ムーミンを探しに 秋田駒ヶ岳

2020.10.18(日) 日帰り
しょう
しょう

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

二百名山4座目となる『秋田駒ヶ岳』。こちら会社の取引先の方から教えてもらい、知るきっかけとなりました。さらに『ムーミン谷』があるとか。行かないわけにはいかない! 朝3時起き(つらい)。3時間かけ『アルパこまくさ』へ。そこからバスで8号目へ。晴れたと思いきや見慣れた光景、ガスです。最近スッキリとは晴れてはくれないものの、天気は何とかなりそう。 視界の悪い白い世界を登る。すると、早速木道に差し掛かった辺りから、空が見え始め秋田駒ヶ岳の最高峰『男女岳』の姿が!チャンスとばかりに『男女岳』を駆け上がり登頂。遠くで広がる雲海が素晴らしい。これから登る山々も見え始める。太陽の光が生み出す山々のコントラストが美しい! 気分ノリノリで『男岳』へ。こちら意外と尖ってる。いろいろな意味で。名前通りの印象を受けながら無事『男岳』登頂です!田沢湖の景色は感動もの。 続いて、『女岳』へ。こちら、1970年に噴火しており、今でも湯気が所々からでている?他の山と比べ、登る方が少ない。恐らく自己責任なのだろう。 『男岳』からくだるも、道幅が狭く、小石がゴロゴロ。案の定、下りが苦手なので一度ズルッと滑って尻もち&ちょい出血。やはり『男岳』は尖ってます。いろいろな意味で。 大苦戦の後、下山し『女岳』への登山スタート!速攻で登山道の痕跡が分からなくなり、垂直に登る。溶岩の岩?に緑色の苔?がよく目立つ。フワフワな感じ。山頂付近を右往左往したが、ピークが分からずで、そそくさ下山しました。 続いて木道を通ってムーミン谷へ。何と言うか静かで壮大です。山々に囲まれ、ひっそりと存在し、とても心落ち着く場所。夏には高山植物が咲き誇るらしい。 ムーミン谷を後にし、途中歩きづらいと教えてくれた通りの『大焼砂』を通過し『横岳』へ。正直山頂がよく分からず。。。続け様に『焼森』。う〜ん、何もない!『男女岳』の景色は格別かも。 その後、『湯森山』へ。背丈を超える笹薮に苦戦するも登頂です。そして本日最後となる『笹森山』へ向かいます。名前の所以かどうか分からないけど、笹が多い多い。そして足下見えず。足首が弱いので、ここは慎重に進む必要があります。すでに足はボロボロの中、無事登頂。14:05のバスに乗りたかったので、急いで下山。発車5分前でギリギリセーフ! 今回も巡りたい山々が多かったため、スピード登山となりました。そうそう、ムーミンに似た登山者はいましたが、ムーミンを見つけることができなかったので、もう一度くる口実にします。次来る時は、高山植物を見に、ゆったり登山で巡りたいと思います。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす