紅葉と岩場を楽しみに赤岩尾根へ

2020.10.24(土) 日帰り
ヒデジィ
ヒデジィ

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

そろそろ両神山塊で紅葉が始まっているのではないかと両神山の西、八丁峠から続く赤岩尾根を歩いてきました。 結果的に紅葉は少し早かったような気もしますが、赤岩尾根からの展望も素晴らしく、稜線の岩場歩きも楽しんできました。 *このルートは簡単ではなく少し岩場に慣れていないとキツイと思います

両神山・諏訪山・二子山 ニッチツ鉱山の社宅跡地から赤岩尾根を見上げる。
ニッチツ鉱山の社宅跡地から赤岩尾根を見上げる。
両神山・諏訪山・二子山 カエデの色付きはイマイチ
カエデの色付きはイマイチ
両神山・諏訪山・二子山 八丁尾根
八丁尾根
両神山・諏訪山・二子山 色付きはイマイチだけど青空によく映える
色付きはイマイチだけど青空によく映える
両神山・諏訪山・二子山 赤岩峠に到着。ここでヘルメット、ハーネス、ガチャガチャを装着
赤岩峠に到着。ここでヘルメット、ハーネス、ガチャガチャを装着
両神山・諏訪山・二子山 まずは赤岩岳を目指して上武国境稜線を東に進む。
まずは赤岩岳を目指して上武国境稜線を東に進む。
両神山・諏訪山・二子山 赤岩岳を目指してルンゼ状の斜面をよじ登る
赤岩岳を目指してルンゼ状の斜面をよじ登る
両神山・諏訪山・二子山 赤岩岳。西側が開けている。この日は南八ヶ岳もよく見えた。
赤岩岳。西側が開けている。この日は南八ヶ岳もよく見えた。
両神山・諏訪山・二子山 手前のピークは大ナゲシ。
その先に以前歩いた天丸山、宗四郎山、帳付山など上武国境稜線の山々を懐かしく眺める
手前のピークは大ナゲシ。 その先に以前歩いた天丸山、宗四郎山、帳付山など上武国境稜線の山々を懐かしく眺める
両神山・諏訪山・二子山 三宝山や甲武信ヶ岳がよく見える。
三宝山や甲武信ヶ岳がよく見える。
両神山・諏訪山・二子山 紅葉がいい感じ
紅葉がいい感じ
両神山・諏訪山・二子山 手前の白い石灰あたりが、先程見上げた社宅跡地。それにしても素晴らしい絶景。これまで歩いた尾根や稜線を眺めながら景色を楽しむ。
手前の白い石灰あたりが、先程見上げた社宅跡地。それにしても素晴らしい絶景。これまで歩いた尾根や稜線を眺めながら景色を楽しむ。
両神山・諏訪山・二子山 気持ちの良い稜線歩き
気持ちの良い稜線歩き
両神山・諏訪山・二子山 1,583m峰の前衛峰
1,583m峰の前衛峰
両神山・諏訪山・二子山 ツツジの紅葉がいい感じ
ツツジの紅葉がいい感じ
両神山・諏訪山・二子山 1,583m峰
1,583m峰
両神山・諏訪山・二子山 一見すると、一体どこ登るのか?という気になる
一見すると、一体どこ登るのか?という気になる
両神山・諏訪山・二子山 中央の崖というか斜面を登る
中央の崖というか斜面を登る
両神山・諏訪山・二子山 八丁尾根から狩倉尾根へ続く稜線
八丁尾根から狩倉尾根へ続く稜線
両神山・諏訪山・二子山 前衛峰を懸垂下降し、1,583m峰に取り付く
前衛峰を懸垂下降し、1,583m峰に取り付く
両神山・諏訪山・二子山 取り付いてみると、ホールド、スタンスが豊富で登りやすいので、確保なしで進む
取り付いてみると、ホールド、スタンスが豊富で登りやすいので、確保なしで進む
両神山・諏訪山・二子山 途中で下を振り返る
途中で下を振り返る
両神山・諏訪山・二子山 1,583m峰のピークでランチ。奥秩父主脈稜線がよく見渡せる
1,583m峰のピークでランチ。奥秩父主脈稜線がよく見渡せる
両神山・諏訪山・二子山 よく登場するキレット。
よく登場するキレット。
両神山・諏訪山・二子山 P3手前のチムニー。
P3手前のチムニー。
両神山・諏訪山・二子山 P3で休憩。風もなくポカポカ陽気で気持ちがいい
P3で休憩。風もなくポカポカ陽気で気持ちがいい
両神山・諏訪山・二子山 P2
P2
両神山・諏訪山・二子山 八丁峠にガスが流れ込む
八丁峠にガスが流れ込む
両神山・諏訪山・二子山 P1
P1
両神山・諏訪山・二子山 八丁峠手前の祠で一息。この後、ちょっとルートをロストする
八丁峠手前の祠で一息。この後、ちょっとルートをロストする
両神山・諏訪山・二子山 暗くなる前になんとか登山口まで下山出来た
暗くなる前になんとか登山口まで下山出来た
両神山・諏訪山・二子山 駐車地まで林道を下る。結構疲れたけど充実の岩場歩きが楽しめた。この後は大滝温泉に寄って疲れを癒した。
駐車地まで林道を下る。結構疲れたけど充実の岩場歩きが楽しめた。この後は大滝温泉に寄って疲れを癒した。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす