紅葉の石鎚山へ

2020.10.18(日) 日帰り
キー坊
キー坊

活動詳細

もっと見る

石鎚山に登ってきました 色んな方がここの紅葉は素晴らしいと言い、そして度々ここの写真を見るので是非とも行ってみたい… となり、前日に車で石鎚山ロープウェイの駐車場まで来て車中泊しました この日は日曜日、おまけに紅葉シーズン こうなるだろうとは思ってたけど、やはり人が多い 始発のロープウェイから順番を待つ人々でごった返し 成就駅に着くと既に沢山の方が登山の準備 僕もそれに続き、登山を開始 1300mくらいだと紅葉が始まっており、所々葉が黄色付いている 登っていけば行くほど、紅く色付いた木も現れ始め、既に目にも楽しい ただ前日に雨が降っていたこともあり、地面はぬかるみが多い 木の階段だと結構滑りやすい 整備はしっかりされているけど木道や階段は雨の日は怖いですね そして試しの鎖に着いた、のですがやはり雨で表面が滑りやすくなっている 事前に試しの鎖が1番キツい、と聞いていたため、ここで僕のチキンハートが発動(笑) ヘルメットも持ってきてたけど試しの鎖はスルーして巻道で登りました(笑) でも流石に鎖を一つも登らないのはこの山に来た意味がないと思い、一の鎖はトライ! 石鎚山の鎖は太く頑丈だけど、やはり前日の雨で岩肌が滑りやすい 何度か足が滑ったりしたけど何とかクリア! やはり鎖を登るのは怖いけど、登り切った後は達成感がある 中腹辺りに着くと山が緑と黄色と赤に色付いていく! そして高曇りだった空がだんだんと晴れ渡っていく! まさしく紅葉の絨毯… 登るたびに感動が増していく… なんて良い山なんだろう 何度も何度も立ち止まってカメラを構えてしまう まだ頂上に着いてないのに既に満足感がある でも天狗岳の姿を拝まないと意味がない! 中腹から見える天狗岳を目指してさらに登っていく で、二の鎖も行こうとしてたけど間違って巻道に行ってしまい、面倒になったのでスルー(笑) 三の鎖はちゃんと登ろうと挑戦! 三の鎖は70mほどの高さ、これを登ればもう石鎚山の頂上の弥山だ ほぼ垂直な壁を登っていく 流石にかなり慎重になって登る 鎖にも足をかける所があるのでまだ登りやすいけど、それでもかなり足の置き場などを確認しながら登る そして山頂に登頂! 登ると目の前には天狗岳! 天に突き刺すようなシルエット、なんてカッコいいのだろう! 山頂は紅葉は結構散ってしまっていましたが、それでもいくらか残ってて十分な見応え そして凄い人、人、人…(笑) 流石紅葉シーズンの日曜日… でも皆んなここの紅葉を見たいのだろうな 荷物を置いて天狗岳を目指す が、ここも凄い渋滞… 道も狭いし行く人と戻ってくる人が交互に行き交う事になるので時間がかかる… 本来なら10分くらいで着くらしいですが、山頂に着いて戻ってくるまで1時間もかかってしまいました…(笑) しかし山頂から中腹を見下ろした時は、まさしく紅葉の絨毯 時間はかかったけどずっとこの景色を見ていたいと思うくらいに美しい風景 なんて壮観 逆に時間かかって良かったかもしれない 戻ってきてやっと昼ごはん マルタイラーメンにチャーシューとメンマを入れて食す、美味い! ご飯を食べてからもしばらく山の写真を撮る 雲のかかった天狗岳も撮りたくてしばらく粘っていたら段々と雲が出てきてその瞬間をパシャリ 撮りたいの撮れたかな? でもまだまだだなぁ、もっと勉強が必要だ 十分頂上を堪能したので下山 というか堪能しすぎた…(笑) 降る時は山はすっかりガスの中 本当にあっという間に天気が変わるなぁ でも降りて行くたびに天気も徐々に晴れ間が ロープウェイ手前くらいに来ると瓶ヶ森の姿が 雲の上にある瓶ヶ森も凄い綺麗… いつかあそこも登ってみたい あっちから見る石鎚山はどんな感じなんだろう ロープウェイの駅で瓶コーラを飲む やっぱ下山コーラは至福、しかも瓶とかちょっと嬉しい また来年もここの紅葉を見にこようと決意してロープウェイに乗り込み、下山しました 素晴らしい山行でした 本当に今年登った山の中でもかなり満足度が高い登山でした 紅葉を本当に満喫出来たし、何より石鎚山の姿のカッコよさに惚れてしまいました(笑) 来年は泊まりで来たいですね、朝焼けの天狗岳を撮ってみたい 石鎚山は鎖もありますが不安なら巻道もあるので、自分のレベルに合わせて難易度を変えれる山だと思いました 一度はこの山の紅葉を見に来ては如何でしょうか?

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。