屋久島縦走 ワンディ sea to sea

2020.09.20(日) 日帰り
駿洋
駿洋

活動データ

タイム

17:29

距離

46.4km

上り

4271m

下り

4196m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

尾之間歩道、とんでもなかった。入口で2時前、コースタイム6時間半とあったので楽勝と思ったが甘かった。コースの踏みあと低く、ヤマップマップのコースはおそらく度重なる台風の崩壊、倒木等で新たなルートを取っている箇所が多い。すなわちピンクテープが頼りなのだが、取れているところが多い印象、多数が枝ごと地面に落ちていた。当日は雨と霧で見通し悪くルート確認に物凄く時間がかかった。ロストする度にやり直し。日が暮れたあとは霧でライトが効かす益々時間がかかった。結局、入口から尾之間までコースタイムと同じだけかかった。通常の倍かかったということ。 止まることが多くて蛭に六ヶ所もやられた。尾之間歩道は要注意。時間に余裕がないとだめ。 午前3時に宮之浦港を出発。まずはロードの上り12キロ。よいトレーニングだ。楠川歩道は大荒れとのことで暗い時間は回避した。正解だろう。雨、この日はほぼ1日雨だった。 90分ほどで白雲水峡着。まずは縄文杉を目指す。トレイルは快適だが霧、苔むす森は霧むす森だった。 トロッコ道は快適。誰もおらす気分よし。見所が多いので楽しい。縄文杉は近くに寄れずいまいち。 トレランと言いつつも歩いてばかり。せっかくなので永田岳にも行ったけど何も見えず。宮ノ浦岳も通っただけ。直ぐ下山した。メジャーコースは順調だったのだか。 終了は2030だった。尾之間歩道は携帯通じず家族に心配をかけてしまつた。反省しなければならない。 次の日は白雲水峡とヤクスギランドをトレッキングした。人少ない。 台風で明日のフェリーがでるか心配だ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす