[烏ヶ山]GOTOマウンテンズ1日目

2020.10.13(火) 日帰り
CINQ_kameyama
CINQ_kameyama

活動詳細

もっと見る

10月13~14日、5年に一度の長い休暇をいただき、政府も行け行け言っているし、せめて大山は…と、中学高校の学年登山以来の泊りがけの大山。 初日は1年半ぶりの烏ヶ山。宇多田ヒカル人気いまだ健在。鏡ヶ成キャンプ場からのコースを木の根や笹の葉をつかみながらよじ登ります。 大山南壁は全面展望とはいきませんでしたが、山頂凸峰はいい感じの色づき具合。 山頂で会った岡山からの2人組の女性ハイカーさん。熱烈大山ファンですと言い、宇多田岩で宇多田ヒカルの曲をかけて心から山を楽しんでいるように見えます。あぁ、俺、忘れかけていたかも。 彼女たちから受けた助言、その後大きな意味を持ちました。

烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 9時30分、キャンプ場側登山口。アドベンチャーコースを登ります。
9時30分、キャンプ場側登山口。アドベンチャーコースを登ります。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 画像ではそれほど急に見えませんが…手がかりがないので両手にザイルを1本ずつ持って岩をクリアしました。
画像ではそれほど急に見えませんが…手がかりがないので両手にザイルを1本ずつ持って岩をクリアしました。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) あえぎながらも無事登頂。遮るものがない大山南壁の大展望。居座るガスがもどかしいな。
あえぎながらも無事登頂。遮るものがない大山南壁の大展望。居座るガスがもどかしいな。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 大山南壁槍ヶ峰をバックに。
大山南壁槍ヶ峰をバックに。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 5合目以下、低層に広がる原生林の雄大さも大好き。
5合目以下、低層に広がる原生林の雄大さも大好き。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 新小屋峠コースの尾根。
新小屋峠コースの尾根。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) キャンプ場から登ってきた尾根。
キャンプ場から登ってきた尾根。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 青空がのぞきかけたころ、下山にかかります。
青空がのぞきかけたころ、下山にかかります。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 下山途中に見上げた頂の峰。鮮やか秋色。
下山途中に見上げた頂の峰。鮮やか秋色。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 山頂で会った岡山からの素敵な女性2人組。
私「明日は甲ヶ山へ行こうと思ってます」
> 「危ないですよ。止めた方がいいかもです」…。
山頂で会った岡山からの素敵な女性2人組。 私「明日は甲ヶ山へ行こうと思ってます」 > 「危ないですよ。止めた方がいいかもです」…。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) ダイモンジソウは好きな花。NHKのTVドラマ版『クライマーズ・ハイ』の衝立岩に揺れるシーンで見て以来です。
ダイモンジソウは好きな花。NHKのTVドラマ版『クライマーズ・ハイ』の衝立岩に揺れるシーンで見て以来です。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) イワカガミは見事な草紅葉。
イワカガミは見事な草紅葉。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 高度感ある細い尾根。標柱のところはコースの分岐。右手の尾根を登ってきて、左手の新小屋峠コースを下山します。
高度感ある細い尾根。標柱のところはコースの分岐。右手の尾根を登ってきて、左手の新小屋峠コースを下山します。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 大気が安定して、透明感ある青空となりました。
大気が安定して、透明感ある青空となりました。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 別名「山陰のマッターホルン」ワイルドでかっこいい山頂峰。惹かれるのは女性だけでありません。
別名「山陰のマッターホルン」ワイルドでかっこいい山頂峰。惹かれるのは女性だけでありません。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 標高の高いところは木木もかなり色づいてきていました。
標高の高いところは木木もかなり色づいてきていました。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 大気が澄んでいますね~。
大気が澄んでいますね~。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 〈ショッカー総統〉が思い浮かぶアングル。
〈ショッカー総統〉が思い浮かぶアングル。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 見た目は完全にシイタケだけど…キノコには手を出せません。
見た目は完全にシイタケだけど…キノコには手を出せません。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 新小屋峠に下山。歩いてきた道を顧みて看板にたじろぐ。
新小屋峠に下山。歩いてきた道を顧みて看板にたじろぐ。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) ドングリや果実を探して歩き回る季節。
ドングリや果実を探して歩き回る季節。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 午後2時、鏡ヶ成へ帰着。
午後2時、鏡ヶ成へ帰着。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 宿泊地の大山寺に向かう途中、超人気の展望スポット鍵掛峠に寄ってみました。そびえ立つ大山南壁。
宿泊地の大山寺に向かう途中、超人気の展望スポット鍵掛峠に寄ってみました。そびえ立つ大山南壁。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 裾野に広がる原生林の深さも別格。
裾野に広がる原生林の深さも別格。
烏ヶ山・象山(笹ヶ峰) 山頂では拝めなかった稜線もくっきり。午後には大気が安定してこの大展望。
山頂では拝めなかった稜線もくっきり。午後には大気が安定してこの大展望。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす