戻る 次へ

横川越(ボーギのキビレ)経由 向半四郎山・半四郎山・広見山・旧羅漢山の写真

2020.10.18(日) 13:35

この写真を含む活動日記

46

21

08:18

21.3 km

1636 m

横川越(ボーギのキビレ)経由 向半四郎山・半四郎山・広見山・旧羅漢山

恐羅漢山 (広島, 島根)

2020.10.18(日) 日帰り

初の向半四郎~広見山縦走、定番コースもいいけれど、以前より気になっていた横川越(ボーギのキビレ)から周回することにした。 獅子ケ谷登山口スタートを目論んだものの通行止め、少し手前から歩くことになる。 十方山林道下山橋よりマクゴロウ谷に入る。地理院破線道が消滅していることは覚悟の上。沢登り気分で歩きやすい所を選んで詰める。なかなか峠が現れずGPS確認すると、手前200mでコースアウトし右側の枝沢をかなり高いところまで登ってしまっていたことに気付く。 流量の多さから方位確認を怠り本流と思い込んでしまった判断ミス1。次にトラバースして主稜線に出ようとしたのが判断ミス2。身動きの取れない笹ヤブ急斜面トラバースに悪戦苦闘。これで約40分のロス。素直に下って登り返せばどれだけ楽だったことか。林道広見線に出た時点で既に11:20。う~む。 ここから向半四郎登山口までランで稼ぐ。素直に登れば良いものをつい習性でR488を偵察。戻って登りかけた時にあろうことか痙攣の兆候。これはマズイ。ヤブとの格闘が原因であることは間違いない。進むにしろ戻るにしろ3時間以上かかる。ならば進むしかない。コムレケア服用し急がず止まらず歩く。晴天の広見・半四郎連山のすばらしさは語るまでもないが先は長い。 旧羅漢山に到着したのは日も傾き始めた15:15。展望岩より歩いて来た稜線を眺めやる。ここまで持ちこたえてくれた脚に感謝。あとは獅子ケ谷登山口目指し駆け下るのみ。16:09帰着。