台高山脈縦走(明神平~大台ヶ原)

2020.09.19(土) 4 DAYS
穂高 大陸系
穂高 大陸系

活動詳細

もっと見る

学生時代(ワンゲル時代)からの友人R氏と2人で挑戦してきました。 途中ルートは歩いたことがなく、エスケープがほぼないながら、地道に歩けばたどり着くだろうと考えていましたが、池木屋山越えてからの ・エッヂの効いたキレッキレの小刻みなアップダウン ・自然に帰ろうとする道(ヤブ) ・皆迷って踏み跡の沢山ついた間違いルート ・夕焼け前に踏み跡が見えなくなる暗い道 ・水場、テント場の少なさ 等々、エキスパートもいいところのコースでした。 極めつけは2日目午後、湯谷の頭直下で、稜線の岩場がいやらしくてトラバースしたところ、60kg位の石が動き、石と共に滑落。幸い木の根を掴んで数mの落下、擦り傷で済みましたが間違えれば大事故、更に携帯電話の電波も繋がらないところが殆ど。かなり危ない思いをしました。 4日目の筏場道は国土地理院の地図、昭文社の地図で2015年より前の物は道が違っていて、地図を採るかテープを信じるか(YAMAPは地図の切り替えをしなかったので国土地理院に準じている)、結果テープを信じて歩けましたが… 他にも何ヵ所か地図と違うところがあり、無理やり直登したところもあり。ルートファインディングも超上級者向け(冬山でもここまで苦しむことは少ない)で終わったあと「生きてて良かった」となる道でした。 すれ違いは4名、老夫婦以外はトレラン及び夜中でも歩ける猛者。 まあ山中テント泊でスタートラインが高いのでそうそう飛び込む人はいないと思いますが、飛び込むなら万全の準備をお願いします。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす