【DAY4】3泊4日 大峰奥駆道〜笠捨山・地蔵岳・東屋岳・香精山・如意宝珠岳・玉置山・大森山・五大尊岳・大黒天神岳・吹越山・七越峰

2020.10.01(木) 2 DAYS
SHUNGO
SHUNGO

活動データ

タイム

17:59

距離

32.2km

上り

2410m

下り

3450m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

Day4 4日目。脳を騙すために「3日目と4日目を合わせて、3日目と呼ぼう」キャンペーンを実施。 山小屋で「なんでおまんらはわざわざ夜中いくんや」と問われ、「なんか夜楽しそう」というふわっとした珍回答をリフトオフ。 3日目の19時〜22時に長いまばたきを終え、シェアハピされたコーヒーをすする。 歩き始め、水どうオープニングごっこをしているうちに大ロスト。 等高線に逆らう急登り、ルート復帰後、龍郎ポーチが神隠し、闇夜で天狗とお戯れ。道無き道への誘い水。 ながいながい笠捨山を超えると、なにやらいびつな山の影。どうやらそいつが地蔵岳。 地蔵岳を何度か「地獄岳」と言い間違い、なんとも不吉な午後三時。 丑三つ時に「地獄岳」ってあんさん、そいつは洒落になりやせん。 足元暗し、ミッドナイト地蔵岳。まったくもって洒落ならず、ワンチャン滑落トラウマティック。 その後、なんとか夜明けchill。 秋の芳し香精山、月夜見さんはお役御免の待っていましたサンシャシン。 玉置山までの路、なぜだか不思議な多幸感。 「あぁ、今日で終わってしまうのか」と、タマキーが肺に移ってトリップ。 玉置山の奥之院的なプレイスがSUN PLACE EVER。 玉置神社で山パイセンに「せっかくだから、太平洋まで行かんべや」という無茶なディレクションを受けるも、冷静沈着に無理。 玉置水はいとうまし。 大森山の登り、大盛りすぎひん? 五大尊岳・大黒天神岳あたりにて、ある法則に気付く。 「名前がいかつい山、大概いかつい」 名は体を表すってまじですね、孔子さん。 リアルガチの降りの始まり。右の前ももが「プギャープギャー」言ってる声が聞こえる。 やんごとなき降りが終わりなき旅だったので、一旦chill。ここで龍郎の絨毯が日の目を見る。 限界が近く、荷物をあらかた没収されるも、前ももは思うように動かず。 森が途切れたところ、遠景の中に熊野本宮らしき場所を視認。 「やっと終わる…」と安堵するも、それはかりそめの安らぎ。 山在峠、足めっちゃ痛いて。 吹越山、観自在菩薩〜。 七越峠、ぎゃーてーぎゃーてーはらそーぎゃーてー。 必殺マントラ・般若心経も焼け石に水。 前もも無理すぎて仰向けに倒れる。 「うわぁ針葉樹、めっちゃ綺麗」 ウーシア イズ ヒア 龍郎に残り数キロおんぶで満行を真剣に検討させる中、仰向けで梅酒を飲みながら、下から眺める針葉樹。 龍郎のJBLから高木正勝のmarginalia♯2が流れ始め、脳が溶けて痛みが引く。音楽まじ卍。 とはいえ、リアルペインフルで遠のく意識はさらに遠く、音と目の前の足にだけ意識を向けて、進む。 もう終わりだろうと思っても、アップダウンが続いて心中不動明王。ギリギリのギリで奥駆コースあたおかオーガナイザー・役行者の祠を通り過ぎる。 日も暮れかかった17時半、熊野川着。 とりあえず一旦chillして、川で顔を洗って、そこそこ流れのある熊野川を渡る。 振り返ると、暗闇にぼおっと山の峰々。なんだかゾッとして、文明復帰に安堵する。 近くの商店で、ちくわとみかんと芋の蒸しパンを買って食べる。2人ともiPhoneの充電が1%だったので、交番の近くで決死のGOOGLE SEARCH。 近くに「蘇生の湯」という「まじでそれ」みたいな名前のところを見つける。 次の日、熊野本宮に参拝。 そこで石碑に刻まれた歌を見つけた。 「はるばると さかしき峰をわけすぎて 音無川をけふ見つるかな」後鳥羽上皇 これはファボリツイート不可避。上皇ビガップ。了。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす