初秋の木曽駒ヶ岳へ

2020.09.28(月) 2 DAYS

活動データ

タイム

14:41

距離

5.7km

上り

660m

下り

660m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 25
休憩時間
7 時間 36
距離
3.3 km
上り / 下り
489 / 262 m
DAY 2
合計時間
4 時間 16
休憩時間
0
距離
2.2 km
上り / 下り
145 / 398 m

活動詳細

すべて見る

山でテントをと思って調べると初心者にお勧めとして有名な木曽駒ヶ岳へやっと行ってしました! 菅の台バスセンターへは2時に到着。車は結構停まってましたが、空きスペースもかなり。 チケットは始発の30分前から販売と言うことで5時にと思ってたら4:30には並んでる方が。それでも20番目くらいに並べました。 臨時のバスは6時でしたがギリギリ乗れず、次の定期便は駅からの乗車客で満席。2番目の臨時便に乗車。ロープウェイは待たずに乗ることができ7時過ぎに千畳敷駅へ到着。 いきなり目の前にカール!写真では何度も見てたけど、やはり実物はスケールが違う! そして、雲一つないまさに快晴! 延期してよかった! まずは景色を堪能し、剣ヶ池まで下るも水は殆どない。 今年の冬はどこも雪が少なかったのでそのせいですかね。青い空の映る剣ヶ池も見たかったけど。 紅葉には少し早いと思ってたが、ダケカンバなんかは紅葉する前に葉が枯れ落ちてしまつまってる感じ。 乗越浄土への道は最後は急登ではあるものの階段など整備されていて初心者でも登りやすいと思います。 ただ、標高2600m越えでのスタートも低山と同じ様に動き出したら空気が薄いことを忘れてて、いきなり息が切れた… ご高齢の観光客の方もそれなりに登っており、乗越浄土までは渋滞も。でもみなさん声を掛け合って譲り合って、なんだか平和。 縦走の方、日帰りの方、観光の方、一泊の方、色々いて面白い。 登るつもりはなかったものの、時間もあるので宝剣岳もチャレンジ! 岩場は平気なんだけど高いとこが…(じゃなんで山のぼってんの?(笑)) みんなてっぺんの岩とかに立ってる…見てるだけで怖い! 眼下に千畳敷カールが見え景色は最高♪ 中岳を超えればすぐにテント場。 10時過ぎの時点でテントは3張り。もっと混んでるかと思ってたので選びたい放題! こんなに整地されてたり、岩が積まれて風除け?になってたり、感動。 グランドシートを忘れたけど、雨は降らない予報だしセーフ。 夕陽が落ちるまでまったり。 山でこんなにまったりしたことないくらいまったり。暇な程(笑) お昼作って珈琲淹れて、散歩して。 日の入りに合わせてやっとこさ駒ヶ岳へ。 雲は多かったけどやっと見られた! ずっと見たかったんです山の上からの夕陽! 月が満月近かったので早めに寝て、夜中に起きようと就寝。 思ったより寒いけど、寒いのは強い方だし寝袋入っちゃえば… と思ったら1時間で目が覚める…あれ…地面が冷たい… マットの膨らまし方が弱かったかな。。。膨らましなおして寝直し。 また目が覚める…間違いない…エアー漏れてる… グランドシート忘れたのがここで仇になったか… その後も1時間ごとに空気を入れなおし、それでも寒くエマージェンシーシートを取り出し ぐる巻きに。 もう冷えちゃって冷えちゃって… なんなら星を見たり、お手洗いに出るために寝袋から出た方が寒くない。 地面からの熱…やばす。 人生で一番長くつらい夜を過ごしたかも。 あとから知ったんだが、この日は今期一番の冷え込みだったとか。 快晴だったもんな、放射冷却も激しかったんでしょう。 翌朝、テント周りは1cm以上の霜柱に囲まれてました… なんとか夜中過ぎからは熟睡でき5時に起床。 日の出は5:47とか。 ゆっくり支度しようかと何気に外を覗くと…うを!マジックアワーはじまっとる!! 15分でテント出て駒ヶ岳山頂へ!! 標高3000mで寝起きで運動はいけませんw おかげで最高のご来光を見られました。 残念ながらすこーし雲に邪魔されたけど、最高でした。 お日様って暖かい! のんびり支度して降ります。 極楽平方面に行ってみたかったけど、ヘルメットないし前日の宝剣岳怖かったしw 登るのが楽な分、下山開始からすぐ終わっちゃいますね。 ここのところ楽ちん登山しかしてないからまた大山か塔ノ岳に行こうかな。 あ、降りてからは名物というソースカツ丼大盛りをいただきましたw

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。