黒部源流1日目 双六小屋-2020-09-19

2020.09.19(土) 日帰り
デラ坊や
デラ坊や

活動詳細

もっと見る

この連休はいつもの山友A氏と飯豊連峰だったのですが、仕事の都合でキャンセルに!突然ひとりになり、北アルプスは予約でいっぱい・・・。しかし、三俣テントサイトは「予約なし」!?夏の雲ノ平縦走で行ききれなかった水晶・黒部五郎・高天原があるじゃないか!っということで、三俣ベースにピストン連チャンを決行することにしました。 中学時代の先生が言っていました。「夏休みが終わっても宿題のできていない人は最後まで提出しなさい」と。「宿題」を終わらせないと、夏が終わらない!というわけで行ってきました。 今回はピストン山行なので、ログを繋げず1日毎独立で進めます。 9/19(土)1日目 仕事終わって新穂高へ。2:30に新穂高第3駐車場着、スノーシェイドの途中で左に入りますが気を付けていないと通り過ぎてしまいます。連休初日でしたがまだ空いていました。仮眠して5時出発のはずが寝坊して6時に。天気は曇り、予報ではこの後回復のはず?駐車場はこの段階でもわずかに空いていました。 まずは、わさび平小屋の先まで舗装路と砂利道が交互になる約6Km林道歩きです。準備運動と思ってひたすら歩きます。小池新道は平らな石が引き詰められていてとても歩きやすく、管理される方々に感謝感激。秩父沢・シシウドが原の休憩ポイントを過ぎると穂高連峰が顔を見せます。歩きやすい道を高度を上げて鏡池。雲多く槍穂高はスッキリ見えませんでした。 当初は三俣テントサイトまで行く予定でしたが、ダメもとで双六小屋にTELしたらキャンセルが出て滑り込めました。初日から無理せずに体力温存できてラッキーでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす