須磨アルプスうろうろ タル鶏天ぶっかけを食べに(笑)

2020.10.24(土) 日帰り
どん亀のたる
どん亀のたる

活動データ

タイム

06:42

距離

12.0km

上り

712m

下り

713m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

お昼 外で食べて来てね 今朝、妻にそう言われて 思いついたのが 丸亀製麺の復活した タル鶏天ぶっかけ そうだ! お昼はタル鶏天ぶっかけを食べよう と、言う事で本日のコースは JR須磨海浜公園駅~丸亀製麺~JR須磨駅(笑) (注) コンデジの時間設定が4分進んでいました 軌跡と写真の場所のズレが有ります

六甲山・長峰山・摩耶山 JR須磨海浜公園駅からスタート
JR須磨海浜公園駅からスタート
六甲山・長峰山・摩耶山 天井川憩いの広場からお山入り
天井川憩いの広場からお山入り
六甲山・長峰山・摩耶山 ん? 工事車両がある
看板を見ると、地質調査をしてるようです
令和3年1月29日までなので通行する方はご注意願います
ん? 工事車両がある 看板を見ると、地質調査をしてるようです 令和3年1月29日までなので通行する方はご注意願います
六甲山・長峰山・摩耶山 おお 前から調査の方がモノレールに乗ってくる
いいなぁ、モノレール馬の背まで伸ばしてくれないかな 楽に登れるぞ(笑)
おお 前から調査の方がモノレールに乗ってくる いいなぁ、モノレール馬の背まで伸ばしてくれないかな 楽に登れるぞ(笑)
六甲山・長峰山・摩耶山 と、言う事で通行にご注意願います
登山道は使えると書かれています
と、言う事で通行にご注意願います 登山道は使えると書かれています
六甲山・長峰山・摩耶山 西俣(左俣)、東俣(右俣)中央尾根の分岐
西俣(左俣)、東俣(右俣)中央尾根の分岐
六甲山・長峰山・摩耶山 今日は東俣(右俣)へ
今日は東俣(右俣)へ
六甲山・長峰山・摩耶山 一気に秘境感が出てきました
いいなぁ
一気に秘境感が出てきました いいなぁ
六甲山・長峰山・摩耶山 鎮座の滝
鎮座の滝
六甲山・長峰山・摩耶山 堰堤を越え ここを右に
堰堤を越え ここを右に
六甲山・長峰山・摩耶山 新しい目印が付けられていました
新しい目印が付けられていました
六甲山・長峰山・摩耶山 急登の道
急登の道
六甲山・長峰山・摩耶山 急な登りが続きます
急な登りが続きます
六甲山・長峰山・摩耶山 東山南尾根道に合流しました
東山南尾根道に合流しました
六甲山・長峰山・摩耶山 ここから出てきました
ここから出てきました
六甲山・長峰山・摩耶山 岩場になると、もうすぐ東山山頂です
岩場になると、もうすぐ東山山頂です
六甲山・長峰山・摩耶山 東山山頂に到着
休憩中のハイカー方が見えます
東山山頂に到着 休憩中のハイカー方が見えます
六甲山・長峰山・摩耶山 東山山頂は大勢のハイカーで賑わっています
東山山頂は大勢のハイカーで賑わっています
六甲山・長峰山・摩耶山 馬の背1
馬の背1
六甲山・長峰山・摩耶山 馬の背2
馬の背2
六甲山・長峰山・摩耶山 さて、鞍部に降りていきましょう
さて、鞍部に降りていきましょう
六甲山・長峰山・摩耶山 鞍部の北側
馬の背北谷筋はここを下っていきます
鞍部の北側 馬の背北谷筋はここを下っていきます
六甲山・長峰山・摩耶山 最初のここだけ気を付けて
最初のここだけ気を付けて
六甲山・長峰山・摩耶山 振り返って
振り返って
六甲山・長峰山・摩耶山 後は、こんな感じの道になります
後は、こんな感じの道になります
六甲山・長峰山・摩耶山 浮石が多いので 注意しながら
浮石が多いので 注意しながら
六甲山・長峰山・摩耶山 この堰堤は左から
この堰堤は左から
六甲山・長峰山・摩耶山 直進すると すぐに横尾池横の広場に出ます
直進すると すぐに横尾池横の広場に出ます
六甲山・長峰山・摩耶山 裏馬の背方面に進み
激坂を登って振り返ると こんな感じ
裏馬の背方面に進み 激坂を登って振り返ると こんな感じ
六甲山・長峰山・摩耶山 急な登りが続きます
急な登りが続きます
六甲山・長峰山・摩耶山 急な登りが続きます
急な登りが続きます
六甲山・長峰山・摩耶山 視界が開けると
馬の背が見えるところに
視界が開けると 馬の背が見えるところに
六甲山・長峰山・摩耶山 険しい地形ですね
険しい地形ですね
六甲山・長峰山・摩耶山 馬の背の向こうには市街地と海が望めます
馬の背の向こうには市街地と海が望めます
六甲山・長峰山・摩耶山 馬の背を望みながら飲むコーヒーは格別です
馬の背を望みながら飲むコーヒーは格別です
六甲山・長峰山・摩耶山 ここから先は裏馬の背の本領発揮
ここ進めば、もう戻れません
(私の技術では)

(注)
大変険しいです
この先はこのルートの経験者と行かれるか、経験者の方が大丈夫と言われた方だけ行かれるのをお勧めします
ここから先は裏馬の背の本領発揮 ここ進めば、もう戻れません (私の技術では) (注) 大変険しいです この先はこのルートの経験者と行かれるか、経験者の方が大丈夫と言われた方だけ行かれるのをお勧めします
六甲山・長峰山・摩耶山 右に下っていきます

(注)
この先はほぼ踏み跡は無く
方向が掴みにくく、目印になるものも無いので迷子になる恐れがあります
右に下っていきます (注) この先はほぼ踏み跡は無く 方向が掴みにくく、目印になるものも無いので迷子になる恐れがあります
六甲山・長峰山・摩耶山 激下りです
激下りです
六甲山・長峰山・摩耶山 写真では判りませんが 激下りです
写真では判りませんが 激下りです
六甲山・長峰山・摩耶山 この先に進むと行き止まりで
ここを左側にトラバース
この先に進むと行き止まりで ここを左側にトラバース
六甲山・長峰山・摩耶山 険しいトラバース
踏み後はほぼ無いです
険しいトラバース 踏み後はほぼ無いです
六甲山・長峰山・摩耶山 堰堤の上部まで来ました
堰堤の上部まで来ました
六甲山・長峰山・摩耶山 堰堤の手前の左側の沢を少し進むと
右斜面にトラロープ ここを登ります
堰堤の手前の左側の沢を少し進むと 右斜面にトラロープ ここを登ります
六甲山・長峰山・摩耶山 横尾北道に合流します
横尾北道に合流します
六甲山・長峰山・摩耶山 横尾北道を歩いていると ホッとします^^
横尾北道を歩いていると ホッとします^^
六甲山・長峰山・摩耶山 横尾北道と別れ
水平の広い道を進みます
横尾北道と別れ 水平の広い道を進みます
六甲山・長峰山・摩耶山 突き当たりを下っていくと
突き当たりを下っていくと
六甲山・長峰山・摩耶山 ハンモック広場
ハンモック広場
六甲山・長峰山・摩耶山 よこお野路菊の丘
よこお野路菊の丘
六甲山・長峰山・摩耶山 高倉台団地と塩屋山手清玄町を繋いでいる
塩屋山手清玄高倉公園
高倉台団地と塩屋山手清玄町を繋いでいる 塩屋山手清玄高倉公園
六甲山・長峰山・摩耶山 あっ 色づいている
紅葉はもうすぐなのかな
あっ 色づいている 紅葉はもうすぐなのかな
六甲山・長峰山・摩耶山 第二神明道路を潜ります
第二神明道路を潜ります
六甲山・長峰山・摩耶山 階段を上って
階段を上って
六甲山・長峰山・摩耶山 ここ左に曲がって進むと縦走路と合流
今日は直進します
ここ左に曲がって進むと縦走路と合流 今日は直進します
六甲山・長峰山・摩耶山 広いところに出ると
右手上の方から住宅街に出れます
広いところに出ると 右手上の方から住宅街に出れます
六甲山・長峰山・摩耶山 この間から住宅街に出ます
この間から住宅街に出ます
六甲山・長峰山・摩耶山 振り返ったら、こんな感じです
振り返ったら、こんな感じです
六甲山・長峰山・摩耶山 今日の目的地
丸亀製麺 名谷東店です^^
今日の目的地 丸亀製麺 名谷東店です^^
六甲山・長峰山・摩耶山 これこれ これを食べに今日は来たのだ
これこれ これを食べに今日は来たのだ
六甲山・長峰山・摩耶山 タル鶏天ぶっかけ(冷)
追いタルをして
タルタル鶏天ぶっかけ(冷)なのだ(笑)
タル鶏天ぶっかけ(冷) 追いタルをして タルタル鶏天ぶっかけ(冷)なのだ(笑)
六甲山・長峰山・摩耶山 以前 ここで水を入れてる方がいました
 道端のこんな所で って感じです
以前 ここで水を入れてる方がいました 道端のこんな所で って感じです
六甲山・長峰山・摩耶山 おお 門が開いてる
ラッキー
おお 門が開いてる ラッキー
六甲山・長峰山・摩耶山 施錠されている時は
この隙間から(笑)
施錠されている時は この隙間から(笑)
六甲山・長峰山・摩耶山 門を入ってすぐに右の道を登っていきます
門を入ってすぐに右の道を登っていきます
六甲山・長峰山・摩耶山 ここは右に
ここは右に
六甲山・長峰山・摩耶山 急な坂です
急な坂です
六甲山・長峰山・摩耶山 縦走路と合流しました
旗振山山頂のすぐ横です
縦走路と合流しました 旗振山山頂のすぐ横です
六甲山・長峰山・摩耶山 旗振山より神戸市街地方面を望む
旗振山より神戸市街地方面を望む
六甲山・長峰山・摩耶山 旗振山より明石大橋方面を望む
旗振山より明石大橋方面を望む
六甲山・長峰山・摩耶山 縦走路を東方向に少し戻ります
左側の道がさっき登ってきた道です
縦走路を東方向に少し戻ります 左側の道がさっき登ってきた道です
六甲山・長峰山・摩耶山 右側に曲がり
山麓道方面に進みます
右側に曲がり 山麓道方面に進みます
六甲山・長峰山・摩耶山 山麓道と合流
山麓道と合流
六甲山・長峰山・摩耶山 山麓道は静かです
お気に入りの道
山麓道は静かです お気に入りの道
六甲山・長峰山・摩耶山 須磨裏道と合流
下っていきます
須磨裏道と合流 下っていきます
六甲山・長峰山・摩耶山 JR須磨駅から帰ります
JR須磨駅から帰ります

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす