倉岳山ー北東尾根から寺下峠

2020.10.25(日) 日帰り
J-BOY
J-BOY

活動データ

タイム

07:28

距離

12.0km

上り

1094m

下り

1095m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ようやく快晴秋晴れの週末、富士山眺めに倉岳山へ。北東尾根で登り、寺下峠まで縦走して、梁川に下った。北東尾根は登る分には迷うところはない。寺下峠の下り道は気持ちの良い峠道だが、迷いやすいポイントがいくつかあるので、初心者は注意が必要だ。 倉岳山は何度か登っているので、変わった経路でと思い、バリエーションルートの北東尾根から登る。梁川駅から桂川を渡り、集落を過ぎた先の路肩に車を駐車。歩き出して10分程度で登山口、台風で取り付きが崩れたのを修復中で、梯子段を使って登山道に上がるようになっていた。諸先輩の記録に従い、登山口からすぐのところで登山道を外れ、右に登る明瞭な踏み跡に入る。すぐに貯水槽、小さなお宮を過ぎて、尾根上の明瞭な踏み跡を登っていく。500m付近はちょっとした岩稜になっているが、特に危ないことはない。590mの小ピークを越え、気持ちの良い緩やかな尾根を楽しむのもわずか、P747への急登が始まる。広い急傾斜の尾根、まっすぐには登れない傾斜なので、踏み跡っぽいところを拾いつつジグザグを切って登る。ここが北東尾根の核心部だ。P747まで登ってしまえば、そのあとも急登が続くものの、やがて山頂に続く緩やかな稜線に出て、倉岳山頂に飛び出す。 雲一つない快晴に、薄く冠雪した富士山が美しい。山頂には先行者が一人いるだけだったが、我々が着いてしばらくすると続々と大勢の人が登ってきた。富士山をもう一度じっくり眺めてから立野峠へ下る。下る途中も大勢のパーティとすれ違ったが、人が多いのも立野峠まで、そこから寺下峠へ向かうと急に人気がなくなった。最初に登るP838(細野山)は、尾根の両側がきれいな杉林で、まるで並木のようだ。鳥屋山への稜線で昼食を食べて、鳥屋山から一下り、登り返したP818が船山(道標は舟山)。この先二重稜線の乗り換えを経て寺下峠へ下りつく。 寺下峠からの下りは、典型的な「廃れゆくかつてよく踏まれていた峠道」だ。道は歩きやすい傾斜でつけられているが、トラバース道はところどころ崩れかかっている。特に、いったん沢に下りる手前は、ロープが丁寧に張ってはあるが、狭くて滑りやすい。沢に下って渡渉したら、100mぐらい沢の中を下るのだが、ここもわかりにくい。さらに、二つ目の道標のところで左岸に渡り、山腹をトラバースする道に入るところが迷いやすい。やはり水が近いところは荒れやすい。左岸の道に乗ってしまえば、あとはよく踏まれた道。途中から集落の水源と思われる黒パイプが何本も出てきて、これに沿うように下ると登山口に出た。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす