本日新規3座目、広見山に到着~🎵 戻る 次へ

初の向半四郎山~広見山🎵の写真

2020.10.17(土) 13:44

本日新規3座目、広見山に到着~🎵

この写真を含む活動日記

65

72

07:16

20.8 km

1805 m

初の向半四郎山~広見山🎵

恐羅漢山 (広島, 島根)

2020.10.17(土) 日帰り

春 夏 秋と駆け抜け 離れ離れの冬が来る~🎵 これから秋が深まり雪山シーズンを迎える前に、未踏の裏恐羅漢方面を初めて偵察してきました。 自宅出発時には降ってた雨も牛小屋高原の駐車場に着く頃にはすっかり止んで、快適な山行が期待できそう✨ 降雨によるぬかるみも一部ありましたが、とても楽しいコースでした(^^♪ 旧羅漢山~カマノキビレへの下りは、とても快適でトレラン疾走可能です。 カマノキビレ~三本栃の間は、やや不明瞭でテープ頼りの所がありました。 広見山・広見林道の分岐~ジョシノキビレの間は、テープがあっても不明瞭で最後のジョシノキビレに飛び出すまでの100m程の区間の笹が背丈ほどに伸びています。しかし、かき分ける際の圧力を感じるほどではありません。 残りのここが笹刈されるとルートとしてもう完璧だと思いました🎵 他の区間は、笹の草刈など概ね良く整備されており、草刈り機による切り株が多少伸びてきている箇所もありますが歩行には問題ありませんでした。 ただ歩く人が少なそうなので来年以降も定期的に刈らないとまた藪化してしまいそうですね💦 初めて周回した感想は、もっとたくさんの人に知られて欲しいな~と、当初予想した以上にとても魅力的なコースでした🤗 特に、向半四郎山~広見山の区間はとても良く整備されていて、普段見たことがない方向からの西中国山地の山々の眺めは最高ですね😆 ランチ場所🍙は3座どこでも良いと思いますが、向半四郎山が最適だと思いました✨ ただ周回すると広見林道が長いので、ロング歩きが苦手な方は、吉和側から一旦R488を県境越えで匹見側の登山口からこの区間のピストンでもよいと思います。(離合困難の酷道、また匹見中心部方面は通行止なので要注意!最新の交通情報を入手して下さい) トレランで気持ちよく走りやすい所だけを踏むだけでは最早心満たされなくなった私は、ここを知ってしまったら恐羅漢~旧羅漢あたりは前座のような気がしてしまいました(笑) 向半四郎山、半四郎山は地理院地図に記載されてなく、YAMAPをやってなかったらきっと知りえなかったでしょう。 恐羅漢トレイルに組み込んだりすると認知されて、もっと人気が出そうな気がするんだけどな😁 この方面というか西中国山地方面はまだまだ未踏が多くて、調査したいルートがいくらでもあるんですが、スケジュールがパンパンで消化が追い付きません(笑) 下山後はグリーンスパつつがで温まって帰りました♨️ 【本日のルート】 牛小屋高原🅿⇒立山ルート⇒恐羅漢山⇒旧羅漢山⇒カマのキビレ⇒三本栃⇒広見林道⇒半四郎山登山口⇒向半四郎山⇒半四郎山⇒広見山⇒広見山・ジョシのキビレ分岐⇒ジョシのキビレ⇒カマ⇒旧⇒恐⇒🅿 だいぶ涼しくなってきて水分消費は、おふくろ弁当で買ったお茶0.5Lのみ 数々の名曲を生んだ日本の偉大な作曲家、筒美京平さん そしてそれらの楽曲を披露する歌番組のテーマ曲を作られ、6月にお亡くなりになった服部克久さんのご冥福をお祈りいたします。 世代の私はこれを聞くと、様々な昭和の名曲が脳裏に浮かんできます。 https://www.youtube.com/watch?v=6ssipSEhBOc