国見岳(熊本・宮崎)-2020-09-22

2020.09.21(月) 日帰り
koji
koji

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ひと月前土石流で通行できず、あえなく撤退した国見岳にリベンジです。 すっかり涼しくなり、朝方は寒いくらいでした。ただし、昼はぐんぐん気温が上昇して、やはり暑いです。 それにしても、登山口にたどり着くのに一苦労の山です。九州道御船インターを降りてから車で約2時間、本当の登山口まで1時間近く歩きました。 頂上からの眺めは抜群で、阿蘇、九重、高千穂、雲仙、大崩など360度見渡せます。縦走もできるようですが、今日はおとなしくピストンします。登山者は意外と少なめでした。 帰りは御船インターから高速で福岡へ帰りましたが、福岡県に入る前から大渋滞です。やはり、秋の行楽シーズンですね。片側3車線の道路も、時々停止しながらのノロノロ運転でした。 最後に軌跡ですが,行のスタートから登山口までの軌跡がおかしな場所があります。地形の関係でGPSの測位が狂ったようです。決して,急傾斜を上り下りして登山口に行ったわけではありません。軌跡を参考にされている方が居ましたらご注意ください。

国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 アケボノソウ
アケボノソウ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ?
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ゲンノショウコ
ゲンノショウコ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 アケボノソウ
アケボノソウ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 アケボノソウ
アケボノソウ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 マツカゼソウ
マツカゼソウ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ここが8月に撤退した土石流の場所です。現在も車は通行できません。
ここが8月に撤退した土石流の場所です。現在も車は通行できません。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 この向こうに渡ります。
この向こうに渡ります。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 遥か上方から崩れています。
遥か上方から崩れています。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 現在は、なんとか人は通れるようにしてありますが、少し埋めてステップが切ってあるのみなので、慎重に渡ります。
現在は、なんとか人は通れるようにしてありますが、少し埋めてステップが切ってあるのみなので、慎重に渡ります。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 渡り終えました。
下方もこんな具合です。
渡り終えました。 下方もこんな具合です。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ツリバナ
ツリバナ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ここも土石流です。
ここも土石流です。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ここは足場がきちんとあります。
ここは足場がきちんとあります。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 視界が開けました。これは国見岳では無いようです。
視界が開けました。これは国見岳では無いようです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 烏帽子岳登山口を通り過ぎます。ここから縦走も可能なようです。
烏帽子岳登山口を通り過ぎます。ここから縦走も可能なようです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 やっと五勇谷ゲートまで来ました。崩落前は、ここまで車で来れましたが、現在はだめです。
やっと五勇谷ゲートまで来ました。崩落前は、ここまで車で来れましたが、現在はだめです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ゲートを越えてこんな林道を進んでいきます。
ゲートを越えてこんな林道を進んでいきます。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 橋がありました。
橋がありました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 旧国見岳登山口を通り過ぎます。このルートは現在危険で通行できないようです。
旧国見岳登山口を通り過ぎます。このルートは現在危険で通行できないようです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 今日は、ここ新国見岳登山口から登ります。ここまでが長かったです。
今日は、ここ新国見岳登山口から登ります。ここまでが長かったです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 イタドリと登山口の標識
イタドリと登山口の標識
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ツルリンドウの蕾がありました。
ツルリンドウの蕾がありました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ゲート側から来ました。帰りは上流側から帰ることにします。
ひとまず、山頂を目指します。
ゲート側から来ました。帰りは上流側から帰ることにします。 ひとまず、山頂を目指します。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 こんな道を進んでいきます。
こんな道を進んでいきます。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 サルノコシカケがありました。
サルノコシカケがありました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 高度が上がるとこんな林になります。
高度が上がるとこんな林になります。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 キンミズヒキ
キンミズヒキ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ?
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 こんな看板を見ると少し安心します。九重の風穴コースに、青地のこんな看板があったような。
こんな看板を見ると少し安心します。九重の風穴コースに、青地のこんな看板があったような。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 登ってきた道を振り返ります。
良い眺めです。
登ってきた道を振り返ります。 良い眺めです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 シャクナゲが結構あります。
来年の花は期待できるでしょうか。
シャクナゲが結構あります。 来年の花は期待できるでしょうか。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 大きなサルノコシカケがたくさんありました。
大きなサルノコシカケがたくさんありました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 もう少し大きかったら、中で休憩できそうです。
もう少し大きかったら、中で休憩できそうです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 尾根道をどんどん進みます。
尾根道をどんどん進みます。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 振り返るとなかなかの景色です。
振り返るとなかなかの景色です。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ここはそのまま直進です。
山頂まであと少しです。
ここはそのまま直進です。 山頂まであと少しです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 山頂に到着です。
先客がお一人居られました。
山頂に到着です。 先客がお一人居られました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 お昼にします。
お昼にします。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 山頂から雲仙方面です。
山頂から雲仙方面です。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 高千穂方面です。
高千穂方面です。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 市房山方面?
市房山方面?
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 烏帽子岳方面?
烏帽子岳方面?
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 阿蘇山方面と一番奥は九重
阿蘇山方面と一番奥は九重
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 縦走ができそうです。
縦走ができそうです。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 山頂の三角点
山頂の三角点
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 下山します
下山します
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ここを今度は右に行くことにします。
ここを今度は右に行くことにします。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 樅木登山口上流側の登山口に出ました。
樅木登山口上流側の登山口に出ました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ラクラクコースだそうです。確かに、行きのコースより傾斜は緩やかです。ここから林道をひたすら歩きます。
ラクラクコースだそうです。確かに、行きのコースより傾斜は緩やかです。ここから林道をひたすら歩きます。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 萩の花
萩の花
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 行きがけの新登山口まで戻ってきました。
行きがけの新登山口まで戻ってきました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 旧登山口を通り過ぎます。
旧登山口を通り過ぎます。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ゲンノショウコ
ゲンノショウコ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ミズヒキ
ミズヒキ
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ミスヒキの花
ミスヒキの花
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 川は綺麗ですが、豪雨の影響で石がたくさんあります。
川は綺麗ですが、豪雨の影響で石がたくさんあります。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ?
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 五勇谷ゲートまで戻ってきました。
五勇谷ゲートまで戻ってきました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 烏帽子岳登山口を通過します。
烏帽子岳登山口を通過します。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 一番ひどい土石流が遠くに見えます。
一番ひどい土石流が遠くに見えます。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 これも土石流の跡です。
ここは、まだ小さい方です。
これも土石流の跡です。 ここは、まだ小さい方です。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 一番大きな土石流跡を慎重に通過します。
一番大きな土石流跡を慎重に通過します。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 ここまで来るとホッとします。
車はまだ大分下に駐車しています。
ここまで来るとホッとします。 車はまだ大分下に駐車しています。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 帰る途中彼岸花が咲いている所がありました。
帰る途中彼岸花が咲いている所がありました。
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 彼岸花の蕾
彼岸花の蕾
国見岳(熊本県・宮崎県)・烏帽子岳 蜂さんはとても忙しいようです。せわしく花の間を移動しつつ、蜜を集めています。
蜂さんはとても忙しいようです。せわしく花の間を移動しつつ、蜜を集めています。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす