新奥の細道紀行No5小学唱歌「牧場の朝」が流れるみち No6乙字ヶ滝と歴史を訪ねるみち-2020-10-21

2020.10.21(水) 日帰り

活動データ

タイム

04:43

距離

25.9km

上り

306m

下り

261m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 今日は日本全国晴れの予報に誘われ「新奥の細道」をミニバイクで歩いてみました、最初はNo5のコース(8.1km)だけのつもりでしたが、まだ余裕があったので近くのNo6(9.1km)にも挑戦してみました、しかしそれは無謀だったようです、走行距離が37Kmにもなるとは思いませんでした、もうくたくたです、足が棒です、やはり歳を考えないといけませんでした。  でもコースは田園風景や果樹園あり、変化に富んでいて面白かったです、道のそばには手の届くところにリンゴがたくさんあったので食べようと思ったのですが、やはり良心が咎め食べませんでした、エライかな!。

 矢吹町の大池公園からスタートです。
矢吹町の大池公園からスタートです。
 この公園は良く整備された素晴らしい公園です、町民の憩いの場のようで、たくさんの町民の方が散策してました。
この公園は良く整備された素晴らしい公園です、町民の憩いの場のようで、たくさんの町民の方が散策してました。
 唱歌「牧場の朝」のイメージでグリーンロードと命名された道路だそうです。
唱歌「牧場の朝」のイメージでグリーンロードと命名された道路だそうです。
 鏡石町の誇る「鳥見山公園」が見えてきました、正面は陸上競技場です。
鏡石町の誇る「鳥見山公園」が見えてきました、正面は陸上競技場です。
 公園の案内板です。
公園の案内板です。
 この公園はとても広いです、その中に遊歩道や総合運動場が整備されています。
この公園はとても広いです、その中に遊歩道や総合運動場が整備されています。
 花々もいっぱい咲いてました。
花々もいっぱい咲いてました。
 岩瀬牧場に着きました、今日は天気が良いせいか、たくさんの子供たちがはしゃいでいました。ここまでがNo5のコースです。
岩瀬牧場に着きました、今日は天気が良いせいか、たくさんの子供たちがはしゃいでいました。ここまでがNo5のコースです。
 No6のコースに来ました、最初は「大塚古墳」です、6世紀後半ごろの古墳だそうです。
No6のコースに来ました、最初は「大塚古墳」です、6世紀後半ごろの古墳だそうです。
 以前は中に入れたそうですが、この前の台風で崩れたところがあり、今は入れません。
以前は中に入れたそうですが、この前の台風で崩れたところがあり、今は入れません。
 この後はしばらく果樹園の中を歩きます、ひとつ頂こうかなと思いましたが、良心が咎め止めました、エライ!
この後はしばらく果樹園の中を歩きます、ひとつ頂こうかなと思いましたが、良心が咎め止めました、エライ!
 「乙字ヶ滝」にやってきました、阿武隈川が乙字形の滝をなすから命名されたと書いてありました。
「乙字ヶ滝」にやってきました、阿武隈川が乙字形の滝をなすから命名されたと書いてありました。
 松尾芭蕉がここで読んだ句碑がありました。
松尾芭蕉がここで読んだ句碑がありました。
 厳峯寺開山碑。平安時代中興開山の僧 空谷禅師の供養碑だそうです。
厳峯寺開山碑。平安時代中興開山の僧 空谷禅師の供養碑だそうです。
 石造五輪塔です。藤原時代の末に源基光の為に作られた。国指定重要文化財。
石造五輪塔です。藤原時代の末に源基光の為に作られた。国指定重要文化財。
 元々は5段重ね(下から土輪・水輪・火輪・風輪・空輪)だったが今は3段でした(風輪と空輪がない)。
元々は5段重ね(下から土輪・水輪・火輪・風輪・空輪)だったが今は3段でした(風輪と空輪がない)。
 厳峯寺は1000年前の平安時代に創建された寺だそうです。
厳峯寺は1000年前の平安時代に創建された寺だそうです。
 元々は観音山の山頂にあったものが、福島空港を作るために山が削られ、ここに移管されたそうです。白樺山厳峯寺参道です。
元々は観音山の山頂にあったものが、福島空港を作るために山が削られ、ここに移管されたそうです。白樺山厳峯寺参道です。
 仁王門がありました、運慶作らしいです。
仁王門がありました、運慶作らしいです。
 傍には謂れの案内板があります。
傍には謂れの案内板があります。
 本堂です。
本堂です。
 江戸時代中期の紅白の木馬が内蔵されてました、寄木作りの貴重な文化財です。
江戸時代中期の紅白の木馬が内蔵されてました、寄木作りの貴重な文化財です。
 すぐ近くに福島空港が見えます。
すぐ近くに福島空港が見えます。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。