韓国岳-2020-10-11

2020.10.11(日) 日帰り
柚子
柚子

活動データ

タイム

05:14

距離

11.0km

上り

786m

下り

787m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

韓国岳⛰️に登りました。 できればご来光🌄をと、苦手な早起きを頑張って🚗で1時間で駐車場に到着、登山口に近いところに🚗を停めて準備完了。 駐車場には小学校高学年くらいの子供たちの集団がいて、ヘッデンやヘルメットを装着していました。 韓国岳には来てなかったので池巡りの方に行ったのかな?🤔 みんな早朝から頑張るなぁ😅 韓国岳登山は、同じタイミングで出発した3人の女性グループの後につかせていただく形でスタートしました🚶‍♀️ 休憩の時に追い越してからは、1人でロープに沿って歩きました。ロープか木の柵が山頂まであるので助かりました。 早い段階でガレガレになりますが、歩きにくさは、あまり感じませんでした。 前日に転けた時、右足首をひねっていたので、とにかく転けないように慎重に歩きました。 三合目から四合目、六合目、七合目と上がるにつれて段々明るくなり周りが見えるようになってきました。九合目付近で、岩の方に寄って下を覗き込むと、おお!!韓国岳の火口が見える!😆 しかし、山頂に着いた時には、真っ白で火口も周りの山々も何も見えませんでした😵 山頂付近は、紅葉がチラホラありました。 お菓子やバナナを食べながら少し待ちましたが、ガスは全く消えそうになく、諦めて大浪池を目指します🚶‍♀️ 韓国岳山頂で写真を取り合った男性と同じタイミングで下り始め、韓国岳避難小屋までお喋りしながら歩きました。 男性は、前日は高千穂峰に登りえびのキャンプ場でテン泊したとのこと、テントを10時までに撤収しないといけないため西回りで行くとのことで、ここで別れました。 火口湖を東回りに歩いていっても樹林帯が続くだけで火口湖は見えません。このまま見えないのかと不安になり、途中で登山ルートから外れ微かな踏み後を辿り枯れ木をかき分け、覗き込むと大浪池が!😆嬉しくて📷️📷️ でも、そんなことしなくても普通に歩いていてもちゃんとキレイに見えました😅 今回のルートは、距離と高低差はよく行く中山さんと変わらないなぁ、と思っていましたが、実際歩いてみると韓国岳まではガレガレ、韓国岳から避難小屋までの下りは木道でも急だったり滑りやすい岩だったりするので、かなり時間が掛かってしまいました。 そして今回何より衝撃だったのは…地図をダウンロードしていなかったため、YAMAPのピークが取れなかったこと😂 北海道を満喫していた相方にその事を言うと 「ええ?!そんなことあるの??山頂の標識は見たの??」 と信じないので、チェックポイントの画面を写メで送ると、返ってきた言葉 「スタートからゴールまで何もないの初めて見たわ(笑)」 ガーン😂 ※10/15、YAMAPのピークを後から取る方法を教えていただき、地図をダウンロードしてピーク取れました😆

霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 韓国岳登山口からスタートします
韓国岳登山口からスタートします
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 しばらくは、前を歩く女性3人と同じペースで歩きます
しばらくは、前を歩く女性3人と同じペースで歩きます
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 三合目
三合目
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 四合目
四合目
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 五合目はいつの間にか過ぎてたみたいで六合目
五合目はいつの間にか過ぎてたみたいで六合目
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 七合目
少しずつ周りが明るくなってきています
七合目 少しずつ周りが明るくなってきています
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 八合目
八合目
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ロープか木の柵があるので助かります
ロープか木の柵があるので助かります
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 九合目
九合目
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 九合目付近から、韓国岳の火口が見えました。
九合目付近から、韓国岳の火口が見えました。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 火口湖ではなくなっていました。
残念😰
火口湖ではなくなっていました。 残念😰
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 あと少しかな
あと少しかな
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 真っ白😰
真っ白😰
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 レポでよく見る山頂の標識だ!
感動〰️😆
レポでよく見る山頂の標識だ! 感動〰️😆
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 でも火口は真っ白…
目を凝らすとうっすらと見えます😂
でも火口は真っ白… 目を凝らすとうっすらと見えます😂
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ほんのり赤く色付いています
ほんのり赤く色付いています
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 赤と緑のコントラスト
赤と緑のコントラスト
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 諦めて大浪池へ
諦めて大浪池へ
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 木道を歩きます
助かりますが何気に怖い…
木道を歩きます 助かりますが何気に怖い…
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 木道
木道
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 大浪池
大浪池
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 大浪池
日が射していい感じ
大浪池 日が射していい感じ
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 後ろを振り返ると、雲が上がりそうな雰囲気。
もう少し待ってみれば良かったのか…
後ろを振り返ると、雲が上がりそうな雰囲気。 もう少し待ってみれば良かったのか…
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 そしてまた木道
そしてまた木道
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 東回りへ
東回りへ
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 このあたりで韓国岳から一緒に下りてきた方と別れて1人で🚶‍♀️
このあたりで韓国岳から一緒に下りてきた方と別れて1人で🚶‍♀️
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 韓国岳避難小屋
韓国岳避難小屋
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ところどころ紅葉がありました
オレンジ色に輝いていました
ところどころ紅葉がありました オレンジ色に輝いていました
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 大浪池登山口の方へ
大浪池登山口の方へ
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 枯れ木を掻き分け大浪池が見えるところまでどうにかたどり着いて📷️
まだ周りには雲が残っています
枯れ木を掻き分け大浪池が見えるところまでどうにかたどり着いて📷️ まだ周りには雲が残っています
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 リンドウの蕾
リンドウの蕾
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 大浪池
無理に見に行かなくても、登山道を歩いていたら普通に見えました 。
青空が見えだしています
大浪池 無理に見に行かなくても、登山道を歩いていたら普通に見えました 。 青空が見えだしています
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ロックガーデンみたいなところを下りていきます
ロックガーデンみたいなところを下りていきます
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 大浪池、そろそろ半周か
大浪池、そろそろ半周か
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ほんのり紅葉しています
ほんのり紅葉しています
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ここかビュースポットなのかな
ここかビュースポットなのかな
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 雲の間から射す日
雲の間から射す日
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 鏡のよう
鏡のよう
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 えびのへ3㎞
えびのへ3㎞
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 歩きやすい道
歩きやすい道
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 複雑な木の根っこ
下りる時に苦労しました
複雑な木の根っこ 下りる時に苦労しました
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 林の中、同じような踏みあとがあちこちに、ルートを見失いそうになります
林の中、同じような踏みあとがあちこちに、ルートを見失いそうになります
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 駐車場に戻ってきました
駐車場に戻ってきました
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 おまけ
桜島
フェリーは15分に1本出てます。
1人200円で乗船できます。
左が北岳、右が南岳。
南岳から上がっているのが噴煙です。
おまけ 桜島 フェリーは15分に1本出てます。 1人200円で乗船できます。 左が北岳、右が南岳。 南岳から上がっているのが噴煙です。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 おまけ2
ホテルの部屋から
おまけ2 ホテルの部屋から

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす