ノルディックウォーキング トレイル日記 ぐんま県境稜線トレイル   野反湖 to 三国峠  2nd

2020.09.21(月) 3 DAYS
高嶺
高嶺

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ぐんま県境稜線トレイル 野反峠から三国峠、そして法師温泉までの2ndステージ は息子のサポートを受けながらのトレッキングでした。 1日目 1st stageの終了点 野反峠までは列車、バスを乗り継いで昼前に到着し腹ごしらえをして出発しました。 晴、時々曇りの天気に恵まれ、スタート時はしばらくぶりの12kgオーバーのザックが重くは感ぜられませんでした。 野反湖を取り巻く西側のエビ山、高沢山、三壁山の山々を縦走してキャンプ場のバンガロー泊り。 ウォーミングアップのつもりだったがやはりザックが肩に堪えました。 2日目 野反湖をスタート、堂岩山、白砂山、上ノ間山、忠次郎山、上ノ倉山を経てムジナ平避難小屋泊り。 天気は晴。時々雲が走る稜線上の風は気持ちよい。白砂山までは600m程の標高差。ここまでは登山者が多く、年配者同志励ましあいながら登る。予定より1時間以上遅く到着しました。 ここから先は翌日いっぱいまで途中で会う人はいませんでした。熊 一匹にも会いませんでした。 新開通部分トレイルの笹は刈られ整備されていました、一部の這松の根と岩が混ざったところはありましたが山では普通でしょう。アップ&ダウンの続く稜線を景色を楽しみながら区間最高の上ノ倉山2107mに16時30分に着きました。途中、40cm幅の狭い戸渡り稜線で根付きの悪い小木を踏み外しヘソの高さまで滑り落ちてしまいました。幸い両足で立つことができましたが息子に引き上げてもらいました。疲れて注意力が落ちていました。 避難小屋にはコースを逆進してきた方が2組5名と同宿しました。 3日目 夜中からの雨風は6時頃になってようやく下火になりました。 先週、昨日通過した忠次郎山から避難小屋を基地に三坂峠迄を新潟側からコース整備をしたようで刈られたばかりの笹の上を快調に下っていきます。しばらくして今日の水の量不足に気が付き、息子が水場まで戻って補給しました。その間一人でゆっくり1時間ほど先行していきましたが1766m峰先の激下りの下で合流できました。この下りは100m弱ですが木の根と岩の狭いルートで谷川連峰も含めてもえげつないといいましょうか 最もえぐい箇所に思いました。 三坂峠の分岐で昼食休憩を40分も取ってしまいました。稲包山までの区間は霧が深く見通しの効かない中でしたが以前に一度通っている気楽さで進めました。稲包山頂は霧の中でした。何も見えませんでした。 ここから三国峠までは更に下り基調です。雲がどけ眺望を楽しみながらいくつものコブを超えていきました。 16時 誰もいない三国峠に着きました。トレイルルートとは別れ法師温泉までは1時間40分、旧道を急ぎました。倒木とガケくずれの迂回路やルートロスしてうろついた程の笹に覆われた個所がありましたがほとんどが道幅1m 前後あり歩きやすい道です。日の短くなった森の中をヘッデンをつけて宿に着きました。山ヒルを2人で8匹がおみやげになりました。何度となく訪れている法師温泉ですがそのたびに山ヒルはいつもお供になっています。 今回の区間は今から85年昔昭和10年4月、父が25歳の時逆ルートをスキーで雪中ビバークしながら冬季初縦走をした記録を最近知ることになりました。今81歳になろうとする自分が息子と共に今は亡き父を偲びながらこのコースを歩けたことに感慨深い思いに浸っています。お父さん 無事の踏破を見守ってくれてありがとう。

白砂山・堂岩山・八間山 野反峠で昼食。
これからあの山を通って麓のバンガローへ向かいます。
野反峠で昼食。 これからあの山を通って麓のバンガローへ向かいます。
白砂山・堂岩山・八間山 八間山
八間山
白砂山・堂岩山・八間山 三壁山
三壁山
白砂山・堂岩山・八間山 夕もや迫る野反湖
夕もや迫る野反湖
白砂山・堂岩山・八間山 民営化されて快適だったバンガロー
民営化されて快適だったバンガロー
白砂山・堂岩山・八間山 朝もやの野反湖畔を出発
朝もやの野反湖畔を出発
白砂山・堂岩山・八間山 流され心配していたハンノキ沢は飛び石伝いに渡れました。
流され心配していたハンノキ沢は飛び石伝いに渡れました。
白砂山・堂岩山・八間山 地蔵峠。
3年前にはこの分岐から左へ。
流れ出る野反湖の水を辿って切明へ。そして中津川、信濃川を下って日本海までたどった思い出の峠。
地蔵峠。 3年前にはこの分岐から左へ。 流れ出る野反湖の水を辿って切明へ。そして中津川、信濃川を下って日本海までたどった思い出の峠。
白砂山・堂岩山・八間山 地蔵さんしばらく。
手を合わせトレイルの安全をお願いしました。
地蔵さんしばらく。 手を合わせトレイルの安全をお願いしました。
白砂山・堂岩山・八間山 シラビソ尾根の唯一見られる水場入口からの野反湖
シラビソ尾根の唯一見られる水場入口からの野反湖
白砂山・堂岩山・八間山 堂岩山
堂岩山
白砂山・堂岩山・八間山 ナナカマドが色づきだした。
ナナカマドが色づきだした。
白砂山・堂岩山・八間山 白砂山が見えてきた
白砂山が見えてきた
白砂山・堂岩山・八間山 白砂山
白砂山
白砂山・堂岩山・八間山 とろりとした傘の中に小さな虫が取りこまれていました。
食虫キノコなんてあるのでしょうか?
とろりとした傘の中に小さな虫が取りこまれていました。 食虫キノコなんてあるのでしょうか?
白砂山・堂岩山・八間山 見るからに毒っぽい色ですが目を引きました。
見るからに毒っぽい色ですが目を引きました。
白砂山・堂岩山・八間山 たんたんと続く稜線の道
たんたんと続く稜線の道
白砂山・堂岩山・八間山 猟師の尾根の頭を過ぎると
地図の上でこの笹を下ったあたりが
新潟県最南地点 のはず。
猟師の尾根の頭を過ぎると 地図の上でこの笹を下ったあたりが 新潟県最南地点 のはず。
白砂山・堂岩山・八間山 標識はないが赤白のポールがそれらしき目印なのだろうか。
テントが張れる分だけの場所がありました。
標識はないが赤白のポールがそれらしき目印なのだろうか。 テントが張れる分だけの場所がありました。
白砂山・堂岩山・八間山 上ノ間山に続く稜線
上ノ間山に続く稜線
白砂山・堂岩山・八間山 辿る稜線の先に目指す区間最高標高の上ノ倉山までが見渡せました。
辿る稜線の先に目指す区間最高標高の上ノ倉山までが見渡せました。
白砂山・堂岩山・八間山 大熊岩
大熊岩
白砂山・堂岩山・八間山 上ノ間山
東進してきた尾根はここから北へと向かう。
上ノ間山 東進してきた尾根はここから北へと向かう。
白砂山・堂岩山・八間山 やはり 大物はいます。
熊の忘れ物。
やはり 大物はいます。 熊の忘れ物。
白砂山・堂岩山・八間山 尾根筋に薄暗く茂った林。
鮮やかな緑が目をひきつけました。
尾根筋に薄暗く茂った林。 鮮やかな緑が目をひきつけました。
白砂山・堂岩山・八間山 このルート上の新設標識は無傷のものはない。
熊か大雪か、。両方か傷だらけです。
このルート上の新設標識は無傷のものはない。 熊か大雪か、。両方か傷だらけです。
白砂山・堂岩山・八間山 尾根筋では大木は水量不足で生きていられないのでしょうか。
尾根筋では大木は水量不足で生きていられないのでしょうか。
白砂山・堂岩山・八間山 彼らはその昔、夏の藪ルートをよくぞ踏破しました。
彼らはその昔、夏の藪ルートをよくぞ踏破しました。
白砂山・堂岩山・八間山 上ノ倉山頂になぜか寝転んでいる三角点
上ノ倉山頂になぜか寝転んでいる三角点
白砂山・堂岩山・八間山 薄暗くなった霧の中、ようやくムジナ平避難小屋に到着。
薄暗くなった霧の中、ようやくムジナ平避難小屋に到着。
白砂山・堂岩山・八間山 6時出発
6時出発
白砂山・堂岩山・八間山 水場入口。
きれいに刈り払いされていました。
最初は通過しましたが息子が戻って給水しました。
水場入口。 きれいに刈り払いされていました。 最初は通過しましたが息子が戻って給水しました。
白砂山・堂岩山・八間山 流れ出る水はこれだけですが貴重です。
流れ出る水はこれだけですが貴重です。
白砂山・堂岩山・八間山 三坂峠の分岐点。
雨の降る中でしたが木陰でゆっくり昼食ができました。
三坂峠の分岐点。 雨の降る中でしたが木陰でゆっくり昼食ができました。
白砂山・堂岩山・八間山 相変わらず重い足取りが続く。
相変わらず重い足取りが続く。
白砂山・堂岩山・八間山 稲包山
霧で何も見えません。
稲包山 霧で何も見えません。
白砂山・堂岩山・八間山 トレイルと稲包山との分岐点。
トレイルと稲包山との分岐点。
白砂山・堂岩山・八間山 霧が晴れ明るくなってきた。
苗場スキー場が見えます。
左の高所は筍山。
足元には旧三国スキー場が見えます。
霧が晴れ明るくなってきた。 苗場スキー場が見えます。 左の高所は筍山。 足元には旧三国スキー場が見えます。
白砂山・堂岩山・八間山 ここから見るとZ字型に辿ってきた稜線。
右の雲のかかっているのは上ノ倉山だろう。
左の端は小稲包山。
ここから見るとZ字型に辿ってきた稜線。 右の雲のかかっているのは上ノ倉山だろう。 左の端は小稲包山。
白砂山・堂岩山・八間山 北の方に三国山、左の先は平標山方面
北の方に三国山、左の先は平標山方面
白砂山・堂岩山・八間山 キワノ平ノ頭
キワノ平ノ頭
白砂山・堂岩山・八間山 南を振り返ると
右の稲包山から赤沢山に続く稜線。
南を振り返ると 右の稲包山から赤沢山に続く稜線。
白砂山・堂岩山・八間山 最後の急登を終え長倉山。
もうこの先登りはないのでホッと一息。
最後の急登を終え長倉山。 もうこの先登りはないのでホッと一息。
白砂山・堂岩山・八間山 三国峠のルート入口。
私たちにとっては出口。
三国峠のルート入口。 私たちにとっては出口。
白砂山・堂岩山・八間山 三国峠に到着して危なっかしい私をカバーしながら無事に来たので息子もホッと一息といったところ。
三国峠に到着して危なっかしい私をカバーしながら無事に来たので息子もホッと一息といったところ。
白砂山・堂岩山・八間山 三国トンネルの入り口
三国トンネルの入り口
白砂山・堂岩山・八間山 国道17号線から法師温泉道の入り口。
国道17号線から法師温泉道の入り口。
白砂山・堂岩山・八間山 川を幾度も渡って降りてきました。
ヘッドライトが必要なほどになりました。
川を幾度も渡って降りてきました。 ヘッドライトが必要なほどになりました。
白砂山・堂岩山・八間山 法師温泉着
入る前に宿の人が山ヒル点検。
食われはしなかったが2人で8匹も見つかった。
法師温泉着 入る前に宿の人が山ヒル点検。 食われはしなかったが2人で8匹も見つかった。
白砂山・堂岩山・八間山 1st+ 2nd の軌跡
家までの3rd  stage は日を改めて繋ぎたいと思います。
1st+ 2nd の軌跡 家までの3rd stage は日を改めて繋ぎたいと思います。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす