越前岳リベンジ@親子登山

2020.09.22(火) 日帰り
shu-5
shu-5

活動詳細

もっと見る

ふんふふ~ん♪ 「だいすきだよ」って。ラブレターもらっちゃった♥️ やっぱ、俺様のガチ登山、見てる女子は見てるんだな、うんうん♪ えーと、なになに?「よしきくんへ」?宛名間違えちゃって可愛いなぁ。一文字もあってないし。おまけに、うちのチビの名前と同じだよ~ ・・・ 「よぉ~しぃ~きぃ~っっっ!そこにぃ座ぁれぇ~っ!真っ二つにたたっ切ってくれるわぁ~っ!!!🌋」 ――しばらくお待ちください―― ということで、結婚を約束したひ◯チャンという子がいるにもかかわらず、他の子といちゃこらしているチビの腑抜けた精神を鍛え直すために、山登り決行!! 場所は1月に途中ギブアップした愛鷹山(越前岳)。 ルートも同じ、チビには結構ハード(※)な十里木からのピストン。 ※距離、累積標高は大したことないのですが、道が荒れ荒れ。枝道だらけのうえに、どの道選んでもハズレとか割とあり。1mくらいの段差も普通。赤土の道は濡れてツルツル。大人でも嫌んなっちゃう。 チビは、「倍返しだぁ~🤣」と、ヤル気満々。 で、なんか難しいところもよじよじ頑張って、割りとあっさり登頂。下山も自分なりに工夫して、なんだかんだであっさり、、、しかも、最後の方は駆け下りる余裕っぷり、、、 苦手だった岩場や木の根の登りも、自分で登り易いルート考えて登っちゃう。 手をさしのべても、「自分で頑張ってるの!」と拒否。パパのすることと言えば、万が一に備えて、気づかれない程度に手を添えるだけ、、、 なんか、嬉しいような寂しいような、、、😭 パパは終いにゃ、「さっきから左の道ばっかり選んでるよね?」と言われたのに対し、「今日は世界左デーと言って、右か左か悩んだら左を選ぶ日なんだよ」とか、意味不明の嘘ウンチクを披露する始末、、、 余裕な雰囲気見せてた癖に、車が走り出した二分後に爆睡してる姿を見ながら思いました。 こうやって、段々手を離れていくんだなぁ、パパと交わした数千、数万のクソみたいな会話のうち、いつか一つ二つでも役にたつことがあったらいいなぁ、、、と😭😭 なんか、前が良く見えない、、、😭😭😭

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす