松尾山

2020.10.18(日) 日帰り
たかだ
たかだ

活動データ

タイム

01:09

距離

3.5km

上り

266m

下り

267m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今から420年前、慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)、 天下分目の関ヶ原の合戦があったと言うことで、歴史を感じるため南宮山と松尾山に行きました。(たまたま日付が近いのを知って行き先を決めただけではありますが。。。) 【松尾山】 松尾山=天下分目の戦いで勝敗を決めた小早川の陣跡です。 山道は非常に整備されており、登山向きと言うより歴史散策向けの佇まいでした。 山頂は、the山城といった雰囲気で、堀やら虎口やら盛り土やらが残っており、臨時拠点とは異なった整備された陣跡でした。 また、伊吹山の頂きから目線を下ろせば、そこには関ヶ原の長細い平野が広がっており、開戦の地を始め各武将の陣跡を眺めることが出来ました。 今の日本人を形成した江戸時代の始まりを決定づけた地と考えると、歴史深い山だなと感じました。 登山時間は短いため、周辺の歴史散策と合わせて登るのも良いかと思いました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす