大普賢岳 ~ガスのち紅葉 やっと行けた大普賢岳周回~

2020.10.24(土) 日帰り
masse
masse

大普賢岳、和佐又山ロッジ跡から大普賢岳、七曜岳の周回コースに行ってきました。 今年は奈良の山にも行きたいなと思い、ずっと前から計画していた大普賢岳の周回コース。前日に予定変更することもあったりで、ずっと延び延びになっていたけど、やっと行くことができました。 前日までそこそこの雨で、足元の不安もあったけど、天気の回復を期待しスタート。朝方は曇り空、大普賢岳の山頂まではガスの中で眺望はほとんどなし。そのうえ、天気予報どおりの強風の中の我慢の山行でしたが、弥勒岳を過ぎたあたりから、ガスもなくなり徐々に青空も。そして、山肌の素敵な紅葉も見えてきて、七曜岳では、青空の下、とても素敵な紅葉の景色が楽しめました。 七曜岳から無双洞までの激下り、そしてその後の登り返しの急登は噂どおりで、結構、足に堪えましたが、梯子や鎖場などいろいろと変化があるルートで、とても楽しく歩くことができました。

車を少し下の駐車場に止め、和佐又山ロッジ跡からスタートします

車を少し下の駐車場に止め、和佐又山ロッジ跡からスタートします

車を少し下の駐車場に止め、和佐又山ロッジ跡からスタートします

右に進み大普賢岳から周回します

右に進み大普賢岳から周回します

右に進み大普賢岳から周回します

お決まりの写真

お決まりの写真

お決まりの写真

紅葉はいい感じ
でも、山にはガスがかかってます

紅葉はいい感じ でも、山にはガスがかかってます

紅葉はいい感じ でも、山にはガスがかかってます

大きな岩がいっぱいです

大きな岩がいっぱいです

大きな岩がいっぱいです

鷲ノ窟

鷲ノ窟

鷲ノ窟

日本岳(のコル)
頂上はこの先ですが行きません・・

日本岳(のコル) 頂上はこの先ですが行きません・・

日本岳(のコル) 頂上はこの先ですが行きません・・

ガスの中を進みます

ガスの中を進みます

ガスの中を進みます

最初の梯子です
これから、梯子、鎖場が続きます

最初の梯子です これから、梯子、鎖場が続きます

最初の梯子です これから、梯子、鎖場が続きます

石ノ鼻に到着

石ノ鼻に到着

石ノ鼻に到着

石ノ鼻の岩に登りましたが
ガスで眺望は見られませんでした・・

石ノ鼻の岩に登りましたが ガスで眺望は見られませんでした・・

石ノ鼻の岩に登りましたが ガスで眺望は見られませんでした・・

小普賢岳です
ここからルートを外れ小普賢岳の山頂に行きます

小普賢岳です ここからルートを外れ小普賢岳の山頂に行きます

小普賢岳です ここからルートを外れ小普賢岳の山頂に行きます

小普賢岳の山頂
眺望はありません・・

小普賢岳の山頂 眺望はありません・・

小普賢岳の山頂 眺望はありません・・

ルートに戻り先を進みます

ルートに戻り先を進みます

ルートに戻り先を進みます

急登が続きますが、
きちんと整備されているので歩きやすいです

急登が続きますが、 きちんと整備されているので歩きやすいです

急登が続きますが、 きちんと整備されているので歩きやすいです

稜線にでました
左に進み大普賢岳を目指します

稜線にでました 左に進み大普賢岳を目指します

稜線にでました 左に進み大普賢岳を目指します

大普賢岳の山頂に到着

大普賢岳の山頂に到着

大普賢岳の山頂に到着

ガスで何も見えません・・・

ガスで何も見えません・・・

ガスで何も見えません・・・

三角点にタッチ・・

三角点にタッチ・・

三角点にタッチ・・

ガスの中、稜線を進みます

ガスの中、稜線を進みます

ガスの中、稜線を進みます

水太覗です

水太覗です

水太覗です

かすかに景色が見えます

かすかに景色が見えます

かすかに景色が見えます

稜線を進んでいると、
徐々に天気が良くなってきました
でも、凄い強風でした・・

稜線を進んでいると、 徐々に天気が良くなってきました でも、凄い強風でした・・

稜線を進んでいると、 徐々に天気が良くなってきました でも、凄い強風でした・・

弥勒岳に到着

弥勒岳に到着

弥勒岳に到着

紅葉が素敵・・

紅葉が素敵・・

紅葉が素敵・・

青空も・・

青空も・・

青空も・・

国見岳に到着・・

国見岳に到着・・

国見岳に到着・・

国見岳のピークはルートから少し登ったところです

国見岳のピークはルートから少し登ったところです

国見岳のピークはルートから少し登ったところです

鎖があるので安心して進めます・・

鎖があるので安心して進めます・・

鎖があるので安心して進めます・・

紅葉の向こうに大普賢岳が見えます

紅葉の向こうに大普賢岳が見えます

紅葉の向こうに大普賢岳が見えます

木の根っこが滑るので慎重に・・

木の根っこが滑るので慎重に・・

木の根っこが滑るので慎重に・・

素敵な苔の世界もありました・・

素敵な苔の世界もありました・・

素敵な苔の世界もありました・・

大普賢岳からの稜線がハッキリ・・

大普賢岳からの稜線がハッキリ・・

大普賢岳からの稜線がハッキリ・・

大台ヶ原方面です

大台ヶ原方面です

大台ヶ原方面です

七曜岳手前の鎖場
これを登ると

七曜岳手前の鎖場 これを登ると

七曜岳手前の鎖場 これを登ると

七曜岳山頂に向かう木道です

七曜岳山頂に向かう木道です

七曜岳山頂に向かう木道です

七曜岳に到着!

七曜岳に到着!

七曜岳に到着!

お天気になり素敵な景色が見られました・・

お天気になり素敵な景色が見られました・・

お天気になり素敵な景色が見られました・・

八経ヶ岳の山頂には雲がかかってます

八経ヶ岳の山頂には雲がかかってます

八経ヶ岳の山頂には雲がかかってます

ここから下山です

ここから下山です

ここから下山です

噂の激下り・・

噂の激下り・・

噂の激下り・・

無双洞・・

無双洞・・

無双洞・・

ここを渡渉します
水量は多め??

ここを渡渉します 水量は多め??

ここを渡渉します 水量は多め??

最後の難所?
この岩場を登ります・・

最後の難所? この岩場を登ります・・

最後の難所? この岩場を登ります・・

もちろん底は見えません・・

もちろん底は見えません・・

もちろん底は見えません・・

森の中を進みます
紅葉はこれからのようです・・

森の中を進みます 紅葉はこれからのようです・・

森の中を進みます 紅葉はこれからのようです・・

最後に和佐又山の山頂を目指します

最後に和佐又山の山頂を目指します

最後に和佐又山の山頂を目指します

地味な登りが・・

地味な登りが・・

地味な登りが・・

山頂が見えました・・

山頂が見えました・・

山頂が見えました・・

今日最後のピークをゲット!

今日最後のピークをゲット!

今日最後のピークをゲット!

緩やかな登山道を下り間もなくゴールです・・

緩やかな登山道を下り間もなくゴールです・・

緩やかな登山道を下り間もなくゴールです・・

無事、和佐又山ロッジ跡に戻ってきました・・

無事、和佐又山ロッジ跡に戻ってきました・・

無事、和佐又山ロッジ跡に戻ってきました・・

車を少し下の駐車場に止め、和佐又山ロッジ跡からスタートします

右に進み大普賢岳から周回します

お決まりの写真

紅葉はいい感じ でも、山にはガスがかかってます

大きな岩がいっぱいです

鷲ノ窟

日本岳(のコル) 頂上はこの先ですが行きません・・

ガスの中を進みます

最初の梯子です これから、梯子、鎖場が続きます

石ノ鼻に到着

石ノ鼻の岩に登りましたが ガスで眺望は見られませんでした・・

小普賢岳です ここからルートを外れ小普賢岳の山頂に行きます

小普賢岳の山頂 眺望はありません・・

ルートに戻り先を進みます

急登が続きますが、 きちんと整備されているので歩きやすいです

稜線にでました 左に進み大普賢岳を目指します

大普賢岳の山頂に到着

ガスで何も見えません・・・

三角点にタッチ・・

ガスの中、稜線を進みます

水太覗です

かすかに景色が見えます

稜線を進んでいると、 徐々に天気が良くなってきました でも、凄い強風でした・・

弥勒岳に到着

紅葉が素敵・・

青空も・・

国見岳に到着・・

国見岳のピークはルートから少し登ったところです

鎖があるので安心して進めます・・

紅葉の向こうに大普賢岳が見えます

木の根っこが滑るので慎重に・・

素敵な苔の世界もありました・・

大普賢岳からの稜線がハッキリ・・

大台ヶ原方面です

七曜岳手前の鎖場 これを登ると

七曜岳山頂に向かう木道です

七曜岳に到着!

お天気になり素敵な景色が見られました・・

八経ヶ岳の山頂には雲がかかってます

ここから下山です

噂の激下り・・

無双洞・・

ここを渡渉します 水量は多め??

最後の難所? この岩場を登ります・・

もちろん底は見えません・・

森の中を進みます 紅葉はこれからのようです・・

最後に和佐又山の山頂を目指します

地味な登りが・・

山頂が見えました・・

今日最後のピークをゲット!

緩やかな登山道を下り間もなくゴールです・・

無事、和佐又山ロッジ跡に戻ってきました・・

類似するルートを通った活動日記