燕岳・大天井岳/好天に恵まれた秋の北アルプス/中房温泉から燕山荘テント泊

2020.10.14(水) 2 DAYS

活動データ

タイム

15:22

距離

21.7km

上り

2384m

下り

2386m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 20
休憩時間
15
距離
7.1 km
上り / 下り
1542 / 294 m
5
38
58
1
20
27
DAY 2
合計時間
8 時間 1
休憩時間
13
距離
14.6 km
上り / 下り
833 / 2091 m
11
21
31
2
42
38
11
27
31
2
1 30

活動詳細

すべて見る

今年はなんやかんやあって夏休みというものが取れずにいましたがダメもとで有給の申請をしたところなんとOKが出ました。 ということで遅めの夏休みを満喫するべく急遽予定を組んで北アルプスへ行ってきました。 最初はYoutubeで引きのある八峰キレットをと思い以前10月にテント泊したことのある冷池山荘を予定していましたが今年はコロナの影響ですでに終了とのこと。 テント泊の予約をしていれば事前に知れたのですがついうっかりで予約を忘れたため登山口で知ることとなり。。 急遽の予定変更でテントの事前予約なしで泊まれる常念小屋、そしてその後にテント泊のWeb予約をして燕山荘へ行くことにしました。 常念岳・大天井岳縦走を無事終え、一日休息を入れるか迷いましたが平日に北アルプスに登れる機会はめったにないので翌日には燕岳への登山を開始。 疲れは当然ありますが登りだせばすぐに修行僧モードへ入り黙々とただモクモクと登れてしまいます。 いままで一週間以上の縦走や8日間連続登山とかアホみたいに登っていたこともあったし意外となんとかなる。 やればできる。 コースタイムより遅い到着となりましたが無事に燕山荘に到着してテントを張り、その後に快晴の燕岳へ登頂を果たすことが出来ました。 平日の北アルプスに来ることがほとんどないので混雑についてはよくわかりませんでしたが、暗いうちの駐車場でもすでに車がたくさんあって明るくなるころには第一・第二駐車場は満車。 第三駐車場については見ていないのでわかりませんがさすが人気の燕岳、そして表銀座の入り口。 もちろん登山者もたくさんいて静かな平日登山とはいきませんでした。 テント場は予約を制限しているのか定員の半分15張りほどでした。 二日目はせっかくテントを担いできたのでという謎のもったいない精神で早起きして大天井岳への縦走を決行。 朝はガスガスでしたが歩いているうちに少しずつ青空が見え始め大天井岳に着くころには絶景を楽しむことが出来ました。

常念岳・大天井岳・燕岳 第一駐車場。 このころには既に満車です。
第一駐車場。 このころには既に満車です。
常念岳・大天井岳・燕岳 第二駐車場。 明るくなるころにはここも満車。
第二駐車場。 明るくなるころにはここも満車。
常念岳・大天井岳・燕岳 中房温泉の入り口、登山相談所と登山ポストがあります。
中房温泉の入り口、登山相談所と登山ポストがあります。
常念岳・大天井岳・燕岳 左手の建物がトイレ、正面奥の建物が小屋で日帰り入浴や飲み物の購入ができるようだが利用したことが無いので詳細不明です。 右手には水場もあります。
左手の建物がトイレ、正面奥の建物が小屋で日帰り入浴や飲み物の購入ができるようだが利用したことが無いので詳細不明です。 右手には水場もあります。
常念岳・大天井岳・燕岳 最初は特に急坂で、第一ベンチの近くまでは急坂が続きます。
最初は特に急坂で、第一ベンチの近くまでは急坂が続きます。
常念岳・大天井岳・燕岳 天気が良いですねぇ。 紅葉のピークはもう少し上の方かな。
天気が良いですねぇ。 紅葉のピークはもう少し上の方かな。
常念岳・大天井岳・燕岳 第一ベンチ。 いくつかのベンチと水場への分岐があります。
第一ベンチ。 いくつかのベンチと水場への分岐があります。
常念岳・大天井岳・燕岳 水場に寄ってみました。 思ってたより近くにありましたが水が地面を流れているので汲むのはツラそうなので登山口で確保した方がよさそうです。
水場に寄ってみました。 思ってたより近くにありましたが水が地面を流れているので汲むのはツラそうなので登山口で確保した方がよさそうです。
常念岳・大天井岳・燕岳 第二ベンチ。 最初の急坂ほどではないですが第一ベンチからは急坂が続きます。
第二ベンチ。 最初の急坂ほどではないですが第一ベンチからは急坂が続きます。
常念岳・大天井岳・燕岳 第三ベンチ。 第二ベンチから第三ベンチの間は比較的緩やかな道でした。
第三ベンチ。 第二ベンチから第三ベンチの間は比較的緩やかな道でした。
常念岳・大天井岳・燕岳 富士見ベンチ。 第三ベンチからは北アルプス三大急登らしく体力的に厳しい登りが続きました。
富士見ベンチ。 第三ベンチからは北アルプス三大急登らしく体力的に厳しい登りが続きました。
常念岳・大天井岳・燕岳 合戦小屋。 富士見ベンチからは比較的なだらかな登り。 それにしてもオサレな雰囲気の小屋ですね。 名物のスイカの季節じゃないのが残念です
合戦小屋。 富士見ベンチからは比較的なだらかな登り。 それにしてもオサレな雰囲気の小屋ですね。 名物のスイカの季節じゃないのが残念です
常念岳・大天井岳・燕岳 合戦沢ノ頭。 遠くに小さく燕山荘が見えました! 右の方に見えるのは燕岳かしら。 ここまで来れば燕山荘はもうすぐです。
合戦沢ノ頭。 遠くに小さく燕山荘が見えました! 右の方に見えるのは燕岳かしら。 ここまで来れば燕山荘はもうすぐです。
常念岳・大天井岳・燕岳 合戦沢ノ頭からは緩やかな登りが続き、この日は天気も良かったので気分よく歩けます。
合戦沢ノ頭からは緩やかな登りが続き、この日は天気も良かったので気分よく歩けます。
常念岳・大天井岳・燕岳 いよいよ近づいてきました燕山荘。 もうすぐだー 天気がよいー
いよいよ近づいてきました燕山荘。 もうすぐだー 天気がよいー
常念岳・大天井岳・燕岳 燕山荘。 多分自身三回目の燕山荘。 背中のテントを下すことが出来るのでホッとしています。
燕山荘。 多分自身三回目の燕山荘。 背中のテントを下すことが出来るのでホッとしています。
常念岳・大天井岳・燕岳 テントを張ってから北アルプスの女王・燕岳を目指します。
テントを張ってから北アルプスの女王・燕岳を目指します。
常念岳・大天井岳・燕岳 燕山荘から近そうに見えて意外と遠い燕岳、けっこう細かいアップダウンが続きます。
燕山荘から近そうに見えて意外と遠い燕岳、けっこう細かいアップダウンが続きます。
常念岳・大天井岳・燕岳 いよいよこの上が燕岳ですが、風が強めに吹いていて寒いです。
いよいよこの上が燕岳ですが、風が強めに吹いていて寒いです。
常念岳・大天井岳・燕岳 山頂~ 良い天気~。
山頂~ 良い天気~。
常念岳・大天井岳・燕岳 北の方、北燕岳方面。
北の方、北燕岳方面。
常念岳・大天井岳・燕岳 燕山荘・大天井岳方面、残念ながら槍は雲に巻かれています。
燕山荘・大天井岳方面、残念ながら槍は雲に巻かれています。
常念岳・大天井岳・燕岳 翌朝。

ガッスガスですがせっかくなので早起きして大天井岳まで往復してきます。
翌朝。 ガッスガスですがせっかくなので早起きして大天井岳まで往復してきます。
常念岳・大天井岳・燕岳 相変わらずガッスガスですがアップダウンがほとんどないので体力的にはラクラクです。
相変わらずガッスガスですがアップダウンがほとんどないので体力的にはラクラクです。
常念岳・大天井岳・燕岳 石の門を通過。 スゴい岩でしたけど晴れてるときに見たかった。
石の門を通過。 スゴい岩でしたけど晴れてるときに見たかった。
常念岳・大天井岳・燕岳 大下りノ頭。 奥にうっすら槍が見えてますね。 ここまでアップダウンはほどんどなかったですけどここから大きく下ってまた登り返します。
大下りノ頭。 奥にうっすら槍が見えてますね。 ここまでアップダウンはほどんどなかったですけどここから大きく下ってまた登り返します。
常念岳・大天井岳・燕岳 大天井岳と大天荘が見えてきました。 天気がどんどん良くなってきています。
大天井岳と大天荘が見えてきました。 天気がどんどん良くなってきています。
常念岳・大天井岳・燕岳 大天荘・大天井岳への最後の登り。 燕~大天井間は基本登り下りの少ない道が多いですが最後のここは急坂です。
大天荘・大天井岳への最後の登り。 燕~大天井間は基本登り下りの少ない道が多いですが最後のここは急坂です。
常念岳・大天井岳・燕岳 大天荘。 ここでカップ麺と飲み物を買って一休み。 大天井岳はこの小屋の裏、10分程歩いたところです。
大天荘。 ここでカップ麺と飲み物を買って一休み。 大天井岳はこの小屋の裏、10分程歩いたところです。
常念岳・大天井岳・燕岳 大天井岳山頂~ 快晴!絶景!寒い!
大天井岳山頂~ 快晴!絶景!寒い!
常念岳・大天井岳・燕岳 燕岳方面。
燕岳方面。
常念岳・大天井岳・燕岳 槍穂方面。
槍穂方面。
常念岳・大天井岳・燕岳 常念岳方面。
常念岳方面。
常念岳・大天井岳・燕岳 Youtube動画もよろしくお願いいたします。
Youtube動画もよろしくお願いいたします。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。