初秋の立山・雄山!

2020.09.21(月) 日帰り
三丁目大納言
三丁目大納言

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

◎お礼の一言  先ず、スタッフバックを一の越山荘まで届けてくださった〇山市在住の〇西さん、本当にありがとうございました。応対してくださった一の越山荘の方々、小生のスマホに電話をしてくださった夫婦の方、山岳警備隊,○○のさん、再度お礼を述べさせていただきます。お世話になりました。 ※長文ですがお付き合いください。 ログを取り忘れたので日記と写真のみです。 ★当日の行動経路と時間 0730扇沢出発  0920室堂出発  1015祓堂着  1050一の越山荘着  1310雄山山頂着   1315下山開始  1405一の越山荘着   1520室堂着   1725扇沢着 ★家から扇沢まで  家族の許しを得て立山・雄山にチャレンジ。バスの発券が6時50分。今回は車中で眠ることにした。  家を出たのが午後4時過ぎ、安曇野ICを目指す。扇沢の手前の大町までは国道147号がすぐの浮かぶと思いますが、いわゆる五輪道路を使ったほうが15分近く早く着くと思います!  扇沢まではいわゆる大町アルペンライン。路面は荒れてはいませんでした。無料駐車場はありますが、扇沢まで徒歩で15分、20分はかかると思ってください。駅近くの有料駐車場が便利です。  駅の駐車場のゲートをくぐったのが午後10時近く。もう駅前駐車場はほとんど一杯!いったい何時から列が出来るのやら・・・。因みに2時40分位から並びましたが(3番目)、先頭の人は2時からでした! ★扇沢より立山室堂ターミナルまで  バスの発券が6時50分から始まり、300人位並んでいたと思います。コロナの影響で始発は150人程度。次発は8時。黒部豚まんは売り切れ・・・。  当日は水分の摂りすぎで毎度トイレへ・・・。各駅での乗り継ぎに支障をきたす恐れがあります。注意してください! ⇒トイレタイムで黒部平発の始発のロープウエイを逃しました・・・・。 ★立山室堂から一の越山荘まで  ヤマップを編集していたのにログの開始ボタンの押し忘れ。この時からアクシデントの予兆があったのかも・・・。  室堂駅で登山計画書を案内書で提出。ターミナルを出てびっくり。天気予報を覆す快晴!  余りの晴天に余計に緊張してきた。ストレッチの後に石碑の前で記念撮影。自撮りで我慢。地図とコンパスで方向の確認。歩道は整備がされてはいるが、ごつごつ歩きにくい。  汗をかいたので梅干しを食べるために、スタッフバックを入れ替えて詰め直した。この時だと思う。大失敗の置き忘れ。多分ベンチの上に置き忘れてしまったと思う。  一の越まで、100m位歩いては一息ついた。室堂平らで高地順応すべきかと迷ったが、一の越で長休憩することにした。何とか我慢して、一の越山荘に到着。 ★一の越山荘から雄山山頂へ  スマホを入れたスタッフバッグがないことに気が付いてすぐに山荘の人に連絡。山荘の前で休憩している人たちに恥も外聞も捨て、大声で「途中で置き忘れたこと」を叫んだ。スマホに財布に免許証、キャッシュカード類、極めつけは車の鍵(電子キー)も・・・。頭の中は真っ白、立ち上がることもできずにいた。警察の問い合わせに答えて時間が過ぎた。自分のスマホにかけることに一途の望みをかけた所、運よく見つけて下さった方と話が付いた。「15分後位に小屋に持って行く」とのこと。思い出すたびに感謝の言葉しか浮かばない。  気を取り直して山頂にチャレンジ。ザレ場と岩場が混在する。前後で距離を取り、特に落石に注意されたい。  12時に山荘を出発して1時過ぎに到着。鳥居も祠もはっきり見える。写真を撮ってから昼食のどら焼きを腹に入れて下山の準備。 ★下山開始から立山室堂ターミナルまで  膝の屈伸とふくらはぎをマッサージしてから下山。特に今日は気をつけねば・・・。黄色のマーキングを目指して降りてきた。浮石がよくあったので後ろの人に声をかけてあげた。歩幅を小さくゆっくり歩けば転ぶこともないと思った。  位置の越山荘に到着。水分補給をして室堂へ。途中、靴底がはがれた人にバンテージを貸してあげた。今日に限っては助けたもらったので少しのバンテージも惜しくない。ターミナル到着が3時過ぎ、時間的には予定より30分遅れ。 ★室堂ターミナル~扇沢まで  室堂を3時15分発。順調に黒部湖駅まで乗り継いだが、黒部ダム駅で大混雑。ダム湖観光の人も一緒になるので40分待ち。黒部ダム湖を5時5分発。扇沢に到着が5時25分、駐車場に5時半丁度に到着。  素早く着替えてストレッチ。温泉は車で約15分、大町温泉郷の薬師の湯。立山観光帰りの人が多いと聞く。大人一人750円。  汗を流した後、安曇野ICより。家に帰るまでが登山。気を抜かずに安全運転。忘れ物の無き事!  我が家の玄関のドアを開けたのが11時半過ぎ。うー、明日は仕事だ! ◎反 省 ①ザックをまとめた後にその場所を一目でも見ればスタッフバックに気が付いたはず。振り返って見直す。 ②持ち物には名前を付ける、或いは書くことにする。 ③出発前には水分を控える。 ④カード類の発行元もメモることにする。 ⑤前もってネット、電話等で情報収集、準備を怠らないこと。                                      以上  ご拝読いただきましてありがとうございました。        

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす