申山荘に一泊するのが一般的で、日帰りするには 長い林道歩きがあり、総距離は25kmを超すうえに、アップダウンや岩場が続き、さらに長い笹薮歩きがあり、タフさが要求されるコースだ。 14~15時間は歩くことになるだろうと想定すると、日が短くなっているこの時期、AM3時か4時頃から歩き始めても、後半で暗くなることが予想される。 しかし、このコースは駐車場から登山口まで1時間以上の林道歩きとなるので、林道まで戻れれば暗くなったとしても何とかなるだろう。 結果的に脚の調子も良く何とか暗くなる前に下山することが出来たが、厳しいコースだった。特に鋸山から六林班峠を経て庚申山荘に戻るルートはなかなかハードだった。 この日は終日晴れていたが、途中で天気が暗転した場合、とてもではないが日帰りは厳しかったと思う。あちこちと打ち身だらけになってしまった。

皇海山・袈裟丸山・庚申山 AM4時前に15台程度は停められそうな駐車場に到着した。駐車場から庚申山の登山口となる一の鳥居までは4km程度の長い林道歩きである。 ヘッデンを点けて歩き始める。
AM4時前に15台程度は停められそうな駐車場に到着した。駐車場から庚申山の登山口となる一の鳥居までは4km程度の長い林道歩きである。 ヘッデンを点けて歩き始める。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 林道を45分ほど歩くと庚申山への登山道となる一の鳥居に到着した。次に目指す庚申山荘までは2.3kmほどの緩やかな登りとなる。ここから漆黒の山道歩きが始まる。
林道を45分ほど歩くと庚申山への登山道となる一の鳥居に到着した。次に目指す庚申山荘までは2.3kmほどの緩やかな登りとなる。ここから漆黒の山道歩きが始まる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 庚申山荘まで参道になっているので道が分かり易い。そして、ルート上には足尾や日光でよく見る赤と黄の標識が所々で木に取り付けられているが、特にこの区間の標識はヘッデンの光に反射するので、実は昼よりも分かり易かったりする。
庚申山荘まで参道になっているので道が分かり易い。そして、ルート上には足尾や日光でよく見る赤と黄の標識が所々で木に取り付けられているが、特にこの区間の標識はヘッデンの光に反射するので、実は昼よりも分かり易かったりする。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 40分も歩いていると空も急に明るくなりだす。
40分も歩いていると空も急に明るくなりだす。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 一の鳥居から1時間ほどで猿田彦神社の跡地に到着。ここから庚申山荘は200mほど。
一の鳥居から1時間ほどで猿田彦神社の跡地に到着。ここから庚申山荘は200mほど。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 庚申山荘に到着。ここにはチップ制のバイオトイレがあるので、早速使わせていただいた。なかなか快適(^_^)
次は庚申山を目指すが、傾斜もきつくなるようなので、バテないようにおにぎり休憩。
今日は25km超の長い歩きになる。
庚申山荘に到着。ここにはチップ制のバイオトイレがあるので、早速使わせていただいた。なかなか快適(^_^) 次は庚申山を目指すが、傾斜もきつくなるようなので、バテないようにおにぎり休憩。 今日は25km超の長い歩きになる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 歩き始めていきなり道を間違えた。
歩き始めていきなり道を間違えた。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 道っぽいところに入り込むが怪しくなり、周りに見渡すと、上部にピンクのリボンが微かに見えたので、よじ登りルートに復帰。 しばらくは、このルートの見所でもある奇岩群が続く。
道っぽいところに入り込むが怪しくなり、周りに見渡すと、上部にピンクのリボンが微かに見えたので、よじ登りルートに復帰。 しばらくは、このルートの見所でもある奇岩群が続く。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 高度もかなり上がってきた。開けた所では袈裟丸山方面が綺麗に見渡せる。
高度もかなり上がってきた。開けた所では袈裟丸山方面が綺麗に見渡せる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 歩き始めて3時間。7時に庚申山に到着。ここは展望が効かないため、そのまま通過。
歩き始めて3時間。7時に庚申山に到着。ここは展望が効かないため、そのまま通過。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 庚申山から2~3分程度のところに開けた所があり、北に広がる展望が最高!鋸山、皇海山がバッチリ見える。
庚申山から2~3分程度のところに開けた所があり、北に広がる展望が最高!鋸山、皇海山がバッチリ見える。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 関東以北で最高峰の日光白根山が遠望できる。
関東以北で最高峰の日光白根山が遠望できる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 次は鋸山を目指して稜線上を進む。
次は鋸山を目指して稜線上を進む。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 この稜線は鋸十一峰といって、良く聞くような山名が続く。
この稜線は鋸十一峰といって、良く聞くような山名が続く。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 所々で笹薮が続くが後半戦の六林班峠の周辺に比べれば、大したことはない
所々で笹薮が続くが後半戦の六林班峠の周辺に比べれば、大したことはない
皇海山・袈裟丸山・庚申山 次の目的地である鋸山が見えてきた。
次の目的地である鋸山が見えてきた。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 鋸山に近づくと急なアップダウンが続き足に堪える。
鋸山に近づくと急なアップダウンが続き足に堪える。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 皇海山の巨大な山容が目前に迫る。足尾山塊の盟主といわれるだけに迫力がある。
皇海山の巨大な山容が目前に迫る。足尾山塊の盟主といわれるだけに迫力がある。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 男体山
男体山
皇海山・袈裟丸山・庚申山 手前に見える庚申山から続く稜線の先にオロ山が見える。その左奥に見えるピークは社山だろう。
手前に見える庚申山から続く稜線の先にオロ山が見える。その左奥に見えるピークは社山だろう。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 進行方向に目を転じると、最後の難関・鋸山の岩峰が聳え立つ。ひとまず観察する。写真中央の岩肌の左下に梯子が見える。そして、その横に鎖が渡してある。なるほど、岩肌の下部をトラバースして、岩肌の左端を登っていくようだ。
進行方向に目を転じると、最後の難関・鋸山の岩峰が聳え立つ。ひとまず観察する。写真中央の岩肌の左下に梯子が見える。そして、その横に鎖が渡してある。なるほど、岩肌の下部をトラバースして、岩肌の左端を登っていくようだ。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 鋸山へはまず下らなければならない。足元を見るとこんな感じ。10m程の鎖が渡してある。
鋸山へはまず下らなければならない。足元を見るとこんな感じ。10m程の鎖が渡してある。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 下ってきた岩場のアップ。岩場の右側に鎖が垂れているのが分かる。
下ってきた岩場のアップ。岩場の右側に鎖が垂れているのが分かる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 岩場を登り切って前方を見るとまだまだ急登が続く
岩場を登り切って前方を見るとまだまだ急登が続く
皇海山・袈裟丸山・庚申山 こんなハシゴを下ったり、アップダウンを繰り返す。
こんなハシゴを下ったり、アップダウンを繰り返す。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 登りきると悪名高き?六林班峠へ続く稜線に出た。
登りきると悪名高き?六林班峠へ続く稜線に出た。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 歩き始めてから5時間強で、鋸山に到着。庚申山からここまでほとんど水分を取らずに済んだ。脚の調子がいいからか皇海山も近く感じる。
歩き始めてから5時間強で、鋸山に到着。庚申山からここまでほとんど水分を取らずに済んだ。脚の調子がいいからか皇海山も近く感じる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 真ん中のピークがオロ山。その左に北の台地が広がる。
真ん中のピークがオロ山。その左に北の台地が広がる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 次はいよいよ皇海山を目指す。稜線の鞍部である不動沢のコルに設置されている標識が遠望できる。
次はいよいよ皇海山を目指す。稜線の鞍部である不動沢のコルに設置されている標識が遠望できる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 鋸山から下り始めて30分程度で不動沢のコルに到着。
鋸山から下り始めて30分程度で不動沢のコルに到着。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 山頂近くなると少し傾斜が増してくるが、相変わらず足の方はつりそうになることもなく調子がよい。
山頂近くなると少し傾斜が増してくるが、相変わらず足の方はつりそうになることもなく調子がよい。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 青銅の剱が見えると山頂も近い。
青銅の剱が見えると山頂も近い。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 10:30に皇海山に到着。6時間半の歩きとなった。なんとか明るいうちに戻れそうな気がしてきた。残りの辛い箇所は鋸山への登り返しくらいで、後の六林班峠への稜線歩きと、そこから庚申山荘への巻き道歩きは時間短縮出来るだろうと、この時は余裕を噛ましていたが、実はとんでもないとこだった。。。
10:30に皇海山に到着。6時間半の歩きとなった。なんとか明るいうちに戻れそうな気がしてきた。残りの辛い箇所は鋸山への登り返しくらいで、後の六林班峠への稜線歩きと、そこから庚申山荘への巻き道歩きは時間短縮出来るだろうと、この時は余裕を噛ましていたが、実はとんでもないとこだった。。。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 皇海山から不動沢のコルへ下る。
皇海山から不動沢のコルへ下る。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 次は槍ヶ岳のような鋸山を目指す。庚申山側から見た山容とは見た目が全然異なる。
次は槍ヶ岳のような鋸山を目指す。庚申山側から見た山容とは見た目が全然異なる。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 鋸山山頂から見下ろしたところ。 かなりの急斜面。
鋸山山頂から見下ろしたところ。 かなりの急斜面。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 皇海山から1時間強で鋸山まで戻ってきた。
皇海山から1時間強で鋸山まで戻ってきた。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 次は稜線上を六林班峠へ目指して進む。あのピークを越えた辺りが六林班峠なのだろう。
次は稜線上を六林班峠へ目指して進む。あのピークを越えた辺りが六林班峠なのだろう。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 この稜線、歩き慣れた秩父ではお目に掛かれないパターン。笹に覆われた細尾根をアップダウンしながら進むが、足元が分かりづらく、おまけに岩や倒木が隠れていて非常に歩きづらい。このあたりで膝を強打してしばらく動けなくなった(泣)
この稜線、歩き慣れた秩父ではお目に掛かれないパターン。笹に覆われた細尾根をアップダウンしながら進むが、足元が分かりづらく、おまけに岩や倒木が隠れていて非常に歩きづらい。このあたりで膝を強打してしばらく動けなくなった(泣)
皇海山・袈裟丸山・庚申山 そして無限の笹薮地獄が始まる(^_^;)
所々にある赤と黄の標識を見落とさないように歩かなければならない。所々で背丈を越える藪が続く。人が通るルートはその部分が低くなっているので、なんとなく分かるが標識が見つからないと気が気ではない。
そして無限の笹薮地獄が始まる(^_^;) 所々にある赤と黄の標識を見落とさないように歩かなければならない。所々で背丈を越える藪が続く。人が通るルートはその部分が低くなっているので、なんとなく分かるが標識が見つからないと気が気ではない。
皇海山・袈裟丸山・庚申山 右側の木に付けられている赤と黄の標識を常に気を付けていなければならない。
無限笹薮地獄(笑)ではダブルストックが大いに役に立った。2本を前に突き出しながら進むと足元の様子がよく分かり、比較的に倒木などが避けられるのだが、それでも数が多いので何度もぶつける(泣)
右側の木に付けられている赤と黄の標識を常に気を付けていなければならない。 無限笹薮地獄(笑)ではダブルストックが大いに役に立った。2本を前に突き出しながら進むと足元の様子がよく分かり、比較的に倒木などが避けられるのだが、それでも数が多いので何度もぶつける(泣)
皇海山・袈裟丸山・庚申山 鋸山から1時間以上歩き、やっとのことで六林班峠に到着。ひとまずほっとした。この間2~3回ほど道をロストして心が折れそうになる(笑)
鋸山から1時間以上歩き、やっとのことで六林班峠に到着。ひとまずほっとした。この間2~3回ほど道をロストして心が折れそうになる(笑)
皇海山・袈裟丸山・庚申山 ここからは庚申山荘を目指してトラバース道を歩くだけかと思いきや、まだまだ笹薮地獄が続く
ここからは庚申山荘を目指してトラバース道を歩くだけかと思いきや、まだまだ笹薮地獄が続く
皇海山・袈裟丸山・庚申山 このトラバース道はたちが悪い。足元が見えないだけではなく、道が斜めになっている箇所があり、踏みつぶされた笹に足を乗せると滑ってしまい何度かこけた。。。
そして、依然として倒木も多く膝を集中的にぶつけてしまう。さらに足も疲れてきて踏ん張りも効きづらく辛さは倍増。それに果てしなく長い(^^;)
このトラバース道はたちが悪い。足元が見えないだけではなく、道が斜めになっている箇所があり、踏みつぶされた笹に足を乗せると滑ってしまい何度かこけた。。。 そして、依然として倒木も多く膝を集中的にぶつけてしまう。さらに足も疲れてきて踏ん張りも効きづらく辛さは倍増。それに果てしなく長い(^^;)
皇海山・袈裟丸山・庚申山 なんとか暗くなる前にここまで戻れてホットした。山荘やテントサイトには多くのハイカーがいた。皆さん、翌日、皇海山を目指すのだろう。ここに泊まれば駐車場からここまで来る時間が短縮になる
なんとか暗くなる前にここまで戻れてホットした。山荘やテントサイトには多くのハイカーがいた。皆さん、翌日、皇海山を目指すのだろう。ここに泊まれば駐車場からここまで来る時間が短縮になる
皇海山・袈裟丸山・庚申山 こうなったら、明るいうちに林道まで出ようと休憩もそこそこに一の鳥居へ向かう。16:20頃に一の鳥居に到着。なんとか、こちらも明るいうちに間に合った。残り4kmの林道歩きは辛いが、なんとか陽が落ちる前に駐車場まで戻ることが出来た。
この後はかじか荘の温泉で汗を流し、休憩所で15分ほど横になり帰路についた。
こうなったら、明るいうちに林道まで出ようと休憩もそこそこに一の鳥居へ向かう。16:20頃に一の鳥居に到着。なんとか、こちらも明るいうちに間に合った。残り4kmの林道歩きは辛いが、なんとか陽が落ちる前に駐車場まで戻ることが出来た。 この後はかじか荘の温泉で汗を流し、休憩所で15分ほど横になり帰路についた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす