【赤兎山】白山山系の大パノラマ

2020.09.20(日) 日帰り
random walker
random walker

活動データ

タイム

03:14

距離

6.2km

上り

589m

下り

593m

活動詳細

もっと見る

《アプローチ》 車=1時間40分(金沢-登山口) 《登山コース》 8:01登山口-8:40/8:45小原峠-9:15/9:21赤兎山-9:40赤兎避難小屋-10:08/10:14赤兎山-10:41小原町-11:12登山口 前日の晩、次男を誘って赤兎山に登ろうと思い立った。赤兎山はハイキング感覚で登れる上に、白山山系の山々を間近に展望できる人気の山だ。次の日に別の登山&キャンプを予定しているが、せっかくの行楽日和の休日を無為に過ごすのは勿体ない。まあ、準備運動にはちょうどいい山だろう。 午前6時に自宅を出発。国道157号線から小原集落に入り、一人400円の入山料を支払う。長い林道をひたすら登り、7時40分に登山口の駐車場に到着する。すでに十数台の先客。そして仮設トイレには長蛇の列。 8時1分、登山口をスタートする。標高1,030m、気温14度。半袖だと肌寒いほどだ。なだらかな登山道を進み、数回、沢を渡渉する。小原峠を過ぎると斜度が高くなり、ようやくTシャツに汗がにじむ。 9時15分、赤兎山(標高1,628m)に到達。気温18度。山頂からは大パノラマが広がる。北東から東にかけて白山山系の山々(四塚山〜七倉山〜大汝峰〜御前峰〜別山〜三ノ峰)、北には大長山、西には荒島岳〜経ヶ岳〜法恩寺山。わずか1時間余りでこんな素晴らしい眺望に出会えるのだから、人気があるのも無理もない。 さらに先へ進み、赤兎避難小屋から三角点のある展望のいい場所まで足を伸ばす。白山の眺望を十分堪能した後、来た道を戻る。復路は大勢の登山者とすれ違う。足取りも軽やかに、11時12分、登山口に帰還。駐車場には上下合わせて50台も止まっていた。 帰路、旧白峰村に立ち寄り、白峰温泉総湯で入浴。その後、白峰特産品販売施設「菜さい」の食堂で昼食を取る。僕は堅豆腐カツ丼、次男は堅豆腐ハンバーグ丼。副菜の「かっちり」は小粒のジャガイモを砂糖と醤油で煮込んだ白峰の素朴な郷土料理だ。お土産に志んさ本舗で名物の栃餅を購入する。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす