老いの山。展望なし。 戻る 次へ

老いの山・城ノ越山(北峰)・城ノ越山(南峰)・三日月山の写真

2020.10.24(土) 10:23

老いの山。展望なし。

この写真を含む活動日記

27

30

05:07

10.0 km

694 m

老いの山・城ノ越山(北峰)・城ノ越山(南峰)・三日月山

立花山・三日月山・城ノ越山 (福岡)

2020.10.24(土) 日帰り

今日は三日月山、立花山を中心に11座を登頂する計画でしたが、結果、三日月山まで行って帰ってきました。 相方は、昼に所用があるとのことで、今回も一人旅です。 体調がよろしくないこともあり、朝計画を立て出発したため、最初から計画に無理がありました。 最終的には、香椎宮前駅→香椎神宮→老いの山→城ノ越山→三日月山→下原バス停で帰ってきました。 まずは、香椎神宮でお参りです。お陰で、今回途中滑落しましたが、多少の擦り傷で済みました。有り難うございます。 最初の老いの山までが、登山口がわからないし、登山道が障害物競争状態になっていて、激しく体力消耗しました。 そのあとは、かなり道は整備されていました。城ノ越山北峰と南峰とスムーズに山頂制覇しました。 そのから、長谷ダムに行く道を間違えて、三日月湖に降りる方向に来てしまいました。途中から道が途切れていたのに、道路が近いからと降りてしまったのが良くなかった。斜面を木に掴まりながら後ろ向きで降りていく途中、木がポキリと折れて、後ろ向きに滑落しました。 「あぁ~、しまった❗」と思った瞬間、斜面を転がっていました。気づくと、木が足の間に挟まって止まっていました。「良かった。生きてた。足痛いけど折れてなかった。」左足の脛が痛かったけど、手を当てて暫くすると痛みが引いたので、とりあえず、落とし物がなかったか確認したのち、ゆっくり斜面を降りていきました。 降りた先は三日月湖畔の旧道でしたが、新道とは高いフェンスで遮られていたので、新道に出るのに苦労しました。このルートは絶対行かないで下さい。 長谷ダムまで歩き、さらに尾根沿いを三日月山まで歩きました。なかなか歩きやすい道で、ハイカーと何人もすれ違いました。これなら、相方も喜ぶこと間違いなしでしょう。 三日月山山頂は、とても素晴らしい展望でした。それだけに人も多かったです。天気もよかったから、寝てる人もいましたね。 次に、立花山方面に向かう予定でしたが、今日は下山して、地図にある三日月温泉に寄って帰ろうとしましたが、三日月温泉はすでになくなっていました。残念です。そのままバス停まで歩いて、家にかえりました。