(Day2)アルペンルートから立山縦走(19th百名山・立山)

2020.09.22(火) 日帰り
hiroki
hiroki

Day2(9/22, Tue)  朝4:30頃起床。3時くらいから表は少し騒がしく、結構な人が剱岳に向かうのだなあと思ってました。剱岳の方を見てみると別山尾根にヘッデンのライトが数珠つなぎになってました。まだ暗かったのでまずは朝食を食べそれからテントの撤収を行います。6時ごろスタート。今日はメインイベントの立山三山+αの縦走です。まずは別山(南峰)を目指します。稜線に出るまで急登です。やや風が強かったですが晴れていて剱岳、後立山の峰々がよく見えます。荷物を別山(南峰)にデポして北峰にも行ってみます。なだらかな頂上からも素晴らしい眺望でした。南峰に戻ってから本格的に立山の稜線歩きです。真砂岳を経ていわゆる立山の富士ノ折立、大汝山、雄山を踏破していきます。最高峰の大汝山からは黒部ダムが見下ろせ、後立山の峰々も美しかった。雄山はやはり眺望がよく、立派な雄山神社、一等三角点があります。そこから一の越山荘のコルまで300mほど標高を落とされます。ちょうど本日の始発が室堂に到着した時間とあったのか、一の越山荘から雄山へ沢山の登山者が登ってきます。でもこちらも上りと下りの経路が分かれているので渋滞はありません。一の越山荘からまた登り返してます。斜度はそれほどでないのですが結構だらだら長い。。。浄土山南峰について行く予定のなかった龍王岳を見たら登っている人がいたので、登りたくなってしまいましたwだって地図に道がないんだもん。空身で岩峰を登って頂上へ。五色ヶ原がよく見えます。折立から薬師岳を経て、五色ヶ原へ抜けるルートもいつか。。。浄土山南峰から浄土山にはすぐに到着。これで立山三山(別山、立山、浄土山)を訪れるという今回の目標をクリアできました。そこから室堂に下山して、11:45発のバスで扇沢に向けて帰途につきます。連休を立山で過ごした方々でバスもほどほど混んでましたが、反対方向のバスを見ても結構混んでいたのはビックリ。今回アルペンルートをはじめて使ってみていい経験でした。室堂の駅で地上に出たときのワープ気分は感動です。これからも裏銀座や読売新道を歩くことがあればまた来ることもあると思うので様子が分かりました。  大町の薬師の湯は良かったですが、やや施設が古いので帰りは8月に寄った中房のしゃくなげの湯で汗を流してから帰宅しました。長野の街道沿いの畑はコスモスと白く可憐なそばの花が美しかった。新そば喰いに来たいですねえ。連休の最終日でしたが、夜の9時前には帰宅できました。お疲れ様でした。

テントから首を出してみると、劒に向かうヘッデンがチラチラと。。。おつかれさまです。

テントから首を出してみると、劒に向かうヘッデンがチラチラと。。。おつかれさまです。

テントから首を出してみると、劒に向かうヘッデンがチラチラと。。。おつかれさまです。

今朝は5℃くらい。上下ダウンで武装して寒く無かったです。

今朝は5℃くらい。上下ダウンで武装して寒く無かったです。

今朝は5℃くらい。上下ダウンで武装して寒く無かったです。

モルゲンです。剣御前の方。

モルゲンです。剣御前の方。

モルゲンです。剣御前の方。

モルゲンの剱岳。テント撤収します。

モルゲンの剱岳。テント撤収します。

モルゲンの剱岳。テント撤収します。

今日はメインイベントの立山縦走です。まずは別山に向けて登ります。昨晩泊まった劒沢キャンプ場も足元に小さく。奥に剱岳はやはりこっちから眺望はいいですね。

今日はメインイベントの立山縦走です。まずは別山に向けて登ります。昨晩泊まった劒沢キャンプ場も足元に小さく。奥に剱岳はやはりこっちから眺望はいいですね。

今日はメインイベントの立山縦走です。まずは別山に向けて登ります。昨晩泊まった劒沢キャンプ場も足元に小さく。奥に剱岳はやはりこっちから眺望はいいですね。

稜線に出るとちょっと風が強い。別山(南峰)到着。右にすぐ北峰があるので行ってみる。左は剣、真ん中奥は後立山の白馬三山。

稜線に出るとちょっと風が強い。別山(南峰)到着。右にすぐ北峰があるので行ってみる。左は剣、真ん中奥は後立山の白馬三山。

稜線に出るとちょっと風が強い。別山(南峰)到着。右にすぐ北峰があるので行ってみる。左は剣、真ん中奥は後立山の白馬三山。

別山(北峰)到着。

別山(北峰)到着。

別山(北峰)到着。

富士山も何とか見えた。左の鋭い山は針ノ木岳。

富士山も何とか見えた。左の鋭い山は針ノ木岳。

富士山も何とか見えた。左の鋭い山は針ノ木岳。

右の後立山の峰々と左の剱岳。この角度だと劒の八ッ峰と源次郎尾根が重ならず、別れて見える。

右の後立山の峰々と左の剱岳。この角度だと劒の八ッ峰と源次郎尾根が重ならず、別れて見える。

右の後立山の峰々と左の剱岳。この角度だと劒の八ッ峰と源次郎尾根が重ならず、別れて見える。

別山(北峰)から右の南峰と左はこれから歩く立山の峰々。風強い。

別山(北峰)から右の南峰と左はこれから歩く立山の峰々。風強い。

別山(北峰)から右の南峰と左はこれから歩く立山の峰々。風強い。

別山(南峰)に帰ってきました。

別山(南峰)に帰ってきました。

別山(南峰)に帰ってきました。

さあ、立山へ縦走開始。

さあ、立山へ縦走開始。

さあ、立山へ縦走開始。

気持ちのいい道です。

気持ちのいい道です。

気持ちのいい道です。

真砂岳着。

真砂岳着。

真砂岳着。

いよいよ次は立山(富士ノ折立)へ。

いよいよ次は立山(富士ノ折立)へ。

いよいよ次は立山(富士ノ折立)へ。

立山(富士ノ折立)です。

立山(富士ノ折立)です。

立山(富士ノ折立)です。

室堂側。箱庭みたい。奥大日もいつか行ってみたいですね。

室堂側。箱庭みたい。奥大日もいつか行ってみたいですね。

室堂側。箱庭みたい。奥大日もいつか行ってみたいですね。

立山最高峰の大汝山です。

立山最高峰の大汝山です。

立山最高峰の大汝山です。

立山(大汝山)

立山(大汝山)

立山(大汝山)

昨日歩いた黒部ダムが見下ろせます。

昨日歩いた黒部ダムが見下ろせます。

昨日歩いた黒部ダムが見下ろせます。

夏に行った槍ヶ岳。手前は野口五郎岳でした。

夏に行った槍ヶ岳。手前は野口五郎岳でした。

夏に行った槍ヶ岳。手前は野口五郎岳でした。

立山(雄山)到着。

立山(雄山)到着。

立山(雄山)到着。

立山の象徴、雄山神社。

立山の象徴、雄山神社。

立山の象徴、雄山神社。

歩いてきた大汝山、富士ノ折立、真砂岳、別山、左奥に劒。

歩いてきた大汝山、富士ノ折立、真砂岳、別山、左奥に劒。

歩いてきた大汝山、富士ノ折立、真砂岳、別山、左奥に劒。

後立山の稜線

後立山の稜線

後立山の稜線

雄山神社社務所。開いてませんでした。

雄山神社社務所。開いてませんでした。

雄山神社社務所。開いてませんでした。

雄山は貫禄の一等三角点

雄山は貫禄の一等三角点

雄山は貫禄の一等三角点

一の越山荘まで雄山から一旦、300m標高落とします。

一の越山荘まで雄山から一旦、300m標高落とします。

一の越山荘まで雄山から一旦、300m標高落とします。

降りてきた雄山。登っていく人がたくさんいます。

降りてきた雄山。登っていく人がたくさんいます。

降りてきた雄山。登っていく人がたくさんいます。

登り返しで浄土山方向に進みます。

登り返しで浄土山方向に進みます。

登り返しで浄土山方向に進みます。

稜線に出ました。

稜線に出ました。

稜線に出ました。

龍王山。地図にここへの道が無いので行けないのかと思ったら登っている人が見えたので行ってみることにしました。

龍王山。地図にここへの道が無いので行けないのかと思ったら登っている人が見えたので行ってみることにしました。

龍王山。地図にここへの道が無いので行けないのかと思ったら登っている人が見えたので行ってみることにしました。

中央の道は五色ヶ原に至る道です。左奥の槍ヶ岳と右奥のとんがりの笠ヶ岳が特徴的です。

中央の道は五色ヶ原に至る道です。左奥の槍ヶ岳と右奥のとんがりの笠ヶ岳が特徴的です。

中央の道は五色ヶ原に至る道です。左奥の槍ヶ岳と右奥のとんがりの笠ヶ岳が特徴的です。

龍王岳。後は今日歩いてきた立山の稜線。

龍王岳。後は今日歩いてきた立山の稜線。

龍王岳。後は今日歩いてきた立山の稜線。

台地の中にポツンと五色ヶ原山荘が見えます。その奥には薬師岳。折立から薬師岳を経由して縦走もしてみたかったけど2泊が捻出できなかった。

台地の中にポツンと五色ヶ原山荘が見えます。その奥には薬師岳。折立から薬師岳を経由して縦走もしてみたかったけど2泊が捻出できなかった。

台地の中にポツンと五色ヶ原山荘が見えます。その奥には薬師岳。折立から薬師岳を経由して縦走もしてみたかったけど2泊が捻出できなかった。

浄土山に向かいます。チングルマと草黄葉

浄土山に向かいます。チングルマと草黄葉

浄土山に向かいます。チングルマと草黄葉

ちょっと遠かったけどお会いできました。

ちょっと遠かったけどお会いできました。

ちょっと遠かったけどお会いできました。

ホシガラスです。この辺りが浄土山です。

ホシガラスです。この辺りが浄土山です。

ホシガラスです。この辺りが浄土山です。

浄土山から見る立山(雄山)。

浄土山から見る立山(雄山)。

浄土山から見る立山(雄山)。

あの丘のような所が浄土山。これがラストピーク、立山三山コンプリートです。ここから室堂に向けて下山です。

あの丘のような所が浄土山。これがラストピーク、立山三山コンプリートです。ここから室堂に向けて下山です。

あの丘のような所が浄土山。これがラストピーク、立山三山コンプリートです。ここから室堂に向けて下山です。

立山室堂山荘が近くなってきました。

立山室堂山荘が近くなってきました。

立山室堂山荘が近くなってきました。

そろそろ立山ともお別れ。素晴らしい所でした。草紅葉が何となく進んでますね。

そろそろ立山ともお別れ。素晴らしい所でした。草紅葉が何となく進んでますね。

そろそろ立山ともお別れ。素晴らしい所でした。草紅葉が何となく進んでますね。

室堂のターミナルに帰ってきました。11:45発のバスで扇沢に向けて出発。

室堂のターミナルに帰ってきました。11:45発のバスで扇沢に向けて出発。

室堂のターミナルに帰ってきました。11:45発のバスで扇沢に向けて出発。

黒四ダム。また渡るw

黒四ダム。また渡るw

黒四ダム。また渡るw

黒四から黒部川の上流。いつかは歩きたい読売新道の赤牛岳、水晶岳が見えた。

黒四から黒部川の上流。いつかは歩きたい読売新道の赤牛岳、水晶岳が見えた。

黒四から黒部川の上流。いつかは歩きたい読売新道の赤牛岳、水晶岳が見えた。

扇沢に帰ってきた。今回来てみて様子が分かったのでまた来てみたいです。

扇沢に帰ってきた。今回来てみて様子が分かったのでまた来てみたいです。

扇沢に帰ってきた。今回来てみて様子が分かったのでまた来てみたいです。

関電トンネルの難工事を極めた破砕帯の湧水のサイダー、”ハサイダー”w普通のサイダーより甘みが低めですっきりした感じ。

関電トンネルの難工事を極めた破砕帯の湧水のサイダー、”ハサイダー”w普通のサイダーより甘みが低めですっきりした感じ。

関電トンネルの難工事を極めた破砕帯の湧水のサイダー、”ハサイダー”w普通のサイダーより甘みが低めですっきりした感じ。

テントから首を出してみると、劒に向かうヘッデンがチラチラと。。。おつかれさまです。

今朝は5℃くらい。上下ダウンで武装して寒く無かったです。

モルゲンです。剣御前の方。

モルゲンの剱岳。テント撤収します。

今日はメインイベントの立山縦走です。まずは別山に向けて登ります。昨晩泊まった劒沢キャンプ場も足元に小さく。奥に剱岳はやはりこっちから眺望はいいですね。

稜線に出るとちょっと風が強い。別山(南峰)到着。右にすぐ北峰があるので行ってみる。左は剣、真ん中奥は後立山の白馬三山。

別山(北峰)到着。

富士山も何とか見えた。左の鋭い山は針ノ木岳。

右の後立山の峰々と左の剱岳。この角度だと劒の八ッ峰と源次郎尾根が重ならず、別れて見える。

別山(北峰)から右の南峰と左はこれから歩く立山の峰々。風強い。

別山(南峰)に帰ってきました。

さあ、立山へ縦走開始。

気持ちのいい道です。

真砂岳着。

いよいよ次は立山(富士ノ折立)へ。

立山(富士ノ折立)です。

室堂側。箱庭みたい。奥大日もいつか行ってみたいですね。

立山最高峰の大汝山です。

立山(大汝山)

昨日歩いた黒部ダムが見下ろせます。

夏に行った槍ヶ岳。手前は野口五郎岳でした。

立山(雄山)到着。

立山の象徴、雄山神社。

歩いてきた大汝山、富士ノ折立、真砂岳、別山、左奥に劒。

後立山の稜線

雄山神社社務所。開いてませんでした。

雄山は貫禄の一等三角点

一の越山荘まで雄山から一旦、300m標高落とします。

降りてきた雄山。登っていく人がたくさんいます。

登り返しで浄土山方向に進みます。

稜線に出ました。

龍王山。地図にここへの道が無いので行けないのかと思ったら登っている人が見えたので行ってみることにしました。

中央の道は五色ヶ原に至る道です。左奥の槍ヶ岳と右奥のとんがりの笠ヶ岳が特徴的です。

龍王岳。後は今日歩いてきた立山の稜線。

台地の中にポツンと五色ヶ原山荘が見えます。その奥には薬師岳。折立から薬師岳を経由して縦走もしてみたかったけど2泊が捻出できなかった。

浄土山に向かいます。チングルマと草黄葉

ちょっと遠かったけどお会いできました。

ホシガラスです。この辺りが浄土山です。

浄土山から見る立山(雄山)。

あの丘のような所が浄土山。これがラストピーク、立山三山コンプリートです。ここから室堂に向けて下山です。

立山室堂山荘が近くなってきました。

そろそろ立山ともお別れ。素晴らしい所でした。草紅葉が何となく進んでますね。

室堂のターミナルに帰ってきました。11:45発のバスで扇沢に向けて出発。

黒四ダム。また渡るw

黒四から黒部川の上流。いつかは歩きたい読売新道の赤牛岳、水晶岳が見えた。

扇沢に帰ってきた。今回来てみて様子が分かったのでまた来てみたいです。

関電トンネルの難工事を極めた破砕帯の湧水のサイダー、”ハサイダー”w普通のサイダーより甘みが低めですっきりした感じ。

類似するルートを通った活動日記