収穫祭と雷山20201018

2020.10.18(日) 日帰り
HBたか
HBたか

雷山に登ってから、Naotaki家で収穫祭だぜ。

古津駅から、今日は秋晴れだ。

古津駅から、今日は秋晴れだ。

古津駅から、今日は秋晴れだ。

新津駅で乗り換えだ。

新津駅で乗り換えだ。

新津駅で乗り換えだ。

電車は空いている。

電車は空いている。

電車は空いている。

五泉駅に着いた。

五泉駅に着いた。

五泉駅に着いた。

雷山へ向かう。写真の先は正面が不動堂山、左が福蓮寺山だ。

雷山へ向かう。写真の先は正面が不動堂山、左が福蓮寺山だ。

雷山へ向かう。写真の先は正面が不動堂山、左が福蓮寺山だ。

永谷寺

永谷寺

永谷寺

ほー、負けたのか。今は雷山が勝ってるぞ。

ほー、負けたのか。今は雷山が勝ってるぞ。

ほー、負けたのか。今は雷山が勝ってるぞ。

親切だ。

親切だ。

親切だ。

見晴台より。

見晴台より。

見晴台より。

標高が低いので紅葉は先だ。

標高が低いので紅葉は先だ。

標高が低いので紅葉は先だ。

山頂到着だ。じんるいさんはノリが良い。

山頂到着だ。じんるいさんはノリが良い。

山頂到着だ。じんるいさんはノリが良い。

白山方面。手前は神戸山かな。そのうち行くぜ。右に遠く見えるのは米山だな。

白山方面。手前は神戸山かな。そのうち行くぜ。右に遠く見えるのは米山だな。

白山方面。手前は神戸山かな。そのうち行くぜ。右に遠く見えるのは米山だな。

雷山を愛する会の方がカエデを植樹していた。大きくなるのが楽しみだ。

雷山を愛する会の方がカエデを植樹していた。大きくなるのが楽しみだ。

雷山を愛する会の方がカエデを植樹していた。大きくなるのが楽しみだ。

正面の権現山をはじめ、川内の山々だ。

正面の権現山をはじめ、川内の山々だ。

正面の権現山をはじめ、川内の山々だ。

ウ~ン、マンダムだ。
15/33

ウ~ン、マンダムだ。

ウ~ン、マンダムだ。

小屋にお邪魔するよ。招かれて入ったんだ。
16/33

小屋にお邪魔するよ。招かれて入ったんだ。

小屋にお邪魔するよ。招かれて入ったんだ。

小屋でストーブにあたりながらキメる。

小屋でストーブにあたりながらキメる。

小屋でストーブにあたりながらキメる。

よく見ると、杉の木がそのまま貫通している。

よく見ると、杉の木がそのまま貫通している。

よく見ると、杉の木がそのまま貫通している。

歩きやすい

歩きやすい

歩きやすい

下山、いきなり到着だ。

下山、いきなり到着だ。

下山、いきなり到着だ。

かまどに火を入れる。

かまどに火を入れる。

かまどに火を入れる。

かまどで新米を炊く。鍋は豚汁だ。

かまどで新米を炊く。鍋は豚汁だ。

かまどで新米を炊く。鍋は豚汁だ。

グッドだ。

グッドだ。

グッドだ。

炊けてきた。

炊けてきた。

炊けてきた。

豚汁に自家製味噌を投入する。

豚汁に自家製味噌を投入する。

豚汁に自家製味噌を投入する。

宴の準備だ。

宴の準備だ。

宴の準備だ。

まずはキメる。

まずはキメる。

まずはキメる。

ヤバイ。

ヤバイ。

ヤバイ。

ヤバすぎる。

ヤバすぎる。

ヤバすぎる。

これはさすが蔵元お勧めの新潟限定販売の大吟醸。飲んだ人は絶賛だ。口に含んで香りと味を楽しみ、飲み込んだ後の爽やかさはどうだ。米でできているのが不思議だ。

これはさすが蔵元お勧めの新潟限定販売の大吟醸。飲んだ人は絶賛だ。口に含んで香りと味を楽しみ、飲み込んだ後の爽やかさはどうだ。米でできているのが不思議だ。

これはさすが蔵元お勧めの新潟限定販売の大吟醸。飲んだ人は絶賛だ。口に含んで香りと味を楽しみ、飲み込んだ後の爽やかさはどうだ。米でできているのが不思議だ。

蔵を探検する。

蔵を探検する。

蔵を探検する。

うーん。

うーん。

うーん。

猫タワーがエアコンの温風が当たって気持ちいいにゃ。

猫タワーがエアコンの温風が当たって気持ちいいにゃ。

猫タワーがエアコンの温風が当たって気持ちいいにゃ。

古津駅から、今日は秋晴れだ。

新津駅で乗り換えだ。

電車は空いている。

五泉駅に着いた。

雷山へ向かう。写真の先は正面が不動堂山、左が福蓮寺山だ。

永谷寺

ほー、負けたのか。今は雷山が勝ってるぞ。

親切だ。

見晴台より。

標高が低いので紅葉は先だ。

山頂到着だ。じんるいさんはノリが良い。

白山方面。手前は神戸山かな。そのうち行くぜ。右に遠く見えるのは米山だな。

雷山を愛する会の方がカエデを植樹していた。大きくなるのが楽しみだ。

正面の権現山をはじめ、川内の山々だ。

ウ~ン、マンダムだ。

小屋にお邪魔するよ。招かれて入ったんだ。

小屋でストーブにあたりながらキメる。

よく見ると、杉の木がそのまま貫通している。

歩きやすい

下山、いきなり到着だ。

かまどに火を入れる。

かまどで新米を炊く。鍋は豚汁だ。

グッドだ。

炊けてきた。

豚汁に自家製味噌を投入する。

宴の準備だ。

まずはキメる。

ヤバイ。

ヤバすぎる。

これはさすが蔵元お勧めの新潟限定販売の大吟醸。飲んだ人は絶賛だ。口に含んで香りと味を楽しみ、飲み込んだ後の爽やかさはどうだ。米でできているのが不思議だ。

蔵を探検する。

うーん。

猫タワーがエアコンの温風が当たって気持ちいいにゃ。

類似するルートを通った活動日記