足尾でロッククライミング

2020.09.22(火) 日帰り
takuya
takuya

活動データ

行動時間

01:31

距離

6.3km

上り

379m

下り

618m

活動詳細

もっと見る

絶滅危惧種のアルパインクライマーを志す同い年の友人金ゴンがカムやナッツのセットの練習がしたいという事で久しぶりに足尾に行ってきました。最初は中央壁の左ランペルートへ。 中央壁では右ルート、中央ルンゼ、直上ルート、 左ルート左岩稜と一通り登り、唯一登っていないのがランペルートだけだったのでどんなもんなんかと思い取り付いてみました。 1P目 出だしは左ルートと同じですが壁にぶち当たった所から左上気味にトラバースしていきます。スタンス、ホールド共に乏しくフリクション頼みの所があり緊張する。 残置は皆無ですが小さめのナッツが多用出来るので気持ち的にはちょっと安心...だけどホンちゃんで落ちるのは絶対いやですね😆 トラバースが終わり、1箇所乗っ越す所が持ち手が甘く嫌らしい。そこを越えると開けたテラスに出るので立木で後続を確保する。 トポにはⅣ級+とあるが他の岩場と比べてグレードは上だと思う。 朝一から中々精神的にきっつ〜でした😅 2p目、左岩稜と途中で合流して大スラブへ。 そこからはいつも通りの簡単なルートが続くのでここからは金ゴンにリードをお願いしました。 ナチュプロのリードは初めてらしく、カムの選定で少々手こずっていたみたいですが無事トップアウト。3pを登りこぶし岩の頂上で写真を撮り一旦下まで降りる。 少し休憩して次は右壁の好ルート天狗岩ダイレクトを目指します。最初の1p、2pは簡単なルンゼなので全員アプローチシューズでスタート。金ゴンにリードをお願いして登ってもらいます。 天狗岩ダイレクトの3p、4pはⅤ級が2回続くのでクライミングシューズに履き替える。 3p目、真っ直ぐ走るクラックを頼りにスタート。 ここは開放感があってめちゃくちゃ楽しい。岩もしっかりしているので大胆なムーブが出せる。 バンドまで登り後続をビレイ。 4p目、少し降りて左上する。ここが嫌らしく緊張する。乗っ越したら右に上がり後は真っ直ぐ上がる。抜け口のチムニーを越えるのが中々楽しかった。 天狗岩の頭でみんなで握手をかわしそこから懸垂で下降し、取り付きまで戻り片付けを済ませて下山しました。 左ランペと天狗岩ダイレクトの継続は中々痺れましたが登りごたえのあるルートでどちらもおすすめです☺️✨ 金ゴンのナチュプロセット練習のつもりが気が付くと自分が楽しんでしまったことは反省ですね😅

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす