大洞山(雌岳)・大洞山(雄岳)・四ノ峰・尼ケ岳

2020.10.04(日) 日帰り
山と下
山と下

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

金曜に昔からの友達から山行のお誘いのLINEがあり、連日の登山なので近場の大洞山、尼ヶ岳に行くことに。 YAMAP始めるよりも前に行ったことのある山。最初がかなりの急登で尼ヶ岳の直前も急登、帰りは苔生した道でテンションあがった記憶、結構前でうろ覚え。 7時、三多気の桜のとこからスタート、やはりいきなり急登でしんどい。石畳の階段がひたすら続く。汗っかきの友達はすでにTシャツの色が濃くなってる。ハアハア言いながら雌岳到着、こんなに広かったっけ?記憶はいいかげん。眺望はガスで真っ白。 軽くアップダウンして雄岳到着。雌岳と雰囲気は同じだが雄岳の方は1000m超。眺望は雌岳の方がよいが、今日に限ってはどっちも真っ白ww。 雄岳からかなり標高を落として倉骨峠にでる。そこからちょっと歩いて石の階段を降りてさらに標高を下げ大タワにでる。 大タワから一気に200mぐらい標高を上げる急登を登ると尼ヶ岳山頂、9時半着。広々としていて、本来なら名張方面が一望できいい感じの場所。ここも真っ白😅 昨日と同じで朝が早かったのですでに腹ペコ、かなり早めのお昼にすることに。 今日は2人なので山頂でゆっくり過ごす。その間に3人組、2人組、ソロの登山者がわらわら集まってきて先に去っていった。ゆっくりしたおかげでガスも晴れてきた。 帰りは倉骨峠までピストンした後、苔生した石畳の遊歩道を行く。もののけ姫のような空間。 記憶では急登でしんどい山で時間もかかったイメージやったけど、結構サクッと行けました(ただし最初の急登はしんどいw) 2日連続の山行で有意義な土日でした。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす