筑波連山縦走1/2研究学園駅→女体山 写真右端は富士山!

2020.10.25(日) 日帰り
SK
SK

活動データ

タイム

06:09

距離

22.2km

上り

948m

下り

115m

活動詳細

もっと見る

屋久島同様念入りに下調べ。 屋久島縦走で大きく学んだことは二つ。 1、事前準備は入念に! それでもそれ以上のトラブルが起こる。それに柔軟に対応する楽しみ。 2、マイペースが一番! そして究極はDoor to Doorが最高の登山。 つくばで野暮用がありついでに筋トレ目的で筑波山へ。 男体山、女体山のみだと、自分の体力だと5時間ぐらい岩場も多いということで、いくつかプランを持って登山口へ。 ★前日入り ホテルチェックイン20時前には就寝。 部屋の外(廊下?)の会話が騒がしく、深夜目が覚めてしまい、もう寝れないので、お風呂入って切り替えて、まさかの深夜25時01:00発。睡眠時間は5時間。前の日早く寝て良かった。 起こされた時は、うるさいなーとストレス感じたが、道中起こしてくれたお兄さん達に感謝することに。笑 当初は4時ぐらいに起きてタクシー乗ろうかと思ったが、装備が昼間用のみだったのでウォーミングアップで徒歩で行っちゃおうという事で、屋久島の学びを生かす。流石に東京都の自宅からは無理なので、せめてホテルからは行こうと、徒歩で筑波山登山口へ。(事前の計画想定内) 基本、研究学園→筑波山登山口までは真っ暗。笑 写真に何枚も撮ったが、こんな星空を見たのは高校生ぐらいかも。(田舎育ち) 写真には収めきれなかった(撮ったがiPhoneの能力では限界)が、この季節、北斗七星を背景に夜明け前の筑波山が絶景で、それを眺め続けて歩き続けモチベーションアップ⤴️⤴️⤴️ エンジンがかかります。 ※注意:基本、歩道のある大きな道路を行きますが、道中ライトある区間はごく一部で暗闇でライト携行必須です。雨上がりは、上ばっかり見ていて、水溜りは特に注意! 当初は、筑波山中腹一周しようかと思ったが、こんだけ寒くて(10/25 04:00 気温4-5°C)星空見えるなら景色いいだろうという軽い気持ちでとりあえず、女体山頂上へ🏔 道中寒すぎて何度かコンビニに避難で、あったかい飲み物を補給しつつ、いつもより少しのんびり目 5 キロ/hペースで登山口へ。 05:00でも、登山口から真っ暗。ライト携行していなかったためライトがわりに使っていたiPhoneの充電が早くも70%を切る。予備バッテリー持ってきてよかった。 07:00 頂上着 快晴とはこのことか。 快晴だから、極寒なのか。 いや、極寒だから快晴なのか。 いや、軽装すぎるから、極寒なのだと、冷静に判断。 因みに自分、高所恐怖症です。 こんだけ景色いいならガスってないだろうということで、連山縦走を決意。 (最低限の食材は道中のコンビニで確保) 後から気づいたが登山者右に富士山🗻 ホテルで起こしてくれたお兄さん達に感謝。 ※頂上からは筑波連山縦走日記の方をご覧下さい!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす