♪ロープ始めました(3) 妙義で「Beal Escaper」実地テスト

2020.10.25(日) 日帰り
markun
markun

活動データ

タイム

07:37

距離

8.9km

上り

1387m

下り

1387m

活動詳細

もっと見る

特にロープワーク等にご興味ない方は妙義の紅葉の様子程度にご覧ください。 今回の活動は購入していたニューギア「Beal Escaper」(べアール エスケーパー)の実地テストがメインです(Bealとはクライミングロープの世界では有名なメーカーです)。 主に懸垂下降に使用するためにロープを持参する場合持参ロープ長・本数の選択に悩む場合はままあります。 ロープ回収のことを考慮しますと50mのロープ一本なら懸垂下降できるのはロープ長の半分の25m、大は小(長は短)を兼ねる的に余裕をみて長めのものを持参すればいい話ですが荷物はできれば軽くしたいのもの(50mダブルロープだと重さは1本約2~2.5kgほどになります)。 懸垂下降の際に回収用の細引きをセットしてロープ長の全長を懸垂下降に使える方法も存じてはいますがシステムは少々複雑になってしまいます。 そんな折ギアの参考によく拝見しているネット動画(EpicTV Climbing Daily)を見ていましたら「Beal Escaper」なるものを知りました。本年初頭のころでしたか… 「Beal Escaper」、簡単に申しますと【ロープ全長を懸垂下降に利用出来て、しかもロープを回収できるギア】となりますでしょうか。私のつたない語彙力では伝わりませんので動画サイトで「Beal Escaper」を検索してみて頂くのが簡単で理解しやすいかと思います。 回収の際は懸垂ロープを引く/離すを10回程度繰り返すと見事にロープがEscaperと共に落ちてきます。 知ってから何か月も気になっていたのですが、日本では代理店を通じた正式販売はされていないようですので海外通販にて購入してみました。因みに平行輸入と思われるものがAmazonその他でも売られていますが海外通販の約2倍の価格になっています。海外通販にて単独購入で送料込みだと購入時点で4800円ほどでした(海外通販なので為替レート変動にはご注意)。 特にお断りするまでもありませんが自己責任にて購入・使用しています。 でこのギアのお話を動画含めて何人かにお話ししたのですが大体の初期反応が 「ちょっと・・ こわい」 でした。私も最初は多少怖かったです。 ただ今回テストしてみて「しっかりセットすればしっかり仕事してくれる」と感じました。 日本で正式販売されていないだけあって付属に日本語マニュアルはないのですが(中国語・韓国語はあり)図示などは分かりやすくされています。 気になった注意点として ①下降中は常に10kg以上の負荷をかける ②セットする支点の直径は最大20mmまで ③セットの際末端にストッパーノットを結んでおく などでしょうか。今回③に関してはBeal Escaperにロープを結んだ状態でかつセルフビレイをしながらセットしましたので割愛しました。 感想(雑感): ・セットの際支点から下降器までの間が通常より長くなるので下降器やバックアップの”効き”を確認するのにいつもとは勝手が違います。 ・使用はあくまで緊急用(escape用)と考えています。 ・常用するつもりはないです。これを使用すれば妙義星穴懸垂に50mロープ一本持参するだけでも足りる事になりますが多分それはしない(でもソロではやるかもw)。 ・今後ソロでロープ持参するようなときは併せてこれも持参することにします(カタログ重量90g)。 ・耐久性は普通のロープ・スリングと同等か、ただ機能の肝であるゴムの劣化は少々気になります。ゴム部分が劣化すると回収に時間(回数)がかかる感じがします。またゴムが切れてしまうと回収が出来なくなってしまうかな。 ・回収の引く/離す(英語表記だとPULL AND RELEASE)の作業について、離す際は手自体を離した方が回収早そうな気がします(動画サイトだと下にリンク貼った動画に出てくるショートカットのお姉さんの動きがまさにそれ)。 [追加] ・中々回収できなくて引く作業に力が入ってきますといざ外れた時にロープが暴れて引っ掛かりやすくなります。単調な引き離し作業の方がいいのかもしれません。 ・ロープ折り返しの回収の時と違ってロープが落ちてくる直前が察知しにくいので「ロープ落ちます」のコールが遅れがちになりますね。 ・支点に出来るのは直径20cmまでという仕様から立木などを支点にする場合は捨て縄などを掛けなければなりませんが、立木が支点でも捨て縄不要な方法がありそうなのでそのうちテストしてみます。 ※感想は適宜追加します 参考動画: セット/商品説明(2:00くらいから) https://www.youtube.com/watch?v=wOj2YoYSHL8 回収イメージ(1:20くらいから) https://www.youtube.com/watch?v=GDcKTLNRxRA

妙義山・天狗岳・相馬岳 昨日行ったところ(*´∀`)♪

昨日はあちらから「カンコ〜」って叫んだので今日はこちらから叫んで見ました(^O^)
声届いたかな❔
昨日行ったところ(*´∀`)♪ 昨日はあちらから「カンコ〜」って叫んだので今日はこちらから叫んで見ました(^O^) 声届いたかな❔
妙義山・天狗岳・相馬岳 今日妙義に来なくていつ来るの?ってくらい絶好のお天気!
今日妙義に来なくていつ来るの?ってくらい絶好のお天気!
妙義山・天狗岳・相馬岳 ビビり岩より
寒くもなく暑くもなく
ビビり岩より 寒くもなく暑くもなく
妙義山・天狗岳・相馬岳 浅間山と裏妙義
浅間山と裏妙義
妙義山・天狗岳・相馬岳 私が通常の縦走路にこんな出で立ちで来る時は何か魂胆がありまして…
私が通常の縦走路にこんな出で立ちで来る時は何か魂胆がありまして…
妙義山・天狗岳・相馬岳 本日のミッション
「Beal Escaper」の実地テストです
本日のミッション 「Beal Escaper」の実地テストです
妙義山・天狗岳・相馬岳 大ノゾキからの三段の下りの1番下(約30mの鎖)、その2つ目のアンカー部にセットしてみました
大ノゾキからの三段の下りの1番下(約30mの鎖)、その2つ目のアンカー部にセットしてみました
妙義山・天狗岳・相馬岳 懸垂下降20mくらいの後、10回くらいロープを引く/離すを繰り返すと(以降ポンピングと表記)スルッとロープが降りて来ました

1人だと途中の撮影のしようがない💧
その場にギャラリー3名ほど😅
懸垂下降20mくらいの後、10回くらいロープを引く/離すを繰り返すと(以降ポンピングと表記)スルッとロープが降りて来ました 1人だと途中の撮影のしようがない💧 その場にギャラリー3名ほど😅
妙義山・天狗岳・相馬岳 しばらく懸垂下降するような所はありません
天狗岩西肩から相馬岳を

