佐渡島一周(208km)-2020-09-20_22

2020.09.20(日) 日帰り
otoutonoani
otoutonoani

昨年は足裏のトラブルで悔しいリタイア、173km地点。 今年は何とか完走する事が出来ました。 通常の山登りじゃないのでチェックポイントがおかしいですか、9/20朝6時に夫婦岩前をスタート、時計回りに佐渡島を一周、9/22朝5時過ぎにゴールしました。睡眠時間は90km地点の仮眠所で約30分、その後3日目の朝、公園のベンチで約15分。

スタートゴール地点となるホテル。
今年は密を避けるため、エントリーのランナー数を半数以下の80人に絞っての開催。

スタートゴール地点となるホテル。 今年は密を避けるため、エントリーのランナー数を半数以下の80人に絞っての開催。

スタートゴール地点となるホテル。 今年は密を避けるため、エントリーのランナー数を半数以下の80人に絞っての開催。

ホテルの窓から見たスタート前夜の日の入り。

ホテルの窓から見たスタート前夜の日の入り。

ホテルの窓から見たスタート前夜の日の入り。

ホテル前の夫婦岩。

ホテル前の夫婦岩。

ホテル前の夫婦岩。

20日朝6時前、ホテル前の広場に例年より少な目のランナーが集まってくる。

20日朝6時前、ホテル前の広場に例年より少な目のランナーが集まってくる。

20日朝6時前、ホテル前の広場に例年より少な目のランナーが集まってくる。

大会序盤、この田圃の左下の畦道を通って田圃後方の木々の下の畦道を走る。

大会序盤、この田圃の左下の畦道を通って田圃後方の木々の下の畦道を走る。

大会序盤、この田圃の左下の畦道を通って田圃後方の木々の下の畦道を走る。

田圃の先はこのようになっている。

田圃の先はこのようになっている。

田圃の先はこのようになっている。

木々のすぐ先はこのような景観。

木々のすぐ先はこのような景観。

木々のすぐ先はこのような景観。

エイドではないが、ここでは甘酒やコーヒー等が頂ける。

エイドではないが、ここでは甘酒やコーヒー等が頂ける。

エイドではないが、ここでは甘酒やコーヒー等が頂ける。

安寿姫の塚は舞鶴の山にあるが、話のなり行きから言うと佐渡島のほうが本物っぽい?

安寿姫の塚は舞鶴の山にあるが、話のなり行きから言うと佐渡島のほうが本物っぽい?

安寿姫の塚は舞鶴の山にあるが、話のなり行きから言うと佐渡島のほうが本物っぽい?

赤く見えるのが安寿の塚らしい。

赤く見えるのが安寿の塚らしい。

赤く見えるのが安寿の塚らしい。

30km地点の第一エイド。
今年はコロナ禍で場所が移動していた。

30km地点の第一エイド。 今年はコロナ禍で場所が移動していた。

30km地点の第一エイド。 今年はコロナ禍で場所が移動していた。

有名なZ坂の下段からの図

有名なZ坂の下段からの図

有名なZ坂の下段からの図

Z坂中段からの図

Z坂中段からの図

Z坂中段からの図

Z上段からの図

Z上段からの図

Z上段からの図

高所恐怖症の私が意を決して(^o^;)見た海府大橋からの眺望

高所恐怖症の私が意を決して(^o^;)見た海府大橋からの眺望

高所恐怖症の私が意を決して(^o^;)見た海府大橋からの眺望

大野亀、この後あの首筋を通る。

大野亀、この後あの首筋を通る。

大野亀、この後あの首筋を通る。

その首元から眺めた図、右側に人が見えるだろうか?

その首元から眺めた図、右側に人が見えるだろうか?

その首元から眺めた図、右側に人が見えるだろうか?

通称賽の河原、ここもコース。

通称賽の河原、ここもコース。

通称賽の河原、ここもコース。

60km地点のエイド

60km地点のエイド

60km地点のエイド

90km地点の仮眠所

90km地点の仮眠所

90km地点の仮眠所

120km地点のエイド

120km地点のエイド

120km地点のエイド

観光地宿根木への階段

観光地宿根木への階段

観光地宿根木への階段

160km地点の第4エイド手前からの光景。

160km地点の第4エイド手前からの光景。

160km地点の第4エイド手前からの光景。

左に見えるのは今回採用した二本のトレッキングポール

左に見えるのは今回採用した二本のトレッキングポール

左に見えるのは今回採用した二本のトレッキングポール

2日目の夕暮れ

2日目の夕暮れ

2日目の夕暮れ

ゴールは遥か向こうの海岸にある筈(^o^;)

ゴールは遥か向こうの海岸にある筈(^o^;)

ゴールは遥か向こうの海岸にある筈(^o^;)

現在地ポイントが佐渡島を時計回りに一周して正しくスタート地点にゴールする瞬間のスクリーンショット。

現在地ポイントが佐渡島を時計回りに一周して正しくスタート地点にゴールする瞬間のスクリーンショット。

現在地ポイントが佐渡島を時計回りに一周して正しくスタート地点にゴールする瞬間のスクリーンショット。

早朝に係わらすスタッフや走り終わった走友が出迎えてくれました!

早朝に係わらすスタッフや走り終わった走友が出迎えてくれました!

早朝に係わらすスタッフや走り終わった走友が出迎えてくれました!

スタートゴール地点となるホテル。 今年は密を避けるため、エントリーのランナー数を半数以下の80人に絞っての開催。

ホテルの窓から見たスタート前夜の日の入り。

ホテル前の夫婦岩。

20日朝6時前、ホテル前の広場に例年より少な目のランナーが集まってくる。

大会序盤、この田圃の左下の畦道を通って田圃後方の木々の下の畦道を走る。

田圃の先はこのようになっている。

木々のすぐ先はこのような景観。

エイドではないが、ここでは甘酒やコーヒー等が頂ける。

安寿姫の塚は舞鶴の山にあるが、話のなり行きから言うと佐渡島のほうが本物っぽい?

赤く見えるのが安寿の塚らしい。

30km地点の第一エイド。 今年はコロナ禍で場所が移動していた。

有名なZ坂の下段からの図

Z坂中段からの図

Z上段からの図

高所恐怖症の私が意を決して(^o^;)見た海府大橋からの眺望

大野亀、この後あの首筋を通る。

その首元から眺めた図、右側に人が見えるだろうか?

通称賽の河原、ここもコース。

60km地点のエイド

90km地点の仮眠所

120km地点のエイド

観光地宿根木への階段

160km地点の第4エイド手前からの光景。

左に見えるのは今回採用した二本のトレッキングポール

2日目の夕暮れ

ゴールは遥か向こうの海岸にある筈(^o^;)

現在地ポイントが佐渡島を時計回りに一周して正しくスタート地点にゴールする瞬間のスクリーンショット。

早朝に係わらすスタッフや走り終わった走友が出迎えてくれました!