雨に追われる積丹岳

2020.09.20(日) 日帰り
いなかおっさん
いなかおっさん

積丹半島で登れる最高峰、積丹岳に登りました。 天気予報もよく、見晴らしがとてもいいというので楽しみにしてたんですが・・・ 下から見ると、いい感じの稜線が広がっています。 とにかく、ゆるくて単調でかつ最後まで展望の利かない登りでした。 標高差800M以上あるのですが、距離がながんでしょうね。 登山口の水がおいしかったのと積丹半島の夏道のある最高峰(少し余別岳にまける)にのぼったという 充実感はあります。 山頂からの展望もよかったです。雨に追われるように下山しましたが・・・

小屋といい水場と15台ほどの駐車場のある登山口です

小屋といい水場と15台ほどの駐車場のある登山口です

小屋といい水場と15台ほどの駐車場のある登山口です

標識を励みに、白樺と笹の道をいきます。

標識を励みに、白樺と笹の道をいきます。

標識を励みに、白樺と笹の道をいきます。

基本、ゆるいです

基本、ゆるいです

基本、ゆるいです

道は常にすれ違えるぐらい広いです

道は常にすれ違えるぐらい広いです

道は常にすれ違えるぐらい広いです

途中にある柏の木は迫力があります

途中にある柏の木は迫力があります

途中にある柏の木は迫力があります

沢に水はありません。
遠くに水の音はしましたが

沢に水はありません。 遠くに水の音はしましたが

沢に水はありません。 遠くに水の音はしましたが

ピロカ台近くになると少し、空がみえます。

ピロカ台近くになると少し、空がみえます。

ピロカ台近くになると少し、空がみえます。

白樺ってどうして、骸骨みたいになるんだろう

白樺ってどうして、骸骨みたいになるんだろう

白樺ってどうして、骸骨みたいになるんだろう

昨日の苔の洞門を思い出します

昨日の苔の洞門を思い出します

昨日の苔の洞門を思い出します

道の先に積丹岳?たぶん違います

道の先に積丹岳?たぶん違います

道の先に積丹岳?たぶん違います

9合目から少し急になります

9合目から少し急になります

9合目から少し急になります

山頂から余別岳が見えます

山頂から余別岳が見えます

山頂から余別岳が見えます

神威岬。

神威岬。

神威岬。

岩の隙間にジャストサイズのキノコ

岩の隙間にジャストサイズのキノコ

岩の隙間にジャストサイズのキノコ

積丹岬

積丹岬

積丹岬

この方向に羊蹄が見えるはずなんですが・・

この方向に羊蹄が見えるはずなんですが・・

この方向に羊蹄が見えるはずなんですが・・

雨に追われた下りに、虹がでました

雨に追われた下りに、虹がでました

雨に追われた下りに、虹がでました

秋は確実に近づいてます

秋は確実に近づいてます

秋は確実に近づいてます

こいつは、どこの高山にある。つよいな

こいつは、どこの高山にある。つよいな

こいつは、どこの高山にある。つよいな

小樽方面 遠望

小樽方面 遠望

小樽方面 遠望

帰りも柏の木を撮りました

帰りも柏の木を撮りました

帰りも柏の木を撮りました

小屋といい水場と15台ほどの駐車場のある登山口です

標識を励みに、白樺と笹の道をいきます。

基本、ゆるいです

道は常にすれ違えるぐらい広いです

途中にある柏の木は迫力があります

沢に水はありません。 遠くに水の音はしましたが

ピロカ台近くになると少し、空がみえます。

白樺ってどうして、骸骨みたいになるんだろう

昨日の苔の洞門を思い出します

道の先に積丹岳?たぶん違います

9合目から少し急になります

山頂から余別岳が見えます

神威岬。

岩の隙間にジャストサイズのキノコ

積丹岬

この方向に羊蹄が見えるはずなんですが・・

雨に追われた下りに、虹がでました

秋は確実に近づいてます

こいつは、どこの高山にある。つよいな

小樽方面 遠望

帰りも柏の木を撮りました

類似するルートを通った活動日記