冠雪の余市岳へ、黄金色の道をゆく

2020.10.17(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 43
休憩時間
31
距離
16.9 km
上り / 下り
1116 / 1116 m
1 20
1 43

活動詳細

すべて見る

手稲山初冠雪⛄️の報に接し、これまで後回しにしていた余市岳🗻の様子が気になり、今日、行ってきました❗️ 5時過ぎに家を出る。すでに明るくなりつつある。雲はほとんど見えない。風も弱く絶好の天気☀️。経路上は終始、雨☂️が降った直後の様な路面。山は⛄️だったかもと思う。朝日🌞の眩しさをサンバイザーで避けながら進む。 6時半過ぎにキロロリゾートの登山口駐車場🅿️に到着。ガラガラ。ゴンドラは先週で終わり。 名簿に記入して出発💨本日4番手の様です。 気温は低めだけど風はあまり強くない。一応、ニット帽を被り、スキー用のゴアテックスグローブを装着して出発。 落葉が絨毯の様にドロドロの路面を覆う。この葉っぱがなかったときは相当酷かったんだろうと想像する。黄色を基調に赤、茶、緑が混ざり、とても美しい。まさに黄金の回廊といえる。写真撮影📷のため、なかなか進まない。まだ日☀️が低いため、オレンジ色の光に紅葉🍁の黄色い葉が光り、その中を一人歩く。この贅沢な時間☺️。空気がひんやり。服装もちょうど良く感じる。立ち止まっては写真を撮り📷、深呼吸してみる。 しばらく歩くと登山口に到着。余市岳の美しい山体⛰が目の前に現れる。中腹より上は白い。 登山口から少し登るとすぐに雪が現れ、登るにつれて白い絨毯になっていく。気温が上がり、緩むと歩きづらいだろうと思う。 積雪は10-15cm。アイゼンは不要。急登と感じたのは2箇所。山頂直前数百mはハイマツ帯。雪を被っていて、日照で溶け始めた状態。これでびしょ濡れになる。 ハイマツを超えると山頂⛰。360度のパノラマ。最高の天気☀️。羊蹄山、無為根山、定山渓天狗岳、神居岳、ニセコアンヌプリ、恵庭岳、風不死岳などが一望できる。北方向には西に尻場山、東に暑寒別の山塊。石狩湾の海岸線や手稲山も見える。山頂付近のみ風が強く💨、気温が特に低く感じる。乾いたシャツに着替えて写真撮影。それでもすぐに寒くなり、シャッターを押す指先が動かなくなってきたので下山。少し降ると風をあまり感じなくなる。 下山は雪が緩んで滑りやすい。所々泥々濘々。より慎重に歩を進める。 登山口以降は、☀️光の加減で往路と全く違う黄金色に光る回廊を歩き、無事に下山完了。 天気は良かったですが、風が強く気温が低いので、夏山登山もあと少しかなと思いました。とても充実した山行になりました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。