相馬岳ピークは混んでまして15名ほどいらしたでしょうか
しばらく懸垂下降するような所はありません 天狗岩西肩から相馬岳を 相馬岳ピークは混んでまして15名ほどいらしたでしょうか
妙義山・天狗岳・相馬岳 バラ尾根の倒木
7月には無かったかと?
バラ尾根の倒木 7月には無かったかと?
妙義山・天狗岳・相馬岳 バラ尾根ピークから星穴岳
バラ尾根ピークから星穴岳
妙義山・天狗岳・相馬岳 射抜穴に人影が確認できました☆
射抜穴に人影が確認できました☆
妙義山・天狗岳・相馬岳 相馬岳
相馬岳
妙義山・天狗岳・相馬岳 空色はスマホの補正が強めですね
空色はスマホの補正が強めですね
妙義山・天狗岳・相馬岳 金洞山
金洞山
妙義山・天狗岳・相馬岳 浅間と裏妙義
こう見ると裏妙義の紅葉はまだまだですね
裏妙義の紅葉はかなり遅い所もあります
浅間と裏妙義 こう見ると裏妙義の紅葉はまだまだですね 裏妙義の紅葉はかなり遅い所もあります
妙義山・天狗岳・相馬岳 ヘビに注意して進みます😅
ヘビに注意して進みます😅
妙義山・天狗岳・相馬岳 先ず鷹戻しに登りました
今回の1番の狙いは鷹戻し下りです😊
登り下りとも鷹戻し渋滞は全くありませんでした
先ず鷹戻しに登りました 今回の1番の狙いは鷹戻し下りです😊 登り下りとも鷹戻し渋滞は全くありませんでした
妙義山・天狗岳・相馬岳 ルンゼ上段はセットの写真を撮り損ないまして😅
これは下の段にてセットした所
ルンゼ上段はセットの写真を撮り損ないまして😅 これは下の段にてセットした所
妙義山・天狗岳・相馬岳 懸垂下降10m弱終わり
懸垂下降10m弱終わり
妙義山・天狗岳・相馬岳 ポンピング10回程でスルッとロープ落ちてきました
ロープ落ちる際暴れるものかと思ってましたが真っ直ぐ綺麗に落ちてきます
ロープを折り返してセットした時の回収とほぼ同じように落ちて来ます

しかし途中の写真撮りようがない(>_<)
ポンピング10回程でスルッとロープ落ちてきました ロープ落ちる際暴れるものかと思ってましたが真っ直ぐ綺麗に落ちてきます ロープを折り返してセットした時の回収とほぼ同じように落ちて来ます しかし途中の写真撮りようがない(>_<)
妙義山・天狗岳・相馬岳 ルンゼを登り返して1番やって見たかった鷹戻し下りでのテスト
前後にしばらく登山者来なかったのでじっくりテスト・撮影出来ました
ルンゼを登り返して1番やって見たかった鷹戻し下りでのテスト 前後にしばらく登山者来なかったのでじっくりテスト・撮影出来ました
妙義山・天狗岳・相馬岳 トラバースのあと下り始める所のアンカーにセット
セットの際この矢印↓と青ロープの向きが合ってないと通し方がおかしいという事になります
また黒のラインがしっかり出てないといけません
トラバースのあと下り始める所のアンカーにセット セットの際この矢印↓と青ロープの向きが合ってないと通し方がおかしいという事になります また黒のラインがしっかり出てないといけません
妙義山・天狗岳・相馬岳 掛けられる支点はマニュアル上直径20mmまで、元々鎖のアンカーやゲレンデの支点など人工的な支点に掛けることを想定しているのでしょう
立木や岩などを支点にする場合は捨て縄や捨てカラビナなどが必要になりますね
掛けられる支点はマニュアル上直径20mmまで、元々鎖のアンカーやゲレンデの支点など人工的な支点に掛けることを想定しているのでしょう 立木や岩などを支点にする場合は捨て縄や捨てカラビナなどが必要になりますね
妙義山・天狗岳・相馬岳 鷹戻し途中のテラスまで懸垂下降してみました
鷹戻し途中のテラスまで懸垂下降してみました
妙義山・天狗岳・相馬岳 15m少々の懸垂距離です
15m少々の懸垂距離です
妙義山・天狗岳・相馬岳 実際には両手で引っ張ってポンピングします
引っ張ったあとロープの弾力に任せるのではなくパッと手を離した方がポンピング回数を少なく出来る印象です
実際には両手で引っ張ってポンピングします 引っ張ったあとロープの弾力に任せるのではなくパッと手を離した方がポンピング回数を少なく出来る印象です
妙義山・天狗岳・相馬岳 10回程のポンピングで15m綺麗にスルスルとロープ落ちてきました
途中薮に引っかかったりしたらどうしようかと思ってましたが岩を這うようにスルッと落ちてきます
多分支点からリリースされる時にロープが暴れずに落ちるように設計されてるのだと思いました
10回程のポンピングで15m綺麗にスルスルとロープ落ちてきました 途中薮に引っかかったりしたらどうしようかと思ってましたが岩を這うようにスルッと落ちてきます 多分支点からリリースされる時にロープが暴れずに落ちるように設計されてるのだと思いました
妙義山・天狗岳・相馬岳 お片付けして
お片付けして
妙義山・天狗岳・相馬岳 セルフビレイ解除して下山します
セルフビレイ解除して下山します
妙義山・天狗岳・相馬岳 昨日行った所をもうひとつパシャ
昨日行った所をもうひとつパシャ
妙義山・天狗岳・相馬岳 周辺の紅葉具合
昨日はそんな余裕ありませんでした💧
周辺の紅葉具合 昨日はそんな余裕ありませんでした💧
妙義山・天狗岳・相馬岳 縦走路の紅葉
縦走路の紅葉
妙義山・天狗岳・相馬岳 特に意味はありません
特に意味はありません
妙義山・天狗岳・相馬岳 それっぽい写真①
それっぽい写真①
妙義山・天狗岳・相馬岳 同じルートを往復や周回した時あるある
路面コンディションの変化😆
同じルートを往復や周回した時あるある 路面コンディションの変化😆
妙義山・天狗岳・相馬岳 濡れてる事よりもヘビに注意します😂
濡れてる事よりもヘビに注意します😂
妙義山・天狗岳・相馬岳 堀切で下るか迷いましたがまだ余裕あったので一旦バラ尾根ピークに向かいました
堀切で下るか迷いましたがまだ余裕あったので一旦バラ尾根ピークに向かいました
妙義山・天狗岳・相馬岳 バラ尾根ピーク
ひと休みして結局堀切から下りました

ふるにおうふくなんてできるきがしない(ぼうよみ)
バラ尾根ピーク ひと休みして結局堀切から下りました ふるにおうふくなんてできるきがしない(ぼうよみ)
妙義山・天狗岳・相馬岳 中間道の紅葉はまだまだ
ただ今年は石門周辺が通行止めなので盛り上がりませんね💔
中間道の紅葉はまだまだ ただ今年は石門周辺が通行止めなので盛り上がりませんね💔
妙義山・天狗岳・相馬岳 それっぽい写真②
それっぽい写真②
妙義山・天狗岳・相馬岳 ここで車道に下ります
絶対に「第二見晴らし」には寄らないと言う信念… (~ω~;)))

いえいえ、ただ単に行くなら女子と行きたいってだけです(/ω\)
ここで車道に下ります 絶対に「第二見晴らし」には寄らないと言う信念… (~ω~;))) いえいえ、ただ単に行くなら女子と行きたいってだけです(/ω\)
妙義山・天狗岳・相馬岳 ここも以前よりは滑りにくくなりました
ここも以前よりは滑りにくくなりました
妙義山・天狗岳・相馬岳 ソフトと妙義を重ねるアングルを良くお真似頂くようでして…(´∩ω∩`)
新しいアングル考えて見ました(^O^)
ソフトと妙義を重ねるアングルを良くお真似頂くようでして…(´∩ω∩`) 新しいアングル考えて見ました(^O^)
妙義山・天狗岳・相馬岳 後日追加
中ノ岳からの下りでも試してみました
後日追加 中ノ岳からの下りでも試してみました
妙義山・天狗岳・相馬岳 中ノ岳の鎖は2段(右に見えているのは下の段)、それを懸垂下降でいっぺんに下りると25m弱になります。
中ノ岳の鎖は2段(右に見えているのは下の段)、それを懸垂下降でいっぺんに下りると25m弱になります。
妙義山・天狗岳・相馬岳 ここは回収にそこそこ苦労しまして20回弱のポンピングでようやく落ちてきました
支点から岩壁に這うように湾曲してロープが接触しているような所だとそうなるのかもしれません
ここは回収にそこそこ苦労しまして20回弱のポンピングでようやく落ちてきました 支点から岩壁に這うように湾曲してロープが接触しているような所だとそうなるのかもしれません

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす