涸沢カールテン泊から奥穂高岳ピストン

2020.09.22(火) 2 DAYS

初テント泊のメンバーも含め、友人と4人で涸沢カールにテント泊に行きました。 当初の予定では、2泊して、中日の2日目に奥穂高岳と涸沢岳に登る予定でしたが、最終日に台風が来るという予報を見て、1泊で切り上げることになりました。 1泊で上高地から涸沢カールまでのピストンだけでは物足りなかった私は、2日目の早朝にソロで奥穂高岳ピストンしてきました。その後の涸沢カールから上高地までの歩きがキツかった💦 下山後、松本のホテルに泊まり、反省会🍻濃厚な2日間でした。ホテルでレポ書いてます。

深夜2時頃に沢渡の第3駐車場に車を停め、仮眠後、4時半にタクシーで上高地に向かいました。タクシーの運転手さんの話では、前日の21日は、道路が工事で片側交互通行になっており、大渋滞が発生し、帰りのバスは3時間近く待った人もいたのではないかとのことでした。
上高地バスターミナルで身支度を整えていざスタート。

深夜2時頃に沢渡の第3駐車場に車を停め、仮眠後、4時半にタクシーで上高地に向かいました。タクシーの運転手さんの話では、前日の21日は、道路が工事で片側交互通行になっており、大渋滞が発生し、帰りのバスは3時間近く待った人もいたのではないかとのことでした。 上高地バスターミナルで身支度を整えていざスタート。

深夜2時頃に沢渡の第3駐車場に車を停め、仮眠後、4時半にタクシーで上高地に向かいました。タクシーの運転手さんの話では、前日の21日は、道路が工事で片側交互通行になっており、大渋滞が発生し、帰りのバスは3時間近く待った人もいたのではないかとのことでした。 上高地バスターミナルで身支度を整えていざスタート。

早朝の河童橋。

早朝の河童橋。

早朝の河童橋。

明神岳に朝日が当たって神々しい。

明神岳に朝日が当たって神々しい。

明神岳に朝日が当たって神々しい。

明神に着きました。

明神に着きました。

明神に着きました。

横尾大橋。涸沢から降ってくる人が多い💦ここから涸沢カールまででする違った人は5百人以上いたと思います。ここまでにすれ違った人も入れると、昨日の涸沢カールの混雑振りが想像できます。

横尾大橋。涸沢から降ってくる人が多い💦ここから涸沢カールまででする違った人は5百人以上いたと思います。ここまでにすれ違った人も入れると、昨日の涸沢カールの混雑振りが想像できます。

横尾大橋。涸沢から降ってくる人が多い💦ここから涸沢カールまででする違った人は5百人以上いたと思います。ここまでにすれ違った人も入れると、昨日の涸沢カールの混雑振りが想像できます。

屏風岩

屏風岩

屏風岩

奥には北穂高岳。

奥には北穂高岳。

奥には北穂高岳。

吊り橋を渡ってから登りがキツくなってきます。

吊り橋を渡ってから登りがキツくなってきます。

吊り橋を渡ってから登りがキツくなってきます。

涸沢カールが見えました。紅葉にはまだ少し早かったようです。

涸沢カールが見えました。紅葉にはまだ少し早かったようです。

涸沢カールが見えました。紅葉にはまだ少し早かったようです。

涸沢ヒュッテに到着。
テント泊装備(20kg)で6時間掛かってしまいました。

涸沢ヒュッテに到着。 テント泊装備(20kg)で6時間掛かってしまいました。

涸沢ヒュッテに到着。 テント泊装備(20kg)で6時間掛かってしまいました。

前穂高岳方向。雲が多いです。

前穂高岳方向。雲が多いです。

前穂高岳方向。雲が多いです。

テント設営完了。

テント設営完了。

テント設営完了。

初テント泊組も設営完了。

初テント泊組も設営完了。

初テント泊組も設営完了。

今晩の宿が完成。

今晩の宿が完成。

今晩の宿が完成。

涸沢カールを囲む山々が圧巻です。

涸沢カールを囲む山々が圧巻です。

涸沢カールを囲む山々が圧巻です。

涸沢ヒュッテ名物のおでんとビール🍺

涸沢ヒュッテ名物のおでんとビール🍺

涸沢ヒュッテ名物のおでんとビール🍺

乾杯。

乾杯。

乾杯。

やることないので、夕飯を早めにスタート。
今日の晩ご飯は、冷凍餃子🥟と冷凍味噌漬け豚肉。

やることないので、夕飯を早めにスタート。 今日の晩ご飯は、冷凍餃子🥟と冷凍味噌漬け豚肉。

やることないので、夕飯を早めにスタート。 今日の晩ご飯は、冷凍餃子🥟と冷凍味噌漬け豚肉。

まずは餃子🥟。羽を作ろうと残った小麦粉を入れたのが失敗で、ブヨブヨになっちゃいました。でも味はまずます。もっとニンニクの効いたものの方が良かったかも。

まずは餃子🥟。羽を作ろうと残った小麦粉を入れたのが失敗で、ブヨブヨになっちゃいました。でも味はまずます。もっとニンニクの効いたものの方が良かったかも。

まずは餃子🥟。羽を作ろうと残った小麦粉を入れたのが失敗で、ブヨブヨになっちゃいました。でも味はまずます。もっとニンニクの効いたものの方が良かったかも。

豚肉美味い。2泊分と思って持ってきた日本酒900mLを飲み切り、すっかり酔っ払って早々に寝てしまいました。
しかし、22時ごろに突然雨が降り、風が強くなり、前室のペグを止めていた重石が動き、ベグが抜けてしまいました。雨の中、ペグを再固定することになりました。すぐに風雨は止みましたが、ベグの固定はしっかりしておかないとダメですね。

豚肉美味い。2泊分と思って持ってきた日本酒900mLを飲み切り、すっかり酔っ払って早々に寝てしまいました。 しかし、22時ごろに突然雨が降り、風が強くなり、前室のペグを止めていた重石が動き、ベグが抜けてしまいました。雨の中、ペグを再固定することになりました。すぐに風雨は止みましたが、ベグの固定はしっかりしておかないとダメですね。

豚肉美味い。2泊分と思って持ってきた日本酒900mLを飲み切り、すっかり酔っ払って早々に寝てしまいました。 しかし、22時ごろに突然雨が降り、風が強くなり、前室のペグを止めていた重石が動き、ベグが抜けてしまいました。雨の中、ペグを再固定することになりました。すぐに風雨は止みましたが、ベグの固定はしっかりしておかないとダメですね。

3時に起き、準備をして、3時半にスタートして、パノラマコースで奥穂高岳に向かいました。
他のメンバーは、7時に涸沢を出発する予定なので、それまでに下山したい。制限時間3時間半。

3時に起き、準備をして、3時半にスタートして、パノラマコースで奥穂高岳に向かいました。 他のメンバーは、7時に涸沢を出発する予定なので、それまでに下山したい。制限時間3時間半。

3時に起き、準備をして、3時半にスタートして、パノラマコースで奥穂高岳に向かいました。 他のメンバーは、7時に涸沢を出発する予定なので、それまでに下山したい。制限時間3時間半。

見晴台らしいです。テントの明かりが見えていましたが、残念ながら写真には何も写りません。

見晴台らしいです。テントの明かりが見えていましたが、残念ながら写真には何も写りません。

見晴台らしいです。テントの明かりが見えていましたが、残念ながら写真には何も写りません。

もうちょっと。

もうちょっと。

もうちょっと。

穂高山荘に到着。ここまで1時間20分。
売店は5時から営業開始でしたが、そのまま奥穂高岳へ向かいました。

穂高山荘に到着。ここまで1時間20分。 売店は5時から営業開始でしたが、そのまま奥穂高岳へ向かいました。

穂高山荘に到着。ここまで1時間20分。 売店は5時から営業開始でしたが、そのまま奥穂高岳へ向かいました。

穂高山荘から鎖場、梯子を上ると、日の出前の薄明かりの中、山のシルエットが素晴らしい。

穂高山荘から鎖場、梯子を上ると、日の出前の薄明かりの中、山のシルエットが素晴らしい。

穂高山荘から鎖場、梯子を上ると、日の出前の薄明かりの中、山のシルエットが素晴らしい。

先行して登っている人がいます。

先行して登っている人がいます。

先行して登っている人がいます。

少し登って振り返ると槍のシルエット‼️

少し登って振り返ると槍のシルエット‼️

少し登って振り返ると槍のシルエット‼️

ジャンダルム

ジャンダルム

ジャンダルム

奥穂高岳山頂到着。ここまで1時間50分。

奥穂高岳山頂到着。ここまで1時間50分。

奥穂高岳山頂到着。ここまで1時間50分。

山頂には穂高神社嶺宮

山頂には穂高神社嶺宮

山頂には穂高神社嶺宮

槍のシルエットが良いですね。

槍のシルエットが良いですね。

槍のシルエットが良いですね。

西穂高方面。いつかは行ってみたい。

西穂高方面。いつかは行ってみたい。

西穂高方面。いつかは行ってみたい。

上高地が見下ろせます。

上高地が見下ろせます。

上高地が見下ろせます。

前穂高岳方面。吊尾根。

前穂高岳方面。吊尾根。

前穂高岳方面。吊尾根。

だんだん明るくなってきました。さあ戻ります。タイムリミットまで1時間半。

だんだん明るくなってきました。さあ戻ります。タイムリミットまで1時間半。

だんだん明るくなってきました。さあ戻ります。タイムリミットまで1時間半。

いつかは行きたいジャンダルム。

いつかは行きたいジャンダルム。

いつかは行きたいジャンダルム。

少しずつ明るくなり、槍もシルエットではなくなってきました。

少しずつ明るくなり、槍もシルエットではなくなってきました。

少しずつ明るくなり、槍もシルエットではなくなってきました。

穂高山荘が見えてきました。

穂高山荘が見えてきました。

穂高山荘が見えてきました。

よく見る構図

よく見る構図

よく見る構図

梯子の上から見下ろすとこんな感じ。

梯子の上から見下ろすとこんな感じ。

梯子の上から見下ろすとこんな感じ。

穂高山荘前から。雲の上から日が出てきました。休憩している時間がないので、先を急ぎます。タイムリミットまで1時間10分。

穂高山荘前から。雲の上から日が出てきました。休憩している時間がないので、先を急ぎます。タイムリミットまで1時間10分。

穂高山荘前から。雲の上から日が出てきました。休憩している時間がないので、先を急ぎます。タイムリミットまで1時間10分。

ザイテングラートを下ります。

ザイテングラートを下ります。

ザイテングラートを下ります。

涸沢のテント場が近づいてきました。

涸沢のテント場が近づいてきました。

涸沢のテント場が近づいてきました。

涸沢小屋前を通過。

涸沢小屋前を通過。

涸沢小屋前を通過。

6時半に無事にテントに戻ることができました。奥穂高岳ピストン3時間でした。
今日の涸沢カールは、素晴らしい青空です。画面左寄りに先ほど登った奥穂高岳。

6時半に無事にテントに戻ることができました。奥穂高岳ピストン3時間でした。 今日の涸沢カールは、素晴らしい青空です。画面左寄りに先ほど登った奥穂高岳。

6時半に無事にテントに戻ることができました。奥穂高岳ピストン3時間でした。 今日の涸沢カールは、素晴らしい青空です。画面左寄りに先ほど登った奥穂高岳。

蝶ヶ岳、常念岳方向

蝶ヶ岳、常念岳方向

蝶ヶ岳、常念岳方向

涸沢ヒュッテに移動し、朝食。

涸沢ヒュッテに移動し、朝食。

涸沢ヒュッテに移動し、朝食。

涸沢ヒュッテから。

涸沢ヒュッテから。

涸沢ヒュッテから。

下山します。

下山します。

下山します。

吊り橋を渡り

吊り橋を渡り

吊り橋を渡り

屏風岩前を通過。

屏風岩前を通過。

屏風岩前を通過。

北穂高岳。昨日も同じ構図の写真撮ってたけど思わず撮ってしまう。

北穂高岳。昨日も同じ構図の写真撮ってたけど思わず撮ってしまう。

北穂高岳。昨日も同じ構図の写真撮ってたけど思わず撮ってしまう。

横尾大橋

横尾大橋

横尾大橋

今回のメンバー

今回のメンバー

今回のメンバー

明神まで戻ってきました。明神橋を渡り、対岸へ。

明神まで戻ってきました。明神橋を渡り、対岸へ。

明神まで戻ってきました。明神橋を渡り、対岸へ。

散策路を通っていくと岳沢湿原。

散策路を通っていくと岳沢湿原。

散策路を通っていくと岳沢湿原。

立ち枯れた木々と山

立ち枯れた木々と山

立ち枯れた木々と山

思わず写真を撮ってしまう。

思わず写真を撮ってしまう。

思わず写真を撮ってしまう。

明神岳方向も

明神岳方向も

明神岳方向も

河童橋からの穂高連峰。無事に戻ってきました。
この後、タクシーで沢渡の駐車場に戻り、松本のホテルに泊まり、飲み会🍻で締めました。濃厚な2日間でした。

河童橋からの穂高連峰。無事に戻ってきました。 この後、タクシーで沢渡の駐車場に戻り、松本のホテルに泊まり、飲み会🍻で締めました。濃厚な2日間でした。

河童橋からの穂高連峰。無事に戻ってきました。 この後、タクシーで沢渡の駐車場に戻り、松本のホテルに泊まり、飲み会🍻で締めました。濃厚な2日間でした。

深夜2時頃に沢渡の第3駐車場に車を停め、仮眠後、4時半にタクシーで上高地に向かいました。タクシーの運転手さんの話では、前日の21日は、道路が工事で片側交互通行になっており、大渋滞が発生し、帰りのバスは3時間近く待った人もいたのではないかとのことでした。 上高地バスターミナルで身支度を整えていざスタート。

早朝の河童橋。

明神岳に朝日が当たって神々しい。

明神に着きました。

横尾大橋。涸沢から降ってくる人が多い💦ここから涸沢カールまででする違った人は5百人以上いたと思います。ここまでにすれ違った人も入れると、昨日の涸沢カールの混雑振りが想像できます。

屏風岩

奥には北穂高岳。

吊り橋を渡ってから登りがキツくなってきます。

涸沢カールが見えました。紅葉にはまだ少し早かったようです。

涸沢ヒュッテに到着。 テント泊装備(20kg)で6時間掛かってしまいました。

前穂高岳方向。雲が多いです。

テント設営完了。

初テント泊組も設営完了。

今晩の宿が完成。

涸沢カールを囲む山々が圧巻です。

涸沢ヒュッテ名物のおでんとビール🍺

乾杯。

やることないので、夕飯を早めにスタート。 今日の晩ご飯は、冷凍餃子🥟と冷凍味噌漬け豚肉。

まずは餃子🥟。羽を作ろうと残った小麦粉を入れたのが失敗で、ブヨブヨになっちゃいました。でも味はまずます。もっとニンニクの効いたものの方が良かったかも。

豚肉美味い。2泊分と思って持ってきた日本酒900mLを飲み切り、すっかり酔っ払って早々に寝てしまいました。 しかし、22時ごろに突然雨が降り、風が強くなり、前室のペグを止めていた重石が動き、ベグが抜けてしまいました。雨の中、ペグを再固定することになりました。すぐに風雨は止みましたが、ベグの固定はしっかりしておかないとダメですね。

3時に起き、準備をして、3時半にスタートして、パノラマコースで奥穂高岳に向かいました。 他のメンバーは、7時に涸沢を出発する予定なので、それまでに下山したい。制限時間3時間半。

見晴台らしいです。テントの明かりが見えていましたが、残念ながら写真には何も写りません。

もうちょっと。

穂高山荘に到着。ここまで1時間20分。 売店は5時から営業開始でしたが、そのまま奥穂高岳へ向かいました。

穂高山荘から鎖場、梯子を上ると、日の出前の薄明かりの中、山のシルエットが素晴らしい。

先行して登っている人がいます。

少し登って振り返ると槍のシルエット‼️

ジャンダルム

奥穂高岳山頂到着。ここまで1時間50分。

山頂には穂高神社嶺宮

槍のシルエットが良いですね。

西穂高方面。いつかは行ってみたい。

上高地が見下ろせます。

前穂高岳方面。吊尾根。

だんだん明るくなってきました。さあ戻ります。タイムリミットまで1時間半。

いつかは行きたいジャンダルム。

少しずつ明るくなり、槍もシルエットではなくなってきました。

穂高山荘が見えてきました。

よく見る構図

梯子の上から見下ろすとこんな感じ。

穂高山荘前から。雲の上から日が出てきました。休憩している時間がないので、先を急ぎます。タイムリミットまで1時間10分。

ザイテングラートを下ります。

涸沢のテント場が近づいてきました。

涸沢小屋前を通過。

6時半に無事にテントに戻ることができました。奥穂高岳ピストン3時間でした。 今日の涸沢カールは、素晴らしい青空です。画面左寄りに先ほど登った奥穂高岳。

蝶ヶ岳、常念岳方向

涸沢ヒュッテに移動し、朝食。

涸沢ヒュッテから。

下山します。

吊り橋を渡り

屏風岩前を通過。

北穂高岳。昨日も同じ構図の写真撮ってたけど思わず撮ってしまう。

横尾大橋

今回のメンバー

明神まで戻ってきました。明神橋を渡り、対岸へ。

散策路を通っていくと岳沢湿原。

立ち枯れた木々と山

思わず写真を撮ってしまう。

明神岳方向も

河童橋からの穂高連峰。無事に戻ってきました。 この後、タクシーで沢渡の駐車場に戻り、松本のホテルに泊まり、飲み会🍻で締めました。濃厚な2日間でした。

類似するルートを通った活動日記