三嶺(1893)

2017.04.08(土) 06:58 - 2017.04.08(土) 15:06
Miune, Tenguzuka, Ishidateyama (Kochi, Tokushima)
【日時】 平成29年4月8日 【天候】 雨 【記録】 いやしの温泉郷 発 6:58-- 林用作業小屋跡 8:27 --1791m標高点 10:29 --菅生下山口標識 11:04---三嶺ヒュッテ ( 11:07-11:26 )---三嶺 (11:46-12:18)----- 三嶺ヒュッテ ( 12:39 - 13:03 )----菅生下山口標識 13:05----1791m標高点 13:24 --- 林用作業小屋跡 14:17 --- いやしの温泉郷 15:06 【山頂】 4月。雪どけがすすみ 沢の音も 大きい。 気温が高く 雨。山稜では 南からの 風雨で 雪は 水気たっぷりでグシャグシャ。 雪質 悪く 縦走は断念。 ■三嶺「+10.4度 南 4.8m 雨 ガス視界なし 」(累計登頂回数 534回) 帰路 気温高く、雨のなか 、標高1650m、北面斜度35度、幅10m長150m、土砂とスラッシュ雪崩の痕 目撃。山は危険がいっぱいだ。 【写真】 flickr https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157682269487306 【趣深山ブログ】 http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/647a25efea8c50f40c8e59d88add7540

写真

雪どけ水が どんどん 流れ込んできて 氷も割れて 結氷のうえに みずたまり 

雪どけ水が どんどん 流れ込んできて 氷も割れて 結氷のうえに みずたまり 

空洞ができている

空洞ができている

雪質が悪化している

雪質が悪化している

登山道を激しく流れる 雪どけ水と 雨の水

登山道を激しく流れる 雪どけ水と 雨の水

帰路 見かけた  土石流とスラッシュ雪崩の痕。 このような地形はどこにでもあるだけに 山は危険個所一杯だ。

帰路 見かけた  土石流とスラッシュ雪崩の痕。 このような地形はどこにでもあるだけに 山は危険個所一杯だ。

雪どけ水が 土石とスラッシュの混合で流れている。

雪どけ水が 土石とスラッシュの混合で流れている。

登りでは 見かけなかったので 何時間か前に雪崩れたのではないかと思われる。

気温が高く 雪どけが 一気に進んで この大雨。

悪い条件が そろっている。

登りでは 見かけなかったので 何時間か前に雪崩れたのではないかと思われる。 気温が高く 雪どけが 一気に進んで この大雨。 悪い条件が そろっている。

菅生谷第四堰堤 雪どけ水で 水量多い

菅生谷第四堰堤 雪どけ水で 水量多い

小島峠

小島峠

動画

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。