犬鳴峠と三角点。

2020.10.04(日) 日帰り
ガリコ
ガリコ

活動データ

行動時間

02:47

距離

6.0km

上り

535m

下り

564m

活動詳細

もっと見る

今週は仕事が忙しく疲れたので家で引き篭もろうと思ったけど、ストレスが溜まってたので山に行ってきました。 午前の天気が怪しかったので10時に家を出発して目指すは近場の犬鳴山山系。 活動日記や古い国土地理院の地図を見て思い立った、トンネル開通前の犬鳴峠を目指そう。 もちろん目的は付近の三角点タッチ。 11時過ぎに犬鳴ダムに駐車して出発。 沢沿いの道路を歩き犬鳴峠に到着。 犬鳴峠からは犬鳴隧道三角点に向かい無事タッチ。 そして再び犬鳴峠側に折り返し柳ヶ原三角点に向かい無事タッチ。 柳ヶ原三角点からはスタート地点に戻り無事に今日の活動は終了しました。 沢で滑ってびしょ濡れになったけど、車に汗と泥汚れを予想してて着替えをのせといて正解でした。

犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 犬鳴ダムに駐車して出発。
犬鳴ダムに駐車して出発。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 犬鳴トンネルに到着。
犬鳴トンネルに到着。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 大人の事情で軌跡は犬鳴山登山口から開始。
大人の事情で軌跡は犬鳴山登山口から開始。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 昭和13年発行の国土地理院の犬鳴峠。
昭和13年発行の国土地理院の犬鳴峠。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 分かれ道。
犬鳴峠は右。
分かれ道。 犬鳴峠は右。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 道の端に犬鳴峠への標識が。
ここから沢に下りるが足元が脆い。
道の端に犬鳴峠への標識が。 ここから沢に下りるが足元が脆い。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 先ほどの標識から10m手前が峠道だったらしいのでケルンを置いてみた。
先ほどの標識から10m手前が峠道だったらしいのでケルンを置いてみた。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 沢を渡る。
テープが犬鳴峠まで続いてた。
沢を渡る。 テープが犬鳴峠まで続いてた。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) ネットで調べてると犬鳴峠は江戸時代に開かれたが、悪路で人気が無くて住民は薦野峠や猫峠を通ってたらしい。
ネットで調べてると犬鳴峠は江戸時代に開かれたが、悪路で人気が無くて住民は薦野峠や猫峠を通ってたらしい。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 峠が見えてきた
峠が見えてきた
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 犬鳴峠の石碑。
ここから右手に行って犬鳴対隧道三角点に向かう。
犬鳴峠の石碑。 ここから右手に行って犬鳴対隧道三角点に向かう。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 到着したが犬鳴隧道三角点以外に標石が他に3つもあった。
到着したが犬鳴隧道三角点以外に標石が他に3つもあった。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 四等三角点 犬鳴隧道(452.78m)にタッチ。
このあと犬鳴峠に折り返して柳ヶ原三角点に向かう。
四等三角点 犬鳴隧道(452.78m)にタッチ。 このあと犬鳴峠に折り返して柳ヶ原三角点に向かう。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 旧犬鳴トンネル上の標識。
旧犬鳴トンネル上の標識。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 新犬鳴トンネル上には標識はなかった。
新犬鳴トンネル上には標識はなかった。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 峠山に到着。
峠山に到着。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) ヌタ場を発見。
気を取られてたらルートロストしてた。
ヌタ場を発見。 気を取られてたらルートロストしてた。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 柳ヶ原三角点に到着。
柳ヶ原三角点に到着。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 四等三角点 柳ヶ原(471.67m)にタッチ。
四等三角点 柳ヶ原(471.67m)にタッチ。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 柳ヶ原山の標識はどこかで見たような字体。
あの人が作ったのかな?
柳ヶ原山の標識はどこかで見たような字体。 あの人が作ったのかな?
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 柳原方面に行こうとしたら立ち入り禁止だった。
柳原方面に行こうとしたら立ち入り禁止だった。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 出発地点に戻ろうとしたが地図上じゃ破線じゃなかったので舗装路かなと思ってたら使われてない未舗装路の林道だった。
出発地点に戻ろうとしたが地図上じゃ破線じゃなかったので舗装路かなと思ってたら使われてない未舗装路の林道だった。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 小さな沢を渡る。
小さな沢を渡る。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 舗装路に出た。
舗装路に出た。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 昭和44年に建てられた林業関係の記念碑があったので撮ってみた。
昭和44年に建てられた林業関係の記念碑があったので撮ってみた。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 沢に下りて写真を撮ったらこのあと滑って下半身がびしょ濡れになってテンションが一気に下がった。
沢に下りて写真を撮ったらこのあと滑って下半身がびしょ濡れになってテンションが一気に下がった。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 昭和24年開通の旧犬鳴トンネルの側に建つ府県道福丸箱崎線の石碑。
新トンネル開通の昭和50年まではこれが幹線道路だった。
福丸とは宮若市合併前の若宮町の中心地。
昭和24年開通の旧犬鳴トンネルの側に建つ府県道福丸箱崎線の石碑。 新トンネル開通の昭和50年まではこれが幹線道路だった。 福丸とは宮若市合併前の若宮町の中心地。
犬鳴山(福岡県)・西山(鮎坂山) 大人の事情でまたまた軌跡は犬鳴山登山口で終了。
大人の事情でまたまた軌跡は犬鳴山登山口で終了。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす