ジャンダルム・奥穂高岳・北穂高岳・南岳

2020.09.16(水) 4 DAYS
TNG
TNG

活動データ

タイム

28:09

距離

39.8km

上り

4164m

下り

4162m

活動詳細

もっと見る

3泊4日のテント泊で穂高・槍エリアを周遊。天候に恵まれず大幅に予定を変更した。 ◆1日目 上高地から岳沢小屋を経て天狗沢ルートを登る。天狗沢のガレ場はかなり歩きにくく、落石に注意が必要。天狗のコルからジャンダルムまでは道標のペンキが分かりにくい箇所が多かった気がする。技術的には思ったほど難しくはなかった。幸いにしてガスが出る前に奥穂にたどり着けた。この日は穂高岳山荘でテント泊。 ◆2日目 朝から弱い雨。どうするか迷ったが、とりあえず涸沢岳から北穂までは行ってみることにする。問題なく通過出来たので、そのまま大キレットを進む。雨は途中で止んだが、岩が濡れて滑りやすく、去年来たときより怖く感じた。雨の行軍で体力的にもキツかったが、途中で出会った雷鳥に癒やされた。事前の計画では槍ヶ岳山荘まで行く予定だったが、時間が遅れていたので南岳小屋までとする。翌日の天気は大荒れで20m/s以上の風が吹くとのことだったので、小屋泊に変更した。平日なので混雑しておらず快適だった。 ◆3日目 予報通り朝から暴風雨。新穂高温泉へ下ってから西穂山荘に向かう予定だったが、風は西から吹いているし、途中の沢が渡れなくなっている可能性があるとのことだったので、槍沢方面に下ることにした。稜線上は暴風だったが、天狗原ルートに入ると風は和らいだ。雨は最後まで止まず、レインウェアを着ていてもかなり濡れてしまった。この日は横尾でテントを張った。今回初めて持っていったスイムタオルが水分を拭き取るのに大いに役に立った。 ◆4日目 朝には雨も止んでいた。最終日だが、このまま上高地に戻っても時間が余るので、涸沢カールに向かうことにする。雨上がりの森からアロマオイルのような香りが漂っていて気持ちが良い。下りはパノラマコースを行く。パノラマコースというだけあって景色は非常に良かったが、滑落の危険のある箇所が多く、注意が必要。 この日は連休初日なので徳沢から上高地は人が多かった。上高地温泉ホテルで温泉に入ってから帰路についた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす