20201018金山沢

2020.10.18(日) 日帰り
ゆゆゆ
ゆゆゆ

活動データ

タイム

04:14

距離

7.0km

上り

370m

下り

162m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

最近ちょっと気になっていた沢。 地形図ではすごいゴルジュが出てくる感じもするけど、その割に噂もあまり聞かないし、なんなのここ?と思い… ゴールの林道入り口ゲートに自転車デポし、スタート地点へ車を回す。 明るく広い林道を歩き、ラルマナイ川を渡渉して入渓。 沢はほぼ河原歩きでブタ沢の様相。 ロープもハーネスも、お助けすらもいらない感じだが、とにかく今時期は紅葉がいい。 ムキタケなどのキノコもちらほら、魚影は寒いからか見られない。 林道に上がる直前で焚き火をして遊ぶこともできるし、ないと思っていたちょっとした滝もいくつかあった。 朝、吐く息が白い中での出発だったが、日差しと紅葉に癒やされつつ、いい一日を過ごすことができた。 ※二股から先の記録は 20201031様茶平(金山沢左股~右股) https://yamap.com/activities/8440157

札幌岳・空沼岳 ラルマナイ林道からはいる
入り口に大きなスペースがあって数台車を停めることができる
ラルマナイ林道からはいる 入り口に大きなスペースがあって数台車を停めることができる
札幌岳・空沼岳 広くて立派な林道
広くて立派な林道
札幌岳・空沼岳 ラルマナイ川の川床が広くて遠くからだと沢があるんだかないんだか?という感じだが、左右に尾根が張り出していて間に沢型がありそうだなーというところが目視できたので迷わず行けました
青く静かな玉砂利の入り口から入渓
ラルマナイ川の川床が広くて遠くからだと沢があるんだかないんだか?という感じだが、左右に尾根が張り出していて間に沢型がありそうだなーというところが目視できたので迷わず行けました 青く静かな玉砂利の入り口から入渓
札幌岳・空沼岳 ちょっと歩くと白い岩肌の渓谷になり
紅葉の彩りと相まって目を奪われる
ちょっと歩くと白い岩肌の渓谷になり 紅葉の彩りと相まって目を奪われる
札幌岳・空沼岳 岩はもろいそうです
大きな蜂の巣があった
岩はもろいそうです 大きな蜂の巣があった
札幌岳・空沼岳 平凡な何もない河原だが、紅葉のお陰でちっとも暇しない
平凡な何もない河原だが、紅葉のお陰でちっとも暇しない
札幌岳・空沼岳 時々白い岩壁が現れる
時々白い岩壁が現れる
札幌岳・空沼岳 白く滑らかにえぐれている
このポイントの壁は砂が圧縮された壁で、何度か出てきた白い岩壁とは違うものです
ポンベツ川右股を詰めていって、ゴールで現れる大滝の壁と似た感じ
白く滑らかにえぐれている このポイントの壁は砂が圧縮された壁で、何度か出てきた白い岩壁とは違うものです ポンベツ川右股を詰めていって、ゴールで現れる大滝の壁と似た感じ
札幌岳・空沼岳 柱状節理が現れる沢では何かが出てくる
柱状節理が現れる沢では何かが出てくる
札幌岳・空沼岳 やはり滝がありました
やはり滝がありました
札幌岳・空沼岳 小滝で簡単、ロープ不要
小滝で簡単、ロープ不要
札幌岳・空沼岳 上から
上から
札幌岳・空沼岳 ゴルジュっぽい渓相だけど概ね水深は浅い
ゴルジュっぽい渓相だけど概ね水深は浅い
札幌岳・空沼岳 この滝は登れそうにも思えたけど、水量がちょっと多いように思われたので左から巻くことに
この滝は登れそうにも思えたけど、水量がちょっと多いように思われたので左から巻くことに
札幌岳・空沼岳 登り切ったところ
上にもう一段あったのでまとめて巻いた
登り切ったところ 上にもう一段あったのでまとめて巻いた
札幌岳・空沼岳 この木だけビロードのように深い赤に染まっていた
この木だけビロードのように深い赤に染まっていた
札幌岳・空沼岳 左から行くと結構水に浸かる
右から行くと途中まで楽々だが、最後水に降りるとき難儀する
左から行くと結構水に浸かる 右から行くと途中まで楽々だが、最後水に降りるとき難儀する
札幌岳・空沼岳 入りたくないがへつるのもなぁ…
入りたくないがへつるのもなぁ…
札幌岳・空沼岳 やはりこれくらい浸かってしまうので、私は少し戻って右岸のルンゼから巻きました
労力はさほどでもないし、笹を掴んで降りることができた
やはりこれくらい浸かってしまうので、私は少し戻って右岸のルンゼから巻きました 労力はさほどでもないし、笹を掴んで降りることができた
札幌岳・空沼岳 橋が見えてきた
この橋の向こうに砂防ダムがあるので、右岸から1度橋にあがって砂防ダムを巻く
橋が見えてきた この橋の向こうに砂防ダムがあるので、右岸から1度橋にあがって砂防ダムを巻く
札幌岳・空沼岳 橋の先もなかなかいい
橋の先もなかなかいい
札幌岳・空沼岳 いわゆるブタ沢に近いけど、この季節はかなりいいと思う
上半身はほぼ濡れないし
いわゆるブタ沢に近いけど、この季節はかなりいいと思う 上半身はほぼ濡れないし
札幌岳・空沼岳 柱状節理が続き、ところどころ小滝が出てくる
岩はぬめるのではないが、表面が非常に滑らかなためにすべるので油断できない
柱状節理が続き、ところどころ小滝が出てくる 岩はぬめるのではないが、表面が非常に滑らかなためにすべるので油断できない
札幌岳・空沼岳 ダイモンジソウですね?
ダイモンジソウですね?
札幌岳・空沼岳 ゴールに設定していた二股
まだ先に行ってみたい雰囲気だが今日は我慢
ゴールに設定していた二股 まだ先に行ってみたい雰囲気だが今日は我慢
札幌岳・空沼岳 地図上の点線の道(沢と沢の間のやつ)はどうやら現存しているもよう
地図上の点線の道(沢と沢の間のやつ)はどうやら現存しているもよう
札幌岳・空沼岳 時間あるので焚き火で遊ぶ
流木がたくさんあったのと、折れて乾いた松の枝やガンビを見つけることができたので、割と容易に火をつけることができた
時間あるので焚き火で遊ぶ 流木がたくさんあったのと、折れて乾いた松の枝やガンビを見つけることができたので、割と容易に火をつけることができた
札幌岳・空沼岳 ゆっくり休憩したので石を積んで火の始末
ゆっくり休憩したので石を積んで火の始末
札幌岳・空沼岳 点線の林道は地図の位置とは少しずれているようだ
点線の林道は地図の位置とは少しずれているようだ
札幌岳・空沼岳 しばらく歩くと現場事務所みたいなのが、人はいなかった
しばらく歩くと現場事務所みたいなのが、人はいなかった
札幌岳・空沼岳 うち捨てられた車
うち捨てられた車
札幌岳・空沼岳 ほどなくチャリデポ地点
ほどなくチャリデポ地点
札幌岳・空沼岳 チャリで車とりにいく
時節柄車が多く、MG‐R氏のせいでちょっと渋滞気味になってるし…
チャリで車とりにいく 時節柄車が多く、MG‐R氏のせいでちょっと渋滞気味になってるし…
札幌岳・空沼岳 この付近でピックアップしてもらった
スタート地点までは自動運転で下って行けて、10分位で着いたそうです
この付近でピックアップしてもらった スタート地点までは自動運転で下って行けて、10分位で着いたそうです
札幌岳・空沼岳 トップ画像
トップ画像

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす