醍醐味は沢の上り下り 物見ヶ岳・高羽ヶ岳 &長門峡

2020.09.21(月) 日帰り
テッツー
テッツー

活動データ

タイム

08:00

距離

21.4km

上り

1260m

下り

1260m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 登り残し、気になっていた山口のいくつかの山々へ。山口市内から国道9号線へ。車中泊でプチ遠征。  JR長門峡からの周回行程は、沢の上り下りが体力、ルートファインディング力、判断力、悪路技術力が求められ、山頂展望以上に充実感を味わえました。  下山後、2度目の長門峡。今回は、竜宮渕までしっかり往復。  

高羽ヶ岳・物見ヶ岳 国道9号線を、しばらくロード。橋元集落の登山口へ。季節はもう秋。
国道9号線を、しばらくロード。橋元集落の登山口へ。季節はもう秋。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 山口線を渡り、
山口線を渡り、
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 稲刈りのすんだ畦道を進み、
稲刈りのすんだ畦道を進み、
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 電気柵をまたぎ越し、
電気柵をまたぎ越し、
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 ここが、迷うポイント。歩きやすいので、つい直進してしまいました。右の杉林に取り付きます。ピンクテープあり。
ここが、迷うポイント。歩きやすいので、つい直進してしまいました。右の杉林に取り付きます。ピンクテープあり。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 尾根ルートもあるんだ・・・
尾根ルートもあるんだ・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 立派すぎて感動の🕷の🕸。しばらくこのルートを登った人がいなくって、今日もいないってこと・・・
立派すぎて感動の🕷の🕸。しばらくこのルートを登った人がいなくって、今日もいないってこと・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 沢に出た! でもこれは、隣の沢。
沢に出た! でもこれは、隣の沢。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 テープを頼りに沢沿いを進み・・・
テープを頼りに沢沿いを進み・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 本来の沢ルートに向かって、当然小さく尾根越え。
本来の沢ルートに向かって、当然小さく尾根越え。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 沢の急斜面だから、こうなります。
沢の急斜面だから、こうなります。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 でもまあロープもあってクリア。危険箇所2つ。
でもまあロープもあってクリア。危険箇所2つ。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 川の名は、崩ケ谷川(つえがたに)。、登山道となる沢に出た! ここから沢沿いを一直線にたどります。
川の名は、崩ケ谷川(つえがたに)。、登山道となる沢に出た! ここから沢沿いを一直線にたどります。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 テープや地形から判断し、ルートファインディング。緊張半分😟、楽しさ半分😙。
テープや地形から判断し、ルートファインディング。緊張半分😟、楽しさ半分😙。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 長い沢筋から離れ、水音も消えて静寂・・・
長い沢筋から離れ、水音も消えて静寂・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 沢をたどって来ただけに、どっと急登が待っているのも自明の理。ほらね😭
沢をたどって来ただけに、どっと急登が待っているのも自明の理。ほらね😭
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 やっと斜面が切れてきた。山頂、稜線近し😅 背後からSLやまぐち号の咆哮🚂
やっと斜面が切れてきた。山頂、稜線近し😅 背後からSLやまぐち号の咆哮🚂
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 ニセピークに騙されたけど、はい物見ケ岳山頂。なお、写真撮ってすぐスルー。
ニセピークに騙されたけど、はい物見ケ岳山頂。なお、写真撮ってすぐスルー。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 3分下って狼岩。目指す高羽ケ岳と縦走路。真ん中に青野山ポコン。
3分下って狼岩。目指す高羽ケ岳と縦走路。真ん中に青野山ポコン。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 展望270度。数多の山々に囲まれています😄 道路地図帳で山座特定が楽しい。山口山岳会の方と、ああだこうだと議論。
展望270度。数多の山々に囲まれています😄 道路地図帳で山座特定が楽しい。山口山岳会の方と、ああだこうだと議論。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 秋の風爽やか。縦走路を進みます😙 でも、ルート若干薄い。
秋の風爽やか。縦走路を進みます😙 でも、ルート若干薄い。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 鞍部。ここから高羽ケ岳に向かっての登り。
鞍部。ここから高羽ケ岳に向かっての登り。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 つるでのびているからツルリンドウかな?
つるでのびているからツルリンドウかな?
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 山頂手前、ササが邪魔します。が、さほどのことなし。
山頂手前、ササが邪魔します。が、さほどのことなし。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 はい着いた、高羽ケ岳。
はい着いた、高羽ケ岳。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 展望広がります。石ケ岳方面。
展望広がります。石ケ岳方面。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 手作り感いっぱいの梯子を登ると・・・
手作り感いっぱいの梯子を登ると・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 物見ケ岳と縦走尾根。右に東西両鳳ベン山。
物見ケ岳と縦走尾根。右に東西両鳳ベン山。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 ん? 自己責任?
ん? 自己責任?
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 お〜😮 もっとすごい手作り梯子。
お〜😮 もっとすごい手作り梯子。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 タイマー10秒では、これが精いっぱい💦
タイマー10秒では、これが精いっぱい💦
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 最上部から、三角点の左に十種ケ峰。
最上部から、三角点の左に十種ケ峰。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 下山開始。笹の急斜面。
下山開始。笹の急斜面。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 林道コースとの分岐。下る沢道は難路の上級コース😳
林道コースとの分岐。下る沢道は難路の上級コース😳
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 沢の源頭。V字の真ん中を忠実に下ります。
沢の源頭。V字の真ん中を忠実に下ります。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 沢の初めの流れ。こうして川は始まるのです。
沢の初めの流れ。こうして川は始まるのです。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 あちこちの伏流水を集め、水量を増し、
あちこちの伏流水を集め、水量を増し、
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 山を下って行きます。鑪川。かつてタタラ製鉄に、関係していたのでしょうか? カンナ流しをしていたようにも見えないのですが・・・
山を下って行きます。鑪川。かつてタタラ製鉄に、関係していたのでしょうか? カンナ流しをしていたようにも見えないのですが・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 右岸左岸、渡渉とルートファインディングしながら下山。尾根ルートとの出合。林道からの稜線ピストンでは、この充実感は得られないでしょう。
右岸左岸、渡渉とルートファインディングしながら下山。尾根ルートとの出合。林道からの稜線ピストンでは、この充実感は得られないでしょう。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 集落に出てきました。
集落に出てきました。
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 靴とシャツを換え、長門峡へ。上り下りした沢水は、阿武川の流れに集まり、萩に向かい日本海へ注ぎます。こんな歌を口ずさみなから、流れをたどります・・・
靴とシャツを換え、長門峡へ。上り下りした沢水は、阿武川の流れに集まり、萩に向かい日本海へ注ぎます。こんな歌を口ずさみなから、流れをたどります・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 緑に濡れている山
  紅く燃えてる山
  白い眠りに就く山 
  いろんな色に・・・
🎵 緑に濡れている山   紅く燃えてる山   白い眠りに就く山    いろんな色に・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 姿を変えて 生命はめぐる
  街から遠く そんな風に見えた
🎵 姿を変えて 生命はめぐる   街から遠く そんな風に見えた
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 山の雪は川に落ち
  川は海に注ぐ
  水はいつか空の雲
  流れるように・・・
🎵 山の雪は川に落ち   川は海に注ぐ   水はいつか空の雲   流れるように・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 姿を変えて 生命はめぐる
  街から遠く そんな風にみえた
🎵 姿を変えて 生命はめぐる   街から遠く そんな風にみえた
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 無理やり冬を生きてた
  そんな気持ちがした
  何かをひとつの色に
  閉じ込めていた・・・
🎵 無理やり冬を生きてた   そんな気持ちがした   何かをひとつの色に   閉じ込めていた・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 めぐる生命の 音が聞こえる
  そいつに乗れば
  素敵なことだろう・・・
🎵 めぐる生命の 音が聞こえる   そいつに乗れば   素敵なことだろう・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 いろんな顔を見せてよ 
  まだ見ぬ俺の
  たやすく決めつけないさ
  自分のことを・・・
🎵 いろんな顔を見せてよ    まだ見ぬ俺の   たやすく決めつけないさ   自分のことを・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 めぐる生命の 音が聞こえる
  そいつに乗れば
  素敵なことだろう・・・
🎵 めぐる生命の 音が聞こえる   そいつに乗れば   素敵なことだろう・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 緑に濡れている山
🎵 緑に濡れている山
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 紅く燃えている山・・・
🎵 紅く燃えている山・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 白い眠りに就く山
  いろんな色に・・・
🎵 白い眠りに就く山   いろんな色に・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 姿を変えて 生命はめぐる
🎵 姿を変えて 生命はめぐる
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 街から遠く 
  そんな風に見えた・・・
🎵 街から遠く    そんな風に見えた・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 雪は流れに・・・
🎵 雪は流れに・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 流れは海に・・・
🎵 流れは海に・・・
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 水は空の雲
🎵 水は空の雲
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 🎵 ためらうこともなく
🎵 ためらうこともなく
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 「山辺に向かいて」 岡林信康
「山辺に向かいて」 岡林信康
高羽ヶ岳・物見ヶ岳 では、戻りましょう。
では、戻りましょう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす