還暦登山隊 紅葉の大岳・青雲岳・守門岳へ😀

2020.10.18(日) 日帰り
ハマオヤジ
ハマオヤジ

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

10月になり還暦登山隊の最初の山行はどうしようかと🤔 土曜日の天気が問題無ければ、テント泊⛺️も考えていましたが、天気が🌧️や🌨️…そして寒い🙄 日曜日の日帰り山行は、月曜日からの仕事、何より帰りの交通渋滞が嫌で基本避けていますが、ヤマッパーの皆さんの紅葉🍁レポを拝見し、かねてから登ってみたかった、日本二百名山の守門岳⛰️へ行ってまいりました。大岳~青雲岳~守門岳(袴岳)の縦走コースです。 百名山ハンターの相方トッティさんは、未踏の百名山・苗場山をご希望のようでしたが、今回は小生の希望、未踏の守門岳とさせてもらいました。🤗 ※活動データのGoalタイムは駐車場で30分操作忘れしています😅 ●登山コース (登山口) 保久礼(ホッキュウレ)登山口 二口登山口から更に車で10分ほど林道を登ります。 各登山口迄の林道は舗装路ですが、車のすれ違いは困難、所々の待避スペースが頼りです。 駐車場は30台くらい駐車可、我々が到着した6時前には4台の車🚙がありました。 (登山コース) 登山コースは概ね、3つのエリアになっています。 1.階段エリア 2.U字の溝歩きエリア 3.激下り登り返しと木道エリア 1.階段エリア (保久礼小屋~避難小屋分岐) 保久礼小屋の脇から階段登りが始まります、途中の避難小屋への分岐あたりまで、ひたすらブナの樹林帯の階段登りが続きます。 2.U字の溝歩きエリア (避難小屋分岐~大岳手前) 階段エリアが終わると次は、登山道がU字にえぐられたルートになります。登山者が多い事がうかがわれますが、粘土質の土と石が混在し降雨後でもあり、滑る、滑る😖 3.激下り登り返しと木道エリア (大岳~袴岳) 大岳山頂は祠と鐘がありますが、それ程スペースはありません。別ルートの登山道との合流地点でもあります。 大岳のピークを過ぎると次の青雲岳へは一旦鞍部まで激下りし登り返します。下る途中からは雲海と連なる綺麗な山並みが見えました。 青雲岳の山頂部分は、やはり鐘があり、木道のある草原となっていて、眼前には袴岳のピークが現れます。 一旦下り登り返すと袴岳山頂、袴岳山頂は山頂標識の後ろに鐘があり、360°の大パノラマで、越後三山、尾瀬や奥日光の山々、近くには日本三百名山の浅草岳も見えます。 ※鞍部への下りは降雨後でもあり、かなり滑りました、女性登山者がスッテンころりんと転んでいました。 (感想) 守門岳は手軽に登れる地元では人気の山⛰️のようで、眺望も素晴らしく、期待通りの山でした。山頂は多くの登山者で大にぎわい、駐車場にも地元ナンバーの車🚙が多く見られました。 我々が駐車場に戻った時に地元のご夫婦から、『紅葉🍁はどうでしたか?』と声をかけていただき、暫く山のお話をしましたが、帰られる際に、我々が日帰りで横浜から来たと聞き、『帰りの車で食べて』とお煎餅🍘をいただきました、ありがとうございました‼️

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす