愛鷹山・袴腰岳・位牌岳・前岳

2020.09.22(火) 日帰り
酒酒
酒酒

活動データ

タイム

06:35

距離

19.8km

上り

1667m

下り

1254m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 連休の最終日、天気が良かったので未踏だった愛鷹山塊へ。  沼津駅7:20発のバスで、南麓の柳沢入口バス停まで。7:50、海抜ほぼ0mからのスタートです。  道路歩きが結構長く、ゴルフ場の最上部までアスファルト、標高400m近くまで稼ぎます。ここまで約1時間。ジリジリ暑かったです。  登山道も、伐採作業道の体で初めは割と広いです。しかし、雨が降ると川になるらしく、赤土剥き出しのところがあって滑ります。雨の下山には使いたくないルートです。  山頂に近づくに従い、V字に洗掘した赤土の道が増えて難儀します。山頂近くの水場は枯れていました。  山頂付近で二手に分かれ、右に行くと神社です。信仰の山であることを感じさせます。神社を抜けて左に行くと山頂。富士山がよく見えます。一等三角点も見どころです。この時初めて人に会いました。    そこから位牌岳まで縦走しますが、100m以内のちょっとしたアップダウンが袴腰岳まで続きます。途中、1203m地点(馬場平)は、ひらけた美しい森で、ブナの巨木があります。気持ちよさで言えば今回のハイライトでした。キャンプしたくなる場所です。  袴腰岳より先は、ゆるゆるした登りが続き、小一時間で今日の最高峰、位牌岳です。12:25に到着、コンディションがよく標準コースタイムより90分早くつきました。  あとは前岳経由で、須山方面に下るだけ。尾根歩きで足場が悪かったり、広い尾根で道が不明瞭だったりしますが、迷うことは無いと思います。  13:45に下山、コースタイムの65%の速い山行でした。水補給以外、休憩を取らずゆっくりでも歩く登山スタイルなので、割と早くなります。バスがないので帝人アカデミー富士まで3キロほど歩き、14:41発のバスで三島に戻りました。  予定では位牌岳から呼子岳に至るルート経由で、山塊を完全縦走しようと思いましたが、同区間の廃道化が進んでおり、遠目に見ても稜線のギザギザがかなり強いので、諦めて正解でした。クライミングの技術が必要そうです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす