ここでフェイク看板。正規ルートは右 戻る 次へ

三郡山縦走 ~空腹と痙攣の間に~の写真

2020.10.24(土) 07:50

ここでフェイク看板。正規ルートは右

この写真を含む活動日記

52

30

07:40

18.2 km

1530 m

三郡山縦走 ~空腹と痙攣の間に~

宝満山・三郡山・若杉山 (福岡)

2020.10.24(土) 日帰り

今週、飯能の街をふらつくという不思議な夢を見ました。 白い象の像のところについた場面で起床。 これはもう次の帰省で飯能に行くしかないですね(笑) さて、今回は昨年から温めてきたプランの1つ、三郡山縦走に行ってきました。 これは昨年の赴任直後に登った井野山で出会ったおじさんから紹介してもらったルート。 本来なら春先に挑戦したかったのですが、コロナ禍で様子見をしているうちに半年が過ぎました^^; 地元の駅を始発で出発し、福北ゆたか線篠栗駅に到着したのが6:30頃。 駅前にローソンがあったんですが、これをスルーしたのが今回の最大の反省点となることを、この時の私は知る由もなかったのです。。。 篠栗駅を出発し、最初の若松山のめざしますが、キャンプ場を過ぎたところで猛烈な空腹を感じました(笑) 「いやいや、こんな出だしでハンガーノックとか恥ずかしいにもほどがある…!」 ここで、昼食用に持ってきていた菓子パンを1つパクリ。 と同時に、カバンの中を見ていて気が付きました。 「(ウィダー)in ゼリーを冷蔵庫に入れたまま忘れてきた( ̄□ ̄;)!!」 そうです。この時点で朝8時頃。 残る食糧は菓子パンもう1つだけ。 詰んだ・・・orz でも引き返すのを決めるのはまだ早い、はず。 菓子パン1個で2時間持つとしても、まだ4時間は歩ける、はず。 コースタイムからして三郡山を越えることは可能な、はず。 というわけで、ここから先は時間との闘い。 走ることができそうな場所は軽くトレランの真似事で進みます、(余計にエネルギーが消費されるにもかかわらず)。 ただ、この縦走路は結構な急坂が多く、微妙に走りずらかったです。 というか、ほとんど走っていないにもかかわらず、太ももが痙攣開始。 なんかちょっと今日はあまり体調が万全ではなかったのかも?? 途中、鬼岩谷で最後のパンを食べ、三郡山に到着したのが篠栗駅を出て5時間が経つ少し前。 ここからは基本的に下りですが、コースが岩々しいのと太ももの痙攣でスピードは全く出ず。 3度目の空腹を通り越して、もはやウォーキングデッド状態になりながら歩みを進めます。 脚がピクピクしながらもなんとか下山。 歩いた距離は18㎞そこそこなんですが、ちょっと自信を無くすくらいの結果となってしまいました。 天気が良ければ、次の休みに背振全山縦走を~、なんて考えていたんですけどね・・・、これはマジでどうしよう^^; 7時間で18km…、同じペースなら28時間で72km。。。 う〜ん。。。 それにしても宝満山は人が多かったですね~ どうやら、鬼滅の刃とやらのおかげで今まで登山に興味を持っていなかった若い世代が、麓の竈門神社に参拝に来たついでに宝満山に登るようになったみたいです。 脚と胃袋が限界だったので竈門神社には寄らずに帰ってきましたが、次に行った時にどのくらい聖地巡礼者の勢いがすごいのか見に行ってみようかな♪