五竜岳敗退 冬の洗礼

2020.10.24(土) 日帰り
かーん
かーん

皆さんこんにちはー☀️ ヨリさんと五竜です😊 ロープーウェイでアルプス平まで行き 五竜岳を目指しました。 山頂手前で猛吹雪に遭い 凍った岩場を越せずに引き返しました。 もうちょっとのところだったのですが😵 10月でも北アルプスは厳しいですねー😁 では行ってみましょう🎶

白馬五竜スキー場
紅葉が朝日に照らされて美しい✨

白馬五竜スキー場 紅葉が朝日に照らされて美しい✨

白馬五竜スキー場 紅葉が朝日に照らされて美しい✨

チラチラと降っていますが、晴れ間もありました☀️

チラチラと降っていますが、晴れ間もありました☀️

チラチラと降っていますが、晴れ間もありました☀️

先導者の雷鳥さん😊

先導者の雷鳥さん😊

先導者の雷鳥さん😊

上の方は真っ白、嫌な予感がします😁

上の方は真っ白、嫌な予感がします😁

上の方は真っ白、嫌な予感がします😁

雪が付くとより荒々しいです❗️

雪が付くとより荒々しいです❗️

雪が付くとより荒々しいです❗️

五竜岳
雲が切れて、堂々と姿を現しました👍

五竜岳 雲が切れて、堂々と姿を現しました👍

五竜岳 雲が切れて、堂々と姿を現しました👍

下界は晴れ☀️
綺麗です✨

下界は晴れ☀️ 綺麗です✨

下界は晴れ☀️ 綺麗です✨

見えました五竜山荘🎶
五竜岳、真っ白になってます😁

見えました五竜山荘🎶 五竜岳、真っ白になってます😁

見えました五竜山荘🎶 五竜岳、真っ白になってます😁

稜線に出ると風があります😵
唐松方面

稜線に出ると風があります😵 唐松方面

稜線に出ると風があります😵 唐松方面

カチカチです😊

カチカチです😊

カチカチです😊

五竜山荘に到着👍

五竜山荘に到着👍

五竜山荘に到着👍

寒いですが乾杯します🍺
これは譲れません😁

寒いですが乾杯します🍺 これは譲れません😁

寒いですが乾杯します🍺 これは譲れません😁

五竜岳に向け出発❗️
天候が変わり始めます😵

五竜岳に向け出発❗️ 天候が変わり始めます😵

五竜岳に向け出発❗️ 天候が変わり始めます😵

積雪は20センチ程でしょうか
風があって寒い🥶

積雪は20センチ程でしょうか 風があって寒い🥶

積雪は20センチ程でしょうか 風があって寒い🥶

鎖もカチカチになってます😊

鎖もカチカチになってます😊

鎖もカチカチになってます😊

不気味な岩場が続きます😵

不気味な岩場が続きます😵

不気味な岩場が続きます😵

ヨリさん強靭ですねー👍

ヨリさん強靭ですねー👍

ヨリさん強靭ですねー👍

出てきた岩場に2人立ち尽くします。
雪の下なのか鎖も見つけれない😵
さてどうする😊

出てきた岩場に2人立ち尽くします。 雪の下なのか鎖も見つけれない😵 さてどうする😊

出てきた岩場に2人立ち尽くします。 雪の下なのか鎖も見つけれない😵 さてどうする😊

果敢に挑みましたが越えれません😭

果敢に挑みましたが越えれません😭

果敢に挑みましたが越えれません😭

最後がほぼ垂直に切り立っているので
仮に登っても登攀装備のない僕たちは下れません😵

最後がほぼ垂直に切り立っているので 仮に登っても登攀装備のない僕たちは下れません😵

最後がほぼ垂直に切り立っているので 仮に登っても登攀装備のない僕たちは下れません😵

下はあの世へ繋がる谷底🙏

下はあの世へ繋がる谷底🙏

下はあの世へ繋がる谷底🙏

残念ですがここまでです😁
もうちょっとのところでした💧

残念ですがここまでです😁 もうちょっとのところでした💧

残念ですがここまでです😁 もうちょっとのところでした💧

潔く引き返すことを決めますが
少し悔しかったので何度も振り返ります😭

潔く引き返すことを決めますが 少し悔しかったので何度も振り返ります😭

潔く引き返すことを決めますが 少し悔しかったので何度も振り返ります😭

装備不足(計画、経験が甘い)と言うことですね。

装備不足(計画、経験が甘い)と言うことですね。

装備不足(計画、経験が甘い)と言うことですね。

山荘まで戻る途中、猛吹雪に遭います😵

山荘まで戻る途中、猛吹雪に遭います😵

山荘まで戻る途中、猛吹雪に遭います😵

この方たちにとっては
こんな吹雪は日常ですね😁

この方たちにとっては こんな吹雪は日常ですね😁

この方たちにとっては こんな吹雪は日常ですね😁

なんとか戻った五竜山荘
分かりにくいですがテント1張り
この日会った唯一の登山者です。
鹿島槍まで抜けると言っていましたが、
無事なら良いのですが。

なんとか戻った五竜山荘 分かりにくいですがテント1張り この日会った唯一の登山者です。 鹿島槍まで抜けると言っていましたが、 無事なら良いのですが。

なんとか戻った五竜山荘 分かりにくいですがテント1張り この日会った唯一の登山者です。 鹿島槍まで抜けると言っていましたが、 無事なら良いのですが。

しかし凄い吹雪でした😵
20メートル位の風でまともに歩けませんでした。
マイナス9.3度
飲み物などリュックの中、全てが凍りました😁

しかし凄い吹雪でした😵 20メートル位の風でまともに歩けませんでした。 マイナス9.3度 飲み物などリュックの中、全てが凍りました😁

しかし凄い吹雪でした😵 20メートル位の風でまともに歩けませんでした。 マイナス9.3度 飲み物などリュックの中、全てが凍りました😁

下山途中も雪が降り続きます❄️

下山途中も雪が降り続きます❄️

下山途中も雪が降り続きます❄️

同じ標識ですが、登りはこんなでした😊

同じ標識ですが、登りはこんなでした😊

同じ標識ですが、登りはこんなでした😊

ロープーウェイ最終の16時15分
間に合う訳もなくスキー場を歩いて下りました😊

さて今回の登山ですが

ロープーウェイのアルプス平駅(1500)から2000ちょっとまで一気に標高を上げる感じです。
遠見尾根の小さなアップダウンを繰り返して、西遠見山から白岳、五竜山荘まで300くらいの急登です。夏ならそこから1時間くらいで五竜岳山頂でしょう。しかし今回のように雪が付くと時間もかかり大変危険です❗️
今回僕たちは天候が良くないにも関わらず、10月と言う事で舐めてかかりました。
これが敗因ですね😊

ロープーウェイ最終の16時15分 間に合う訳もなくスキー場を歩いて下りました😊 さて今回の登山ですが ロープーウェイのアルプス平駅(1500)から2000ちょっとまで一気に標高を上げる感じです。 遠見尾根の小さなアップダウンを繰り返して、西遠見山から白岳、五竜山荘まで300くらいの急登です。夏ならそこから1時間くらいで五竜岳山頂でしょう。しかし今回のように雪が付くと時間もかかり大変危険です❗️ 今回僕たちは天候が良くないにも関わらず、10月と言う事で舐めてかかりました。 これが敗因ですね😊

ロープーウェイ最終の16時15分 間に合う訳もなくスキー場を歩いて下りました😊 さて今回の登山ですが ロープーウェイのアルプス平駅(1500)から2000ちょっとまで一気に標高を上げる感じです。 遠見尾根の小さなアップダウンを繰り返して、西遠見山から白岳、五竜山荘まで300くらいの急登です。夏ならそこから1時間くらいで五竜岳山頂でしょう。しかし今回のように雪が付くと時間もかかり大変危険です❗️ 今回僕たちは天候が良くないにも関わらず、10月と言う事で舐めてかかりました。 これが敗因ですね😊

写真は行きのロープーウェイにて

帰りはスキー場の上、1200くらいまでは積雪がありました😊
いつもよくある敗退です😁
まぁ勝ち負けではなく、出来ないことは無理なのでこれで良し👍
ヨリさんありがとうございました😊

最後まで閲覧いただきありがとうございます。
それでは皆さん
またお会いしましょう🎶

写真は行きのロープーウェイにて 帰りはスキー場の上、1200くらいまでは積雪がありました😊 いつもよくある敗退です😁 まぁ勝ち負けではなく、出来ないことは無理なのでこれで良し👍 ヨリさんありがとうございました😊 最後まで閲覧いただきありがとうございます。 それでは皆さん またお会いしましょう🎶

写真は行きのロープーウェイにて 帰りはスキー場の上、1200くらいまでは積雪がありました😊 いつもよくある敗退です😁 まぁ勝ち負けではなく、出来ないことは無理なのでこれで良し👍 ヨリさんありがとうございました😊 最後まで閲覧いただきありがとうございます。 それでは皆さん またお会いしましょう🎶

白馬五竜スキー場 紅葉が朝日に照らされて美しい✨

チラチラと降っていますが、晴れ間もありました☀️

先導者の雷鳥さん😊

上の方は真っ白、嫌な予感がします😁

雪が付くとより荒々しいです❗️

五竜岳 雲が切れて、堂々と姿を現しました👍

下界は晴れ☀️ 綺麗です✨

見えました五竜山荘🎶 五竜岳、真っ白になってます😁

稜線に出ると風があります😵 唐松方面

カチカチです😊

五竜山荘に到着👍

寒いですが乾杯します🍺 これは譲れません😁

五竜岳に向け出発❗️ 天候が変わり始めます😵

積雪は20センチ程でしょうか 風があって寒い🥶

鎖もカチカチになってます😊

不気味な岩場が続きます😵

ヨリさん強靭ですねー👍

出てきた岩場に2人立ち尽くします。 雪の下なのか鎖も見つけれない😵 さてどうする😊

果敢に挑みましたが越えれません😭

最後がほぼ垂直に切り立っているので 仮に登っても登攀装備のない僕たちは下れません😵

下はあの世へ繋がる谷底🙏

残念ですがここまでです😁 もうちょっとのところでした💧

潔く引き返すことを決めますが 少し悔しかったので何度も振り返ります😭

装備不足(計画、経験が甘い)と言うことですね。

山荘まで戻る途中、猛吹雪に遭います😵

この方たちにとっては こんな吹雪は日常ですね😁

なんとか戻った五竜山荘 分かりにくいですがテント1張り この日会った唯一の登山者です。 鹿島槍まで抜けると言っていましたが、 無事なら良いのですが。

しかし凄い吹雪でした😵 20メートル位の風でまともに歩けませんでした。 マイナス9.3度 飲み物などリュックの中、全てが凍りました😁

下山途中も雪が降り続きます❄️

同じ標識ですが、登りはこんなでした😊

ロープーウェイ最終の16時15分 間に合う訳もなくスキー場を歩いて下りました😊 さて今回の登山ですが ロープーウェイのアルプス平駅(1500)から2000ちょっとまで一気に標高を上げる感じです。 遠見尾根の小さなアップダウンを繰り返して、西遠見山から白岳、五竜山荘まで300くらいの急登です。夏ならそこから1時間くらいで五竜岳山頂でしょう。しかし今回のように雪が付くと時間もかかり大変危険です❗️ 今回僕たちは天候が良くないにも関わらず、10月と言う事で舐めてかかりました。 これが敗因ですね😊

写真は行きのロープーウェイにて 帰りはスキー場の上、1200くらいまでは積雪がありました😊 いつもよくある敗退です😁 まぁ勝ち負けではなく、出来ないことは無理なのでこれで良し👍 ヨリさんありがとうございました😊 最後まで閲覧いただきありがとうございます。 それでは皆さん またお会いしましょう🎶

類似するルートを通った活動日記