近江安土城🏯

2020.09.20(日) 日帰り
いのちゃん😃
いのちゃん😃

今日は有休を取って安土城🏯跡を見に行く事に‥駅からは徒歩で20分くらいで城跡につきます。 入り口には🅿️も出来ていて凄い人出で賑わっていてビックリ‼️昔は人もほとんどいないし無料だったのにね〜😮  なかなかの急な石段を登ると本丸跡に辿り着き 天守跡からは琵琶湖も見えましたが残念な事に昔は行けた北側の八角平には行く事が出来ませんでした😓立派な枡形虎口の石垣が残っているのにね…帰りは総見寺を通り入り口まで戻ってきます。🅿️から県道に出て東側に行くと北腰越という所から東側の曲輪に登れる道があります。ここはほとんどの人が知らないと思いますが立派な石垣が残っていてる穴場になります 城好きの人は是非行ってみてください🤗

駅から歩いて約20分 🅿️に到着 凄い人出😮
伝大手道に向かう 皆さんは真っ直ぐ料金所に向かうが…

駅から歩いて約20分 🅿️に到着 凄い人出😮 伝大手道に向かう 皆さんは真っ直ぐ料金所に向かうが…

駅から歩いて約20分 🅿️に到着 凄い人出😮 伝大手道に向かう 皆さんは真っ直ぐ料金所に向かうが…

少し西に桝形虎口跡 

少し西に桝形虎口跡 

少し西に桝形虎口跡 

¥700を払って入城🏯 真っ直ぐに伝大手道が伸びてます。尾張小牧山城跡も発掘調査の結果 真っ直ぐな大手道があったみたいですね 防御力より城下からの見栄えを考えたんでしょうね

¥700を払って入城🏯 真っ直ぐに伝大手道が伸びてます。尾張小牧山城跡も発掘調査の結果 真っ直ぐな大手道があったみたいですね 防御力より城下からの見栄えを考えたんでしょうね

¥700を払って入城🏯 真っ直ぐに伝大手道が伸びてます。尾張小牧山城跡も発掘調査の結果 真っ直ぐな大手道があったみたいですね 防御力より城下からの見栄えを考えたんでしょうね

左手に伝羽柴秀吉屋敷跡 秀吉の屋敷とは確証がない

左手に伝羽柴秀吉屋敷跡 秀吉の屋敷とは確証がない

左手に伝羽柴秀吉屋敷跡 秀吉の屋敷とは確証がない

想像復元図 櫓門もあり立派は御屋敷ですね🙂

想像復元図 櫓門もあり立派は御屋敷ですね🙂

想像復元図 櫓門もあり立派は御屋敷ですね🙂

大手道の右側は伝前田利家屋敷跡

大手道の右側は伝前田利家屋敷跡

大手道の右側は伝前田利家屋敷跡

途中の高石垣 柵の向こうに総見寺仮本堂があり伝徳川家康屋敷跡と言われてますが家康は信長の家臣じゃないので 屋敷はなかったと思うけどなぁ

途中の高石垣 柵の向こうに総見寺仮本堂があり伝徳川家康屋敷跡と言われてますが家康は信長の家臣じゃないので 屋敷はなかったと思うけどなぁ

途中の高石垣 柵の向こうに総見寺仮本堂があり伝徳川家康屋敷跡と言われてますが家康は信長の家臣じゃないので 屋敷はなかったと思うけどなぁ

突き当たりから下を望む 当時は御屋敷群が建っていたんでしょうね^_^

突き当たりから下を望む 当時は御屋敷群が建っていたんでしょうね^_^

突き当たりから下を望む 当時は御屋敷群が建っていたんでしょうね^_^

左手に急な石段を登る。途中には石仏が埋まってる箇所があります。途中に伝武井夕庵邸があり総見寺に降りる分岐があります。武井夕庵は信長の右筆(記録係)です

左手に急な石段を登る。途中には石仏が埋まってる箇所があります。途中に伝武井夕庵邸があり総見寺に降りる分岐があります。武井夕庵は信長の右筆(記録係)です

左手に急な石段を登る。途中には石仏が埋まってる箇所があります。途中に伝武井夕庵邸があり総見寺に降りる分岐があります。武井夕庵は信長の右筆(記録係)です

縄張り図 赤線以外の所は行けません

縄張り図 赤線以外の所は行けません

縄張り図 赤線以外の所は行けません

武井夕庵邸から少し登り黒鉄門跡に到着です。ここから城の中心部分

武井夕庵邸から少し登り黒鉄門跡に到着です。ここから城の中心部分

武井夕庵邸から少し登り黒鉄門跡に到着です。ここから城の中心部分

黒鉄門桝形石垣。奥の石垣上に櫓門がありました

黒鉄門桝形石垣。奥の石垣上に櫓門がありました

黒鉄門桝形石垣。奥の石垣上に櫓門がありました

門跡を入ると二の丸跡の石垣 奥に本丸跡の石垣
この辺は昔とあんまり変わってない。左手には織田信雄廟がある

門跡を入ると二の丸跡の石垣 奥に本丸跡の石垣 この辺は昔とあんまり変わってない。左手には織田信雄廟がある

門跡を入ると二の丸跡の石垣 奥に本丸跡の石垣 この辺は昔とあんまり変わってない。左手には織田信雄廟がある

南側の櫓台の石垣 木を伐採したらもっと見栄え良くなるのに…

南側の櫓台の石垣 木を伐採したらもっと見栄え良くなるのに…

南側の櫓台の石垣 木を伐採したらもっと見栄え良くなるのに…

仏足石 石垣を作る時に持ってきたんでしょうか?
他の城でも石仏や五輪塔 石棺なんかがよく使われてますね

仏足石 石垣を作る時に持ってきたんでしょうか? 他の城でも石仏や五輪塔 石棺なんかがよく使われてますね

仏足石 石垣を作る時に持ってきたんでしょうか? 他の城でも石仏や五輪塔 石棺なんかがよく使われてますね

三の門跡を入ると右側に本丸跡。この辺から本丸にかけて御殿や櫓がみっちり建っていたそうです。

三の門跡を入ると右側に本丸跡。この辺から本丸にかけて御殿や櫓がみっちり建っていたそうです。

三の門跡を入ると右側に本丸跡。この辺から本丸にかけて御殿や櫓がみっちり建っていたそうです。

左手には秀吉が建立したとされる信長廟

左手には秀吉が建立したとされる信長廟

左手には秀吉が建立したとされる信長廟

本丸に進むと天守曲輪石垣 天守台はだいぶ崩れてるみたいで原型は残って無いみたい

本丸に進むと天守曲輪石垣 天守台はだいぶ崩れてるみたいで原型は残って無いみたい

本丸に進むと天守曲輪石垣 天守台はだいぶ崩れてるみたいで原型は残って無いみたい

御幸の間という天皇に行幸してもらう用の御殿が建ってたらしいです。手前に礎石があります。階段を登ると天守跡に行きます

御幸の間という天皇に行幸してもらう用の御殿が建ってたらしいです。手前に礎石があります。階段を登ると天守跡に行きます

御幸の間という天皇に行幸してもらう用の御殿が建ってたらしいです。手前に礎石があります。階段を登ると天守跡に行きます

本丸東の一段高い所に三の丸(東の丸)跡石垣と本丸東北角の虎口石垣 ここからは本丸北側を廻って八角平に行けるんですが現在通行止…というか藪になってる。本丸南側にも虎口があり大手道方面に行けたと思うけど通行止

本丸東の一段高い所に三の丸(東の丸)跡石垣と本丸東北角の虎口石垣 ここからは本丸北側を廻って八角平に行けるんですが現在通行止…というか藪になってる。本丸南側にも虎口があり大手道方面に行けたと思うけど通行止

本丸東の一段高い所に三の丸(東の丸)跡石垣と本丸東北角の虎口石垣 ここからは本丸北側を廻って八角平に行けるんですが現在通行止…というか藪になってる。本丸南側にも虎口があり大手道方面に行けたと思うけど通行止

天守台に登る。えらい人出です🙃

天守台に登る。えらい人出です🙃

天守台に登る。えらい人出です🙃

途中より北側の八角平に行く道がある(現在立ち入り禁止)

途中より北側の八角平に行く道がある(現在立ち入り禁止)

途中より北側の八角平に行く道がある(現在立ち入り禁止)

天守台入り口

天守台入り口

天守台入り口

礎石

礎石

礎石

琵琶湖が見える。当時は山の麓まで湖が広がっていて船着場から京まで半日で行けたみたい 北側は崩れてるので危ないですよ〜

琵琶湖が見える。当時は山の麓まで湖が広がっていて船着場から京まで半日で行けたみたい 北側は崩れてるので危ないですよ〜

琵琶湖が見える。当時は山の麓まで湖が広がっていて船着場から京まで半日で行けたみたい 北側は崩れてるので危ないですよ〜

ここにあの有名な豪華絢爛な天守が建ってたのか〜🤔 再建の話もあるそうやけど整備する方が先では?

ここにあの有名な豪華絢爛な天守が建ってたのか〜🤔 再建の話もあるそうやけど整備する方が先では?

ここにあの有名な豪華絢爛な天守が建ってたのか〜🤔 再建の話もあるそうやけど整備する方が先では?

総見寺に向かう

総見寺に向かう

総見寺に向かう

西の湖 

西の湖 

西の湖 

三重塔 信長が甲賀の寺から移築したらしい

三重塔 信長が甲賀の寺から移築したらしい

三重塔 信長が甲賀の寺から移築したらしい

楼門 昔はこのまま真っ直ぐ降りると百々橋口まで行けたけど現在通行止め…なんで大手道まで戻ります

楼門 昔はこのまま真っ直ぐ降りると百々橋口まで行けたけど現在通行止め…なんで大手道まで戻ります

楼門 昔はこのまま真っ直ぐ降りると百々橋口まで行けたけど現在通行止め…なんで大手道まで戻ります

🅿️まで戻りました。入り口にひっそりと石碑がある。昔は周りにはなんもなかったのにね〜

🅿️まで戻りました。入り口にひっそりと石碑がある。昔は周りにはなんもなかったのにね〜

🅿️まで戻りました。入り口にひっそりと石碑がある。昔は周りにはなんもなかったのにね〜

県道を東側に向かいます この辺も家臣団の屋敷跡

県道を東側に向かいます この辺も家臣団の屋敷跡

県道を東側に向かいます この辺も家臣団の屋敷跡

坂を登ると北腰越という所にお堂があり ここから石仏巡りの山道があります

坂を登ると北腰越という所にお堂があり ここから石仏巡りの山道があります

坂を登ると北腰越という所にお堂があり ここから石仏巡りの山道があります

石仏を見ながら登るとやがて東曲輪の石垣がある

石仏を見ながら登るとやがて東曲輪の石垣がある

石仏を見ながら登るとやがて東曲輪の石垣がある

東御門跡 

東御門跡 

東御門跡 

桝形虎口の高石垣 なかなか立派です🙂

桝形虎口の高石垣 なかなか立派です🙂

桝形虎口の高石垣 なかなか立派です🙂

さらに登ると たぶん家臣団の屋敷跡の石垣

さらに登ると たぶん家臣団の屋敷跡の石垣

さらに登ると たぶん家臣団の屋敷跡の石垣

安土城跡には行けません

安土城跡には行けません

安土城跡には行けません

ここも曲輪跡

ここも曲輪跡

ここも曲輪跡

この辺から上には行けません 昔は本丸に行けたと思う

この辺から上には行けません 昔は本丸に行けたと思う

この辺から上には行けません 昔は本丸に行けたと思う

草ぼうぼうやけど こっちの方が古城の雰囲気があるなぁ

草ぼうぼうやけど こっちの方が古城の雰囲気があるなぁ

草ぼうぼうやけど こっちの方が古城の雰囲気があるなぁ

秋海棠

秋海棠

秋海棠

北腰越えからは観音寺城に登る道がありますが今日は時間が無いのでパス 観音寺城は全山に曲輪があり周るのは一日仕事なんで…

北腰越えからは観音寺城に登る道がありますが今日は時間が無いのでパス 観音寺城は全山に曲輪があり周るのは一日仕事なんで…

北腰越えからは観音寺城に登る道がありますが今日は時間が無いのでパス 観音寺城は全山に曲輪があり周るのは一日仕事なんで…

ついでに博物館に行きました。この建物は昔の駐在所

ついでに博物館に行きました。この建物は昔の駐在所

ついでに博物館に行きました。この建物は昔の駐在所

安曇川にあった小学校の旧校舎

安曇川にあった小学校の旧校舎

安曇川にあった小学校の旧校舎

博物館をチラッと見学後 安土駅に向かいます
沙沙貴神社⛩に寄り道 萩の花が咲いてました

博物館をチラッと見学後 安土駅に向かいます 沙沙貴神社⛩に寄り道 萩の花が咲いてました

博物館をチラッと見学後 安土駅に向かいます 沙沙貴神社⛩に寄り道 萩の花が咲いてました

参道と楼門 佐々木氏発祥の地 南近江守護の六角氏や京極氏 三井氏などが一族になります

参道と楼門 佐々木氏発祥の地 南近江守護の六角氏や京極氏 三井氏などが一族になります

参道と楼門 佐々木氏発祥の地 南近江守護の六角氏や京極氏 三井氏などが一族になります

楼門

楼門

楼門

秋海棠の花と本殿 季節の花が咲く庭園があります

秋海棠の花と本殿 季節の花が咲く庭園があります

秋海棠の花と本殿 季節の花が咲く庭園があります

安土駅まで戻りました

安土駅まで戻りました

安土駅まで戻りました

駅から歩いて約20分 🅿️に到着 凄い人出😮 伝大手道に向かう 皆さんは真っ直ぐ料金所に向かうが…

少し西に桝形虎口跡 

¥700を払って入城🏯 真っ直ぐに伝大手道が伸びてます。尾張小牧山城跡も発掘調査の結果 真っ直ぐな大手道があったみたいですね 防御力より城下からの見栄えを考えたんでしょうね

左手に伝羽柴秀吉屋敷跡 秀吉の屋敷とは確証がない

想像復元図 櫓門もあり立派は御屋敷ですね🙂

大手道の右側は伝前田利家屋敷跡

途中の高石垣 柵の向こうに総見寺仮本堂があり伝徳川家康屋敷跡と言われてますが家康は信長の家臣じゃないので 屋敷はなかったと思うけどなぁ

突き当たりから下を望む 当時は御屋敷群が建っていたんでしょうね^_^

左手に急な石段を登る。途中には石仏が埋まってる箇所があります。途中に伝武井夕庵邸があり総見寺に降りる分岐があります。武井夕庵は信長の右筆(記録係)です

縄張り図 赤線以外の所は行けません

武井夕庵邸から少し登り黒鉄門跡に到着です。ここから城の中心部分

黒鉄門桝形石垣。奥の石垣上に櫓門がありました

門跡を入ると二の丸跡の石垣 奥に本丸跡の石垣 この辺は昔とあんまり変わってない。左手には織田信雄廟がある

南側の櫓台の石垣 木を伐採したらもっと見栄え良くなるのに…

仏足石 石垣を作る時に持ってきたんでしょうか? 他の城でも石仏や五輪塔 石棺なんかがよく使われてますね

三の門跡を入ると右側に本丸跡。この辺から本丸にかけて御殿や櫓がみっちり建っていたそうです。

左手には秀吉が建立したとされる信長廟

本丸に進むと天守曲輪石垣 天守台はだいぶ崩れてるみたいで原型は残って無いみたい

御幸の間という天皇に行幸してもらう用の御殿が建ってたらしいです。手前に礎石があります。階段を登ると天守跡に行きます

本丸東の一段高い所に三の丸(東の丸)跡石垣と本丸東北角の虎口石垣 ここからは本丸北側を廻って八角平に行けるんですが現在通行止…というか藪になってる。本丸南側にも虎口があり大手道方面に行けたと思うけど通行止

天守台に登る。えらい人出です🙃

途中より北側の八角平に行く道がある(現在立ち入り禁止)

天守台入り口

礎石

琵琶湖が見える。当時は山の麓まで湖が広がっていて船着場から京まで半日で行けたみたい 北側は崩れてるので危ないですよ〜

ここにあの有名な豪華絢爛な天守が建ってたのか〜🤔 再建の話もあるそうやけど整備する方が先では?

総見寺に向かう

西の湖 

三重塔 信長が甲賀の寺から移築したらしい

楼門 昔はこのまま真っ直ぐ降りると百々橋口まで行けたけど現在通行止め…なんで大手道まで戻ります

🅿️まで戻りました。入り口にひっそりと石碑がある。昔は周りにはなんもなかったのにね〜

県道を東側に向かいます この辺も家臣団の屋敷跡

坂を登ると北腰越という所にお堂があり ここから石仏巡りの山道があります

石仏を見ながら登るとやがて東曲輪の石垣がある

東御門跡 

桝形虎口の高石垣 なかなか立派です🙂

さらに登ると たぶん家臣団の屋敷跡の石垣

安土城跡には行けません

ここも曲輪跡

この辺から上には行けません 昔は本丸に行けたと思う

草ぼうぼうやけど こっちの方が古城の雰囲気があるなぁ

秋海棠

北腰越えからは観音寺城に登る道がありますが今日は時間が無いのでパス 観音寺城は全山に曲輪があり周るのは一日仕事なんで…

ついでに博物館に行きました。この建物は昔の駐在所

安曇川にあった小学校の旧校舎

博物館をチラッと見学後 安土駅に向かいます 沙沙貴神社⛩に寄り道 萩の花が咲いてました

参道と楼門 佐々木氏発祥の地 南近江守護の六角氏や京極氏 三井氏などが一族になります

楼門

秋海棠の花と本殿 季節の花が咲く庭園があります

安土駅まで戻りました

類似するルートを通った活動日